SCOTCH GRAIN

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)× ダイナイトソール + 丸洗い

こんにちは! 山本です

本日9/23(木)は 祝日の為営業しております
皆様のご来店 お待ちしております!




本日のご紹介はSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回は神戸市にお住いのオーナー様より2回目のご依頼頂きました
今回もご来店ありがとうございました!


こちらがBeforeです

あちゃー。。。 今回も結構重症ですね。。。

状態は
まずソールの穴開き
オリジナルのレザーソールは左右共に大きな穴が開いて
インナーコルクの代わりの白いスポンジがはっきりと見えています

正直 理想的な修理タイミングとしては もう少し早い方がいいですね
ですが、今回はソール交換の重要パーツ【ウェルト】に問題はなかったので
このままソールの全交換で承りました

後、もう一点気になるのが
アッパーの全体的なかさつきと退色
それとつま先周り【銀浮き(塩吹き)】です

これは過去に水に打たれた事が一番大きな要因です


今回もオーナー様とソールの種類等打合せさせて頂き
このように修理させて頂きました


こちらがAfterです

完成!

いやぁ~ 作業した自分も感動の復活です(笑)

ソールは前回の修理時にチョイスして 気に入って頂いた
【ダイナイトソール】をリピートオーダー頂きました

薄くてスマートで レザーソールよりも扱いやすく
レザーソールからラバーソールへの交換では大定番のラバーソールです

今回は銀浮きも見られたので
ソールを取り外した状態で 靴中・中底裏・アッパーをハンドウォッシュ
時間をかけて 銀浮きの原因である【凝り固まった塩分】を洗い流します

乾燥後しっかりと油分の補給をして ベースコンディションを整えてから
修理作業完了後に磨き直してフィニッシュです


これでまた気持ちよく履いて頂けるでしょう

今回も修理のご依頼ありがとうございました!
(※返却は送料無料で配送させて頂きました)








今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥14,300 (税込)
丸洗い  ¥3,300 (税込)



納期  約3~4週間


大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-09-23 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)× MARTIN(マルティン)レザーオールソール + トゥラバー組込み

こんにちは! 山本です
ここ数日の雨でずいぶんと気温が下がりましたね
今朝はかなり涼しく 爽快な自転車通勤でした




最近ブーツネタを連発していますが ドレスシューズも頑張っています
というわけで。。。
本日のご紹介はSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

今回は尼崎市内にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
ありがとうございます!

こちらがBeforeです

ダークブラウンの落ち着いた雰囲気のクォーターブローグのSG

今回こちらの靴はファーストリペアでしたが
ソールには大きな穴が開き インナーコルクの代わりの白いスポンジが見えて
つま先はがっつりと削れています

オーナー様も
「ここまで履いちゃったのでソール交換を。。。」との事

幸いつま先はウェルトまで損傷していなかったので ギリギリセーフです

今回こちらの靴以外にもソールの交換で2足お預かりさせて頂き
そちらはラバーソールで交換になりましたので
こちらはオリジナルに近い仕様でレザーオールソールに決まりました

後はレザーソールの素材と細かな仕様を打合せさせて頂き


このように修理させて頂きました

こちらがAfterです

完成です!

ソールは人気のドイツオークバーク【MARTIN(マルティン)レザーソール】
履き始めは硬めですが その分繊維密度(耐久性)は高く
レザーソールを楽しむなら お勧めのオークバークソールです



トップリフトはオリジナル同様、全面ラバー10ミリ厚のVib#5345

がっつりと削れていたつま先を考慮して 硬質ラバーをつま先に組込みです
ステッチまでかけているので 剥がれてしまう心配もなし

エッジカラーはアッパーに合わせて黒味の強いダークブラウンでフィニッシュ

落ち着いた雰囲気もそのままに復活完了です

これでまた活躍してくれると思います!


今回も複数足でのご依頼ありがとうございました!






今回の修理
MARTIN(マルティン)レザーオールソール  ¥16,500
【オプション】 トゥラバー組込み  ¥2,200



納期 約3週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-09-05 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)× ダイナイトソール (ウェルト黒染め)

【 8月の定休日のお知らせ 】

こんにちは! 山本です

夏休み中ですが
天気も荒れ模様でコロナも心配で
家でゴロゴロしています
気まぐれですが今日もブログ更新です



本日のご紹介は前回に引き続きSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
こちらは西宮市にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
ありがとうございます!

こちらがBeforeです

前回と同じく黒アッパーでアンティークエッジ仕様です
以前にトップリフトのみ修理させて頂いた靴ですが
オリジナルのレザーソールに穴が開き
「今度は履きやすいラバーソールに交換を」とご依頼頂きました

ソールの種類はオーナー様が気に入っているという
英国製ラバーソール代表【ダイナイトソール】で決まりました

ゴム質は柔らかめで屈曲性やクッション性も〇
Vib#2055ソールよりは軽く 耐久性は劣りますが 見た目も野暮ったさが出にくい薄手のラバーソールです

どんなにドレッシーでカッコいいアッパーでも
厚いラバーソールが付くとそれだけで全体的な印象は やや【ぼってり】しますからね


後、今回オーナー様より
ウェルトの上面もエッジ(側面)も黒くして 普通の黒靴にしたい とご希望をお聞きしました

前回のブログではアンティークエッジを活かしたまま修理させて頂きましたが
今回はアンティークエッジをやめて オールブラック仕様へ
実際はこちらのご依頼を頂く方が多いです
飽きてしまうのでしょうか?(笑)


そしてこちらがAfterです

完成!

ウェルトまで染めて 完全な黒靴になりましたね

ソールはオーナー様のお気に入りダイナイトソール
サイドからのシルエットもスマートで、ドレッシーさをキープした仕上がりです

今後は雨の日でも履ける仕様になって今回のミッションは無事にクリアです

またヒールがすり減ってきた際にはご相談下さい

今回も修理のご依頼ありがとうございました!
(※返却は送料無料で配送させて頂きました) 





今回の修理
ダイナイトソール オールソール ¥14,300 (税込)
ウェルト 黒染め  ¥1,100 (税込)


納期  約3週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-08-12 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)× Vib#2055(BRW)

【 8月の定休日のお知らせ 】

こんにちは! 山本です

明日8/11(水) ~ 8/13(金) まで夏季休業です!
宜しくお願い致します!





本日のご紹介はSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回は宝塚市にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
今回もご利用ありがとうございます!


こちらがBeforeです

オリジナルのままのスコッチグレインですが
トップリフトの交換前にソールに穴が開いてしまいました。。。
スコッチグレインのレザーソールは柔らかく履き馴染みやすいのですが
トップリフトが厚み・硬度としっかりしている分
トップリフトを交換する前にソールに穴が開いてしまい ソール全交換になることが多いですね
ユーザーからすると「えっ!? もう?」 と思われる方も多いでしょうね


今回は以前にもソール交換をさせて頂いたオーナー様よりのご依頼で
前回の修理内容も気に入って頂けたようで またおかわりで修理のご依頼頂きました


前回と同じくVib#2055ソールで交換をとの事でしたが
今回のスコッチグレインは【アンティークエッジ】という仕上げで
黒いアッパーに対してソールのエッジはブラウンという こじゃれた(古い?)仕様です


せっかくなので雰囲気・イメージを壊さぬように
Vib#2055ソールもブラウンをチョイスしてアンティークエッジ風に修理させて頂きました


こちらがAfterです

完成です!

通常黒アッパーの靴は黒いソールがセオリーですが
今回のようにわざとブラウン系のソールとエッジにする事で
足元が少し軽く見え カジュアル感がグンと出ますね

(逆にアンティークエッジからウェルトの上面も染めて真っ黒仕様でご依頼頂くケースも多いので
こちらは次回のブログで紹介します)

ソールは厚みもそこそこ 耐久性抜群のVib(ビブラム)#2055ソール
一応ブラウンですが イタリアビブラムのブラウンはカーキ系の色味ですね

これで当分ソールは気にすることなく またガシガシ履いてあげて下さい!

Before写真無しですが 一緒にカウンターライニング(靴中かかと裏)も補修させて頂きました


今回も修理のご依頼ありがとうございました!
(※返却は送料無料で配送させて頂きました。)






今回の修理
Vib(ビブラム)#2055 オールソール  ¥13,200 (税込)
カウンターライニング補修(左右)  ¥3,300 (税込)



納期 約3週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-08-10 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)× ダイナイトソール

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

関西地方はまた数日雨模様のようですね
この時期から気温が30度とか 夏になるとどうなるのでしょうね。。。
今から心配です。。。



本日のご紹介はSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回は滋賀県にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

修理歴のないスコッチグレイン
オリジナルのバンカーソール中央の樹脂パーツがすり減り そろそろ穴が開きそうなコンディションでした

今回はオーナー様より
「足にも馴染んで お気に入りの一足なので 多少の雨でも履けるように ラバーソールで交換を」
とご依頼頂きました

確かにこの時期は特にですが
気に入ってるので履きたいけど レザーソールだと雨の日は履けない。。。
と悩ましい日が続きますよね

今回はオーナー様とラバーソールの種類を打合せし
重くなるのはチョット。。。
元々の雰囲気・イメージを変えたくない。。。
とご希望をお聞きしました

そんな場合はあの大定番ソールですね


こちらがAfterです

完成です!

日本を代表する靴に英国製ラバーソール代表のダイナイトソールを装着

今回はオーナー様のご希望で ソール裏のステッチは 白 で少しカジュアルさを


ダイナイトソールの特徴は【薄くて軽い】
(Vibram#2055ソールは模様こそ似ていますが 材質はかなり違い
ダイナイトソールに比べると 重く・ずっしりとした仕上がりです)

ソールの薄さ はドレスシューズには多く影響する要素で
1ミリ変わるだけで パッと見の印象は結構変わります
薄い方がドレッシー・エレガントに 厚い方が どっしりと野暮ったさが出ます

グリップに関しては 材質ではVibram#2055ソールに軍配ですが
ダイナイトソールはソールの丸ポイントが突起状に少し出ているので
私の感想では 滑りやすいと感じたことはありません(通常歩行では十分なグリップ性能)

これでこれからもガンガン履いてもらえます!
雨に濡れた際は少しご注意下さいね

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!




今回の修理
ダイナイトソール オールソール   ¥14,300 (税込)


納期 約3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-06-13 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

黒染め × SCOTCH GRAIN + Crockett&Jones

※3/17(水)は臨時休業とさせて頂きます

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは!

3月に入りましたね
暖かさと共に厄介な花粉も訪れたようで。。。
朝起きてから寝るまで 一日中鼻がムズムズします
特効薬的なものはないんですかね?




本日のご紹介は最近定番メニュー化してきました【黒染め】です

まず1足目はSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)
西宮市にお住まいのオーナー様にお持ち込み頂きました
こちらがBeforeです

2足目は埼玉県にお住いのオーナー様より配送でご依頼頂きました
Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)モールトンです
こちらもBefore

どちらもまだまだ綺麗なコンディションでしたが
ちょっと仕事でスーツには合わせにくい。。。
黒だったらもっと出番が増えるのに。。。
とご相談頂きました

黒染めは特にですが
「靴の色が原因で履き機会がない(少ない)」とお聞きするケースがほとんどですね

と、いう事で 染替えさせて頂きました

こちらがAfterです

別物ですね
黒くなるだけでグッと印象が変わります
紗乃織(さのはた)靴紐の 平紐への交換も一緒にご依頼頂きました


そしてモールトンも
こちらがAfterです

完成です!

【黒くする】簡単そうですが(笑)
実は結構手間がかかります
各所のマスキング ・ 仕上げ剤やクリーム、ワックスの除去 ・ 脱脂 等の下処理から始まり 染料で何度も繰り返し染めていきます
定着させるために時間をかけながらの加工です

少し長めのお預かり期間とコストがかかりますが
履かなくてもったいない靴が生き返るかもしれません

素材やデザインによっては染替えが難しい場合もございます
一度ご相談下さい


この度は黒染めのご依頼ありがとうございました!




今回の修理
黒染め(短靴)   ¥11,000(税込)
紗乃織靴紐    ¥1,320(税込)


納期 約4週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)× リッジウェイソール

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

先日の3連休 自粛ムードでご来店も少ないかな?と思っていましたが
有難く予想を裏切る結果となり またもパンク寸前です
特にオールソールのご依頼が多く 納期は当分3週間~となります

ということで来週はまだギリギリ大丈夫だと予想しますが
再来週以降受付分はおそらく年内仕上がりが難しいと思います。。。
お急ぎの方はお早めにご依頼お願いします!



本日のご紹介はSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)
今回は広島県にお住いのオーナー様より配送でご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!
こちらがBeforeです

それほど履いていないコンディションのスコッチグレイン
オリジナルの【SGソール】もまだまだ残っています
今回はオーナー様より
「雨の日用として購入したけど ソールが硬く重いので履くと疲れる。。。
ソールのパターンが似ていて もう少し薄いリッジウェイソールへ交換を」
とご依頼頂きました

もったいない気もしますが。。。実は時々お聞きします 硬いと(笑)

元々のSGソールはブラックカラーですが
今回はオーナー様よりリッジウェイソールのブラウンをご指名頂き
このように修理させて頂きました

こちらがAfterです

いいですね! オリジナルよりずいぶんとカッコよくなったと思います
サイドショットが全然違います
ソールの厚みも薄くなり 硬さも柔らかくなり
これでかなり履きやすくなったと思います

これからは雨の日に限らず 活躍してくると嬉しいです
この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!




今回の修理
リッジウェイソール オールソール  ¥14,000 +TAX
(※修理代金¥14,000(税別)で返送送料無料)

納期 約2週間~3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-11-25 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)× Vib#2055 (ウェルト黒染め)

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

昨日10年以上ぶりにインフルエンザ予防接種に行ってきました
恥ずかしい話ですが
自営業・フリーランスで仕事をしていると福利厚生が疎かになりがちで。。。
今まで受けていませんでしたが 娘の予防接種に親も便乗(?)できると聞いて
今年は受けてみました
健康管理や身体のメンテを年々考えるようになってきて
歳を重ねるってこういうことなんだなぁ。。。と感じています
今年もあと2か月チョイですが 張り切って走り切りたいと思います!



本日のご紹介はSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のセミブローグです
今回は山形県にお住いのオーナー様より配送でご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

まだまだ綺麗なコンディションのスコッチグレイン
大きな傷もなくとても大切に履かれているのが分ります
ソールもそれほどすり減っていないのですが あえて言うならソールの中央が少し薄さを感じるくらいでした

今回はオーナー様より「レザーソールだと滑りやすく 扱いにくいので 耐久性とグリップのあるビブラムソールへ交換を」とご依頼頂きました

同じような内容のブログでも 何度も説明しているとこうやって読んで頂いたオーナー様達に周知されていくんだなぁと ブログ更新のモチベーションキープになりますね
いつもご覧頂きありがとうございます!

で、ソールはオーナー様ご指定のVib(ビブラム)#2055ソールに決まりましたが 今回のスコッチグレインは アンティークエッジ仕様でした
黒いアッパーにあえて明るめのブラウンでウェルトとエッジ(コバ/側面)を仕上げて 少しカジュアルな印象の黒靴に  という仕上げ方
今回オーナー様と打合せの際に アンティークエッジ仕様のまま仕上げるか
オプション加工ですが ウェルトの黒染めをして オールブラック仕様にするか
少し悩んで頂き 「ソールも日常使いしやすいラバーソールになるので ソールのエッジも黒くして 普通の黒靴として履きたい」とオーダー頂きました

マッケイ製法であれば比較的簡単にウェルトは交換出来るのですが
グッドイヤーウェルト製法は少し手間がかかってしまいます
ですが黒アッパー限定でウェルト上面を黒く染めてしまうことが可能です

今回は印象もガラリと変わる修理をさせて頂きました
こちらがAfterです

いかがでしょう?
ウェルトとエッジの色が変わっただけで ずいぶんと印象が変わりましたね
最も締まって見えるオールブラック仕様で完成です
ソールは多少の濡れた路面でも気にせず歩けるVib(ビブラム)#2055ソール
高耐久性とグリップ力に優れたベストセラーソールです

これでまた長く愛用して頂けると思います
またお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください
この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!




今回の修理
Vib(ビブラム)#2055 オールソール  ¥12,000 +TAX
ウェルト 黒染め   ¥2,000 +TAX
(※修理代金税別¥14,000以上で 返送送料無料です)


大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-10-23 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)× ダイナイトソール

こんにちは! 山本です

先日の4連休は チョット久々に遠出を。。。という方が多かったそうですね
秋らしい気候で天気にも恵まれていましたからね
当店も秋モードに突入したようで
少し前までは比較的お預かり品も少なかったのですが
ご依頼が一気に増えて プチパニック状態です

修理品質は落とさぬよう しっかりと修理させて頂きますので
お預かり中のオーナー様 もうしばらくお待ち下さい!
(ブログの更新はペースダウンするかも。。。です(笑))



本日のご紹介はSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回は神奈川県にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!
こちらがBeforeです

スコッチグレインのツーシーム
シルエットも細長く ヨーロピアンシューズの雰囲気ですね
オーナー様はとても綺麗に履かれており
目立ったキズもないコンディションでしたが
オリジナルのレザーソールがそろそろ薄くなってきたかなぁ?といったタイミングでした

今回はオーナー様より
「ダイナイトソールで交換を」とご依頼頂き
実用性アップの定番コースで修理させて頂きました

こちらがAfterです

完成です!

もう説明不要のダイナイトソール いつまでも人気のソールです

柔らかめのラバー質で歩行性もよく なおかつ厚過ぎないので レザーソールからの交換でもシルエットを壊しません

今回はサイズがかなり大きかった(確か28センチ?だったかな)ので
通常よりも少しヒールベースを高め(約3.5ミリ)にして組み直しさせて頂きました

また活躍してくれると思います!
こちらの靴と入れ替えでご依頼頂いたREGALも楽しみにしてて下さい

今回は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!



今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥13,000 +TAX

納期 約2週間~3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-09-23 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)× トライアンフトゥスチール + Vib#2342ハーフソール

※ 7/25(日) は 臨時休業です

こんにちは! 山本です

台風の接近に伴い 近畿地方でも風が強くなってきました
気温も少し下がったのはありがたいのですが
台風進路にお住いの方は対策や避難で大変かと思います
被害が少しでも小さく済む事を願っています


本日は少し趣向を変えて
オールソール(ソール交換)以外でご依頼頂く事が多い修理(加工)メニュー
【ハーフラバーソール取付】 と 【トゥスチール取付】のセットコースのご紹介です
今回は塚口にお住いの当店の顧客様よりお預かりさせて頂きました
いつも楽しいお話をありがとうございます!
こちらがBeforeです

スコッチグレインの黒箱と呼ばれるラインです
アウトレットの最高級ライン だそうですが
どこがアウトレット品なのか全くわかりません。。。

重厚感のある黒味のボックスカーフのセミブローグ
良いですね カッコいい。。。

今回はオーナー様より
「前回同様にハーフラバーソールとトライアンフトゥスチールの取付けを」とご依頼頂きました

どちらのメニューも新品時ご依頼頂く事が多いですが
セットで加工される方も最近は特に増えたように思います

こちらがAfterです

完成です
ハーフラバーソールはVib(ビブラム)#2342 当店ではハードタイプと呼んでいます
スタンダードタイプの#7673やベルギーハーフソールに比べると
少し厚みと硬さがあり すり減りにくさは抜群です
今回のようにソールの厚みがそこそこあり どっしりとした作りのグッドイヤーウェルト製法の靴にはお勧め出来ますが
返りの良さを売りにしているマッケイ製法の靴や
ソールが薄くドレッシーな雰囲気の靴には不向きかもしれません

トゥスチールは ゴールドメッキが黒に映える【トライアンフトゥスチール】を

厚みと材質はシルバーのビンテージトゥスチールとほぼ一緒ですが
ビンテージトゥスチールよりも深い位置までカバー出来るので
存在感は抜群です
【スチール付けてます!感】が欲しい方は是非!

これでソールの前半分はプロテクト出来たので 当分は気にせずガンガン履いて頂けます

T中さん! 出来ましたので お引取りいつでもOKです!
またお待ちしてます!



今回の修理
Vib(ビブラム)#2342 ハーフラバーソール取付 ¥3,000 +TAX
トライアンフトゥスチール取付け  ¥4,000 +TAX

納期 数日 ~ 1週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-09-06 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)× ダイナイトソール + 丸洗い

こんにちは! 山本です

昨日まで夏休みを頂き 今日より通常営業です
早速猛暑の中午前中からご来店頂き 感謝です!
お預かり中のオーナー様 修理完了までもうしばらくお待ちください


本日のご紹介はメイドインジャパンの雄 SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回は西宮市にお住いのオーナー様にお持込み頂きました
こちらがBeforeです

今年の強烈な梅雨にもガシガシと履かれていたそうで
ソールは大きな穴が開き インナークッションのスポンジが丸見えです
オーナー様より「雨の日に履いてボロボロになったのですが。。。」とご相談頂きました
水没したことで中底も染みが出来て アッパーは塩吹きとカビのダブルパンチ
今の状況を説明させて頂き 打合せの結果
今後は雨の日用にするとの事でラバーソールへ交換する事になりました

こちらがAfterです

完成でございます
いやぁ 作業した本人が言うのも何なんですが。。。 劇的に復活しましたね
ソールを解体した後 ハンドウォッシュでカビを除菌しながら 表面で結晶化した塩分を洗い流していきます
整形し乾燥後 しっかりとアッパーケアをして 新しいソールを組み込んでいきます

今回はオーナー様より
「以前より付けてみたいと思っていたダイナイトソールで」とご指名頂き
シルエットも崩さずにソール交換完了です
これで多少の雨でも靴底は気にせずに履いて頂けますね
またたくさん履いてあげて下さい
この度は修理のご依頼ありがとうございました!



今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥13,000 +TAX
丸洗い   ¥3,000 +TAX

納期 約2週間~3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-08-15 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × ダイナイトソール

【 12/30(水) ~ 2021年 1/5(火) 年末年始休業です 】
※年内最終営業日は 12/29(火) 
 年始営業再開日は 1/6(水)です ( 1/7(木)は営業します )

【 当店の新型コロナウイルス感染症対策 】

こんにちは! 山本です

さっきも書きましたが

雑誌【LAST】 掲載してもらえた喜びが止まりません(笑)

しばらくは毎日ポジティブに過ごせそうです



本日のご紹介は当店ではREGALよりも圧倒的にお預かりが多い
メイドインジャパンの雄 SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回は芦屋市にお住いのオーナー様にお持込み頂きました
こちらがBeforeです

なかなかのダメージを背負ったセミブローグのスコッチさん
アッパーは水没経験があるようで 所々に黒い染みが
そしてソール中央には大きな穴が開き インナーのスポンジ(大体の靴はコルクです)が見えています
つま先もウェルトが少し削れ始めていて アウトステッチが浮いてきています

今回はオーナー様より
「この靴 履きやすくて 出張には必ず履いて行ってたけど
雨の日でも気にせず履いていたら こんな状態に。。。 直りますか?」とご相談頂きました
確かに履きやすい靴は自然と登板回数増えますよね。。。

かなりの重症であることには変わりないのですが
ソールはまだ問題なく交換できるコンディションだったのと
アッパーの雨染みは 言い方が悪いかもしれませんが。。。何とかごまかせそうな色とデザインでしたので
今回はオーナー様と相談の結果 履きやすいラバーソールの代表格ダイナイトソールで交換させて頂く事になりました

こちらがAfterです

劇的に復活完了です!
ソールはドレッシーさを残しつつ 天候と路面状況を気にせず歩けるラバーソールの代表格 ダイナイトソールで交換
Before写真ありませんが 靴中かかと裏のカウンターライニングも左右補修させて頂きました
カサカサで色褪せていたアッパーは しっかりと保湿してからサフィールノワール クレム1925 パリジャンブラウン(なんてお洒落なネーム。。。)で磨き上げて完成です

これからは時々ケアしてあげて また長く愛用して下さい!
この度はありがとうございました!



今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥13,000 +TAX
カウンターライニング補修  ¥3,000 +TAX

納期 約2週間~3週間


大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-04-26 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)×ベルギーレザーオールソール

こんにちは! 山本です
明日は定休日の為 今日が今月ラストのブログです

週に何度かブログを書いていますが 初めの頃はものすごく時間がかかって
「よし! 集中して書くぞ!」と気合いを入れてPCの前に座っていましたが
最近は 手が空いたタイミングや 作業の合間に少しずつ進めています

気が付けばブログの投稿数が800を超えました
5年と数か月で800回更新
我ながらよく頑張ったと思います(笑)

オープンしてから数年はFacebookなどもしていましたが
ホームページのブログじっくり書き込む方が性に合っているし
SNSまで手が回らない というのが現状です


今年中に1000回は難しいですが これからもコツコツ更新していこうと思いますので どうぞ温かい目で見守って下さい



本日のご紹介はSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回は尼崎市内にお住いのオーナー様にお持込み頂きました
こちらがBeforeです

とても綺麗に履かれているカジュアルドレスなスコッチグレイン
「普段はあまり履かないけど 気が付くとソールに大きな穴が開いてしまった」 との事でご相談頂きました

以前にもオールソールをさせて頂いたことのあるオーナー様で
前回の修理も綺麗だったから とリピート頂きました
嬉しい限りです!
今回はオリジナルと同じくレザーソールでの交換をご希望でしたので
素材や仕様の打合せをさせて頂き この様に復活しました
こちらがAfterです

人気No1 ベルギーレザーソールで復活です
ブログではベルギー3連チャンになってしまいましたが それほどほとんどベルギー寄りのオーダーです
今回は元々の生地仕上げに近い レザーの質感を生かした仕上げで カジュアルさをキープしています
トップリフトはオーナー様より 「元と同じ厚いゴムより野暮ったくない革付きタイプで」とリクエスト頂き ダヴリフトで組み直しさせて頂きました

またお出かけの際に履いて頂けると嬉しいですね
今回もありがとうございました!


今回の修理
ベルギーレザーオールソール(オープンチャネル)  ¥14,000 +TAX

納期 約2週間 


大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2019-10-30 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)× ベルギーレザーオールソール

【 12/30(水) ~ 2021年 1/5(火) 年末年始休業です 】
※年内最終営業日は 12/29(火) 
 年始営業再開日は 1/6(水)です ( 1/7(木)は営業します )

こんにちは! 山本です
昨日ご来店頂いたお客様より「なんで靴修理屋になろうと思ったのですか?」とご質問頂き 何故かすぐに上手く返答出来ず 「物を直す事が昔から好きで。。。」みたいな答えになってしまいました

その後よくよく考えてみると。。。
【一人で出来る仕事】を探していたから という今思うとロクでもない理由を思い出しました(笑)
昔 人間関係に悩み過ぎて 心を病んだ時期もありましたが
今は天職だと胸を張って言えるこの仕事に出会えて良かったと思っています


上手くまとめれたのではないでしょうか?(笑)


本日のご紹介はSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
価格・質・デザインと高い次元でバランスの良い Made in JAPAN シューズ
今回は石川県にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
こちらがBeforeです

とても自分の足に合っていて つい履きすぎてしまい 靴底がこんな状態になってしまいました。。。 ギリギリセーフでしょうか?と当初メールでご相談頂きました
靴本体のダメージを考えるとギリギリアウトですね(笑)
もう少し早い段階でソールを交換してあげた方が良かったと思います
インナーの白いスポンジも削れて ちょうど【リブ】と呼ばれる土手状の部分が地面に擦れて痩せてきていました
これ以上進行すると ウェルトを縫い付ける事も出来なくなり 悲しい宣告をしないといけないところでした

今回はオーナー様より 今後は使用頻度を減らして 雨の日には履かないように気を付けるので ソールを元々に近いように修理を とご依頼頂きました

瀕死の状態でしたが 慎重にバラし 蘇生手術を行いました
こちらがAfterです

オペ完了です!
リブに多少のダメージはありましたが 要となる【掬い(すくい)縫い】は問題なかった為 いつも通りの工程で交換させて頂きました
履き込み過ぎて ぺしゃんこに変形していたアッパーも 近い形状のラスト(木型)を入れた状態で組み直ししたので ピシッと復活です
ツヤもなく革はカサカサでしたが 磨き直して艶っぽく男前になりました
これからは以前より大切に履いてあげて下さいね
この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!


今回の修理
ベルギーレザーオールソール(オープンチャネル)  ¥14,000 +TAX

納期 約2週間


大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2019-09-04 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン × ベルギーレザーオールソール

【 当店の新型コロナウイルス感染症対策 】

【 12/30(水) ~ 2021年 1/5(火) 年末年始休業です 】
※年内最終営業日は 12/29(火) 
 年始営業再開日は 1/6(水)です ( 1/7(木)は営業します )

こんにちは! 山本です
8月最後の日曜日
学生の頃だと 後一週間しかない! 宿題間に合わない!と毎年焦っていた頃です
そもそもエアコン(冷房)が設置されていない小中学校が多く 暑くて授業に集中できない為 夏休みを作ったそうですが
最近はほとんどが冷暖房完備なので 夏休みを短くして 勉強する時間を増やそうという動きがあるそうですね
冷房の効いていない 真夏の昼間に勉強。。。 想像しただけで息苦しいです。。。 


本日のご紹介は日本が誇る良靴 SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回は大阪・枚方市にお住いのオーナー様にお持込み頂きました
こちらがBeforeです

型崩れもほとんどなく とても綺麗に履かれていたのが良く分かります
こちらの靴 修理歴はありませんでしたが オリジナルのレザーソールがすり減り ちょうど中央部分が破れてしまったところでした
今回オーナー様よりこちらの靴を含めて3足お預かりさせて頂きましたが こちらの靴が一番履きやすく お気に入りという事で こちらは晴れた日専用のレザーソール仕様で交換させて頂く事になりました
こちらがAfterです

シャキッと復活 完成です
オールデンで言うところの【アンティークエッジ】は スコッチグレインだと【生地仕上げ】らしいです
黒いアッパーにあえて明るめのソールエッジで仕上げて 重い印象を軽くしてくれます
今回はオーナー様よりご指定はありませんでしたが 時々この【生地仕上げ】を真っ黒にして欲しいとご相談頂く事があります
薄い色から濃く(黒く)する事は オールソール時でなくても可能ですので ご検討中のオーナー様は是非一度ご相談下さい

今回は当店の人気No.1 ベルギーレザーソールで交換させて頂きました
インナークッションも交換していますので また少しずつ履き馴染ませて 活躍してくれる事を願っています

今回も遠方より修理のご依頼ありがとうございました!


今回の修理
ベルギーレザーオールソール(オープンチャネル)  ¥14000 +TAX

納期 約2週間


大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2019-08-25 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × ダイナイトソール

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

そろそろ皆さんお盆休みを意識し始めた頃でしょうか?
「休みはいつからですか?」と 会う人会う人に聞いているアンケートしている気がします
特に理由はないのですが。。。

今週末からお休み という方が多いようですが 8/12(祝)までは営業しておりますので お休み中に靴を修理しておこうと思われる方は 是非お早めにお預かりさせて下さい


本日のご紹介は久々かな? SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回は以前にもご利用頂いた茨木県にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
遠方より2度目のご依頼ありがとうございます!
こちらがBeforeです

シンプルなブラウンのストチ ですね
オリジナルのレザーソールは中央部分に配置した樹脂で滑り止めと耐久性を考慮した親切ソールでしたが
ちょうど中央部分が擦り減ってきて 少し裂けてしまったコンディションでした
大きく損傷しているわけではないので こういった場合は補修してオールソールを先延ばしする事も可能でしたが
オーナー様より 「多少の雨でも気にせず履けるようにダイナイトソールで交換を」とご依頼頂きました
オールラバーの方が確かに足元が安心というか 気にせず済みますからね
そしてこちらがAfterです

完成です
定番のダイナイトソールはレザーソールから交換してもサイドシルエットが崩れないのが良いところです
似たようなソールのVib#2055の場合は ダイナイトソールよりも1ミリ厚いので
気持ち野暮ったく見えてしまいます
(その分耐久性はダイナイトソールよりもあります)
シャープな雰囲気を残しつつラバーソールの快適性を求めるなら 英国代表ダイナイトソールで決まりです
今回はソール裏のステッチもブラックで オンビジネス仕様です
こちらも頻繁に履かれる靴の宿命 「カウンターライニング」も破れてきていましたので 一緒に補修させて頂きました
またお仕事のパートナーとして これまで以上に活躍してくれる事を願っています
今回もありがとうございました!


今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥13000 +TAX
カウンターライニング補修  ¥3000 +TAX

納期 約2週間~3週間


大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2019-08-06 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × J.R.レザーオールソール + トゥスチール

こんにちは! 山本です
今日は昼間に 同業の友人が店舗に遊びに来てくれて お互いの近況報告や最近注目しているリペアショップやツールショップを聞き合ったりと 約1時間くらい話し込みましたが とても楽しい時間でした
普段一人で仕事をしていると 少しずつ自分の世界が狭くなっていくのが分かるのですが 出不精な性分で。。。
若年ボケにならないよう アンテナを張って精進いたします

本日のご紹介は当店でもお預かりがとても多い SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回は先日オールソールをご依頼頂いたオーナー様より 入れ替わりでお預かりさせて頂きました
こちらがBeforeです

こちらの靴もとても綺麗に磨き込まれていて まだまだ新しい靴なのかな?と初見では感じましたが
ソールには薄くなって破れてきている箇所が。。。
まだまだ長く履きたいので丈夫なソールで交換を そして今よりもドレッシーに とご依頼頂きました
頻繁に何度もオールソールをする事は靴にとっても多少なりともダメージですし コストの事を考えても得策ではありません
少ない回数で確実で高品質な修理をしてあげる事が 長く愛用する秘訣です
今回はオーナー様が事前リサーチ済みでしたので ソールの種類はお決まりで スムーズな打合せでした
こちらがAfterです

こちらの靴も綺麗に復活完了です
ソールは耐久性に富んだJ.R.(J.レンデンバッハ)レザーソールをチョイス頂き
返りがつくまではどうしても削れやすいトゥにはビンテージトゥスチールを配置
元々は厚めのラバーリフトでしたが ドレッシーさを出すために トップリフトはダヴリフトへコンバージョンです
ヒールの高さも履き心地に影響が出ない程度の約3ミリアップして ドレス感をプラスしています
また綺麗にカッコよく履いて下さいね!
この度はありがとうございました!

今回の修理
J.R.レザーオールソール(オープンチャネル)  ¥16000 +TAX
ビンテージトゥスチール  ¥3000 +TAX

納期 約2週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい 

2019-05-17 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × リッジウェイソール

【 5/1(水)は通常通り営業致します 】

こんにちは! 山本です
平成最後のブログです! 明日から令和元年 まだ全然実感がありません

本日のご紹介は久々かも SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回は吹田市にお住いのオーナー様にお持込み頂きました
こちらがBeforeです

靴磨きがご趣味だそうで とても綺麗に履かれていて 大切にされている事が良く分かる靴です
アッパーはまだまだ綺麗ですが オリジナルのレザーソールがすり減り ついに穴が開いた状態でした
今回はオーナー様と打合せさせて頂き 以前から試してみたかったとお聞きした リッジウェイソールで交換させて頂きました
こちらがAfterです

英国製ソールの代表 【ダイナイトソール】と同じ HARBORO RUBBER というイギリスのラバーメーカー製造のリッジウェイソール
ダイナイトソールよりもダイナミックなソール・ヒールパターンにより 多少のデコボコ道も楽勝です
実際に私も私靴に装着していますが 足当たりがとても柔らかく(特にヒール)見た目のごつごつ感より歩きやすく クッション性も抜群のラバーソールです
これからの季節には重宝出来るソールなので 雨用の靴に如何でしょうか
この度はありがとうございました! 2足目の仕上がり もうしばらくお待ち下さい!

今回の修理
リッジウェイソール オールソール  ¥14000 +TAX

納期 約2週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2019-04-30 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × J.R.レザーオールソール

こんにちは! 山本です
今年はブーツの修理が多く 毎日軽い腱鞘炎で腕が(特に前腕)がイタタ。。。です 。。。 これからは夏場に腕を鍛えて冬場に備えないとダメですね
ダウンタウンの松本さんみたいにムキムキになる日も近いかも!?

本日のご紹介は久々かな?日本が誇るウェルテッドシューズメーカー SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回はオープンして間もない頃からの常連様よりお預かりさせて頂きました
こちらがBeforeです

まだまだ綺麗なコンディションでしたが オリジナルソールには穴が。。。
スコッチグレインの靴はフィラー(中物)と呼ばれるクッション材にスポンジ素材が使用されている為 履き馴染みやクッション性は良いのですが 沈み込みが支えきれず 集中的に体重がかかり ソールに穴が開きやすのではないかと たくさんの修理をさせて頂き私は考えます (別にディスっているわけではありません)
今回もソールの種類を色々と見比べて頂きましたが 慣れてらっしゃるオーナー様は「いつもので」といった感じで この様に修理させて頂きました
こちらがAfterです

今回はなるべく元の雰囲気と仕様を崩さないようにソール交換させて頂きました
ソールは耐久性に優れたJ.R.(J.レンデンバッハソール)レザーソール ヒールはオリジナル同様10ミリ厚のビブラムヒールで こちらも耐久性と交換頻度を少なくするコスパのいい仕様です
元々とても綺麗に履かれていたので これからもまだまだ活躍出来そうです
いつも遠方より御来店頂き 誠にありがとうございます!
引換えでお預かりした靴はもうしばらくお待ち下さい
ありがとうございました!

今回の修理
J.R.レザーオールソール (オープンチャネル) ¥16000 +TAX

納期 約2週間~3週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2019-02-13 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

【祝!4周年!】 SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × Vib#2055

こんにちは! 山本です

本日でLABOは4周年を迎えました! パチパチ!

無事に4年続けれたのも お客様や取引先の皆様のおかげです

これを機会にもう一度襟を整え直して 未だ道中ですが「最高の靴修理店」を目指していきたいと思います

5年目のLABOもどうぞよろしくお願い致します!

(いつもご利用頂く常連様より 早速4周年のお祝い 頂きました いつもありがとうございます!)

 

さて気を取り直して。。。

本日のご紹介はそんな常連様も大好きな SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

今回は西宮市にお住いのオーナー様にお持込み頂きました

こちらがBeforeです

フロント・サイドショット共に お疲れ感がにじみ出ています。。。

修理歴はありませんでしたが オリジナルのソールの中央部分は穴が開く寸前で 押すとペコペコでした

今回はオーナー様より「この靴にはまだまだ頑張って欲しいので ソールはラバーで耐久性重視で交換を」とご依頼を頂きました

反り上がってしまった靴でも当店ではソール交換時 近い木型(ラスト)を入れ交換作業をしていますので 新品時に近いシルエットで復活が可能です

こちらがAfterです

スラっとシャープなシルエットで復活完了です

ソールは定番のVib(ビブラム)#2055ソールで 耐久性とグリップはレザーソールとは格段の違いを実感出来ます

元々ソールエッジはブラウン系のアンティークフィニッシュでしたので オールブラック仕様より少し遊び心を感じます

またお仕事のサポート役として活躍してくれることを願っています

この度はありがとうございました!

 

今回の修理

Vib(ビブラム)#2055 オールソール ¥10000 +TAX

納期 約2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2018-08-01 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN