Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)× Vib#2055(BRW)

【 8月の定休日のお知らせ 】

こんにちは! 山本です

明日8/11(水) ~ 8/13(金) まで夏季休業です!
宜しくお願い致します!





本日のご紹介はSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回は宝塚市にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
今回もご利用ありがとうございます!


こちらがBeforeです

オリジナルのままのスコッチグレインですが
トップリフトの交換前にソールに穴が開いてしまいました。。。
スコッチグレインのレザーソールは柔らかく履き馴染みやすいのですが
トップリフトが厚み・硬度としっかりしている分
トップリフトを交換する前にソールに穴が開いてしまい ソール全交換になることが多いですね
ユーザーからすると「えっ!? もう?」 と思われる方も多いでしょうね


今回は以前にもソール交換をさせて頂いたオーナー様よりのご依頼で
前回の修理内容も気に入って頂けたようで またおかわりで修理のご依頼頂きました


前回と同じくVib#2055ソールで交換をとの事でしたが
今回のスコッチグレインは【アンティークエッジ】という仕上げで
黒いアッパーに対してソールのエッジはブラウンという こじゃれた(古い?)仕様です


せっかくなので雰囲気・イメージを壊さぬように
Vib#2055ソールもブラウンをチョイスしてアンティークエッジ風に修理させて頂きました


こちらがAfterです

完成です!

通常黒アッパーの靴は黒いソールがセオリーですが
今回のようにわざとブラウン系のソールとエッジにする事で
足元が少し軽く見え カジュアル感がグンと出ますね

(逆にアンティークエッジからウェルトの上面も染めて真っ黒仕様でご依頼頂くケースも多いので
こちらは次回のブログで紹介します)

ソールは厚みもそこそこ 耐久性抜群のVib(ビブラム)#2055ソール
一応ブラウンですが イタリアビブラムのブラウンはカーキ系の色味ですね

これで当分ソールは気にすることなく またガシガシ履いてあげて下さい!

Before写真無しですが 一緒にカウンターライニング(靴中かかと裏)も補修させて頂きました


今回も修理のご依頼ありがとうございました!
(※返却は送料無料で配送させて頂きました。)






今回の修理
Vib(ビブラム)#2055 オールソール  ¥13,200 (税込)
カウンターライニング補修(左右)  ¥3,300 (税込)



納期 約3週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-08-10 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN