Alden

Alden(オールデン)53511 × MARTIN(マルティン)レザーオールソール + パイピング修理

こんにちは! 山本です

今日から9月です
気が早いですが 【年内】というワードがリアルに感じるようになってきます

今年は比較的納期に余裕がある時期がほぼありませんでした。。。
大変有り難い事なんですが これからの繁忙期が心配です

なるべく早めに返却出来るよう頑張ります!



気付くと最近ブーツのブログが多かったので。。。
本日のご紹介はAlden(オールデン)です
今回は奈良県にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました
遠方よりご来店・ご依頼ありがとうございます!


こちらがBeforeです

ハーフラバーソールやトップリフトは補修跡がありましたが
ソールはオリジナルのままのコンディションでした

今回はオーナー様より
「ソールに隙間が目立ってきたのと ハーフソールも剥がれてきたので そろそろソールの交換を
それと履き口の周りの革が破れてきたので、修理方法があればこちらも」
とご相談頂きました

ソールは【ハーフソール取付け修理】時に多いのですが。。。
ソールがすり減ったタイミング つまりアウトステッチも切れてしまっている状態
でハーフラバーソールを貼り付ける事で しばらくは履けるのですが
時間が経つとご覧のように ソールがウェルトから剥離してきます

そりゃぁそうです 縫いつけてあったステッチは切れたままですからね

よく見かける修理です
これは根本的な修理をすっ飛ばして 低コストで【見えなくしている】だけ
もちろん もう少し履けたら良いので。。。 というオーナー様のご希望があれば問題ないでしょうが


この【臭いものにはフタ的な修理】は
ソールの交換も出来、長く付き合えるはず高級靴には 安易に提案する修理方法ではないかなと思います


今回はオーナー様より「オリジナルに近い仕様で修理を」とお聞きして
このように修理させて頂きました


後、履き口の擦り切れも一緒に


こちらがAfterです

完成!

今回はソールはオリジナルに近い仕様で説明不要ですね

今後はレザーソールのまま履きたいとの事で
ドイツオークバーク【MARTIN(マルティン)レザーソール】で交換させて頂きました

履き始めは硬めですが 繊維密度(耐久性)はハイクラスです

履き口は脱ぎ履きの際にも擦れてしまい 痛みが出やすい部分です
部分的に補修させて頂きました


かさついてツヤも消えていたコードバンも しっかりとケアしてツヤ感復活です


またガシガシ履いてあげて下さい!

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!








今回の修理
MARTIN(マルティン)レザーオールソール(オープンチャネル) ¥16,500
履き口パイピング補修 + カウンターライニング補修  ¥7,700


納期 約3~4週間






大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-09-01 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× ダイナイトソール + 丸洗い

【 8月の定休日のお知らせ 】

こんにちは! 山本です


この数日怒涛の忙しさで。。。(ありがとうございます)
やってしまいました!
8月1日で7周年でした!

早いもので8年目に突入です

8年前は 8年後こんなにたくさんの修理依頼を頂けるようになるとは想像も出来ませんでした

正直。。。現在パンク状態です

一時的にですが、オールソールに関しては現在4週間ほどお時間頂いております

全力で取り組んでいますので お待ちのお客様 もうしばらくお待ち下さい



という事で ドタバタの7周年ですが(汗)
8年目も宜しくお願い致します!





本日のご紹介はAlden(オールデン)です
今回は西宮市にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
暑い中ご来店とお引き取りありがとうございました!

こちらがBeforeです

Alden(オールデン)の定番 990 バーガンディコードバン
部分的な修理歴はありましたが オリジナルのレザーソールに穴が開き
今回初めて当店にお持ち込み頂きました

「今度はラバーソールで履きやすい仕様で」とのご依頼


オーナー様と色々打合せをしながら 靴を確認してみると。。。

ソールを縫い留めてあるアウトステッチが切れてしまい
ミッドソールとアウトソールがぱっくりと開いています
これじゃあ履けませんね

後は最後の写真で確認できますが
ウェルト周りにカビが。。。
梅雨時期に発生したのでしょうね 
ほこりが溜まりやすいこの場所は カビ発生率が高いです

そして一番気になったのが
左足ヒール周りのウェルト
過去にトップリフトの交換をされたそうですが
どうやらその際にウェルト・ヒールベースごとがっつり削り込んだようで
アウトステッチギリギリまで削り込まれていました

これは私の推測ですが
交換用のトップリフトがヒールよりも小さく
本体側を削り込んで面一(つらいち)に整えた結果ではないかと思います

これは重罪ですね
ありえません
靴を長く履くためにトップリフトを交換しているのに
靴の寿命に直結するウェルトの出幅を削り込んで寿命を短めるなんて
本末転倒で言語道断な鬼畜リペアです


一応オーナー様には状況を説明させて頂き
今後ウェルトの交換が必要になるであろう事をお伝えしました


とりあえず今回はこのウェルトのまま修理する事になり。。。


こちらがAfterです

完成!

今回はラバーソールの大定番ダイナイトソールで交換完了です
3ミリ厚のレザーミッドソールも交換です

気になっていた左ヒール周りのアウトステッチもギリギリウェルトにかかり
とりあえず一安心です

ウェルト周りに発生していたカビは ソールを取り外した状態で洗浄・除菌
靴中・中底裏もきれいさっぱりです


これで当分靴底は気にせず履いて頂けますね
また次回のメンテナンスもお任せ下さい

この度は修理のご依頼ありがとうございました!







今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥14,300 (税込)
レザーミッドソール(3ミリ)  ¥2,750 (税込)
丸洗い(洗浄・カビ除菌)  ¥3,300 (税込)


納期 約3週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-08-02 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× Dr.sole ワンダラーソール + ヒールシート交換

【 8月の定休日のお知らせ 】

こんにちは! 山本です


暑いですね。。。
オリンピックは盛り上がっていますが(女子ソフトボールはリアルタイムで観ました!)
コロナの新規感染も全国で過去最高を更新し いろんなところが気になる毎日です



本日のご紹介はAlden(オールデン)です
今回は大阪市内にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
遠方より修理のご依頼ありがとうございます!


こちらがBeforeです

Alden(オールデン)5625
コードバンのモディファイドラストのパンチドキャップ
めっちゃいいですね

でも。。。 ほぼ履いていないコンディションでのお持ち込みでした

オーナー様にお聞きすると
「ソールがレザーで履きにくくて。。。ラコタハウスに持ち込んでソールを変えてほしいと伝えたけど
出来ないって言われて しばらく履かずに保管してました」

との事

レザーソールが苦手という方も結構いらっしゃいますよね
今回はどうやらソールの素材だけではなく イメージをガラリと変えたいとの事

イメージをお聞きして。。。


このように修理させて頂きました

こちらがAfterです

劇的After!

今回オーナー様より「ポストマンのイメージで」
とお聞きして ワンピースソール(ヒールのついていない)の各種
①Vib#2021
②Vib#4014
③Vib#1002(レッドウィングポストマン純正ソール)
④Dr.sole ワンダラーソール

をご覧頂き 各ソールの厚みや素材を確認して頂き

最終的に「一番すり減りにくいソールで」とDr.sole ワンダラーソールに決まりました

私自身ここ数か月ワンダラーソールで仕事をしていますが
なかなかすり減りませんね
グリップもあるので 優秀なソールであることは間違いなし

後はヒール周りのボリュームアップを狙い
ヒール付きのソール仕様(ツーピースソール)からワンピースソールへのコンバージョンでは
定番のオプション【ヒールシート交換・作製】

ヒール周りの大きさを一回り大きく作り直し アウトステッチも通しています
これでお尻がどっしりとして ワンピースソールの安定感が最大限に活かせます

これでしばらく履いていなかったAlden(オールデン)が
これからは活躍してくれくると嬉しいですね


この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!
( ※ 返送は送料無料で配送させて頂きました)






今回の修理
Dr.sole ワンダラーソール   ¥12,100 (税込)
ラバーミッドソール  ¥2,200 (税込)
ヒールシート交換・作製  ¥3,300 (税込)



納期 約3週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-07-28 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× ダイナイトソール(レザーミッドソール)

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

最近また配送修理のご依頼が増えてきました
ニュースタンダードな受付方法として定着してきた感がありますね
お預かりした靴は必ず修理内容を打合せしてから取り掛かりますので ご安心ください!



本日のご紹介はAlden(オールデン)です
今回は大阪 茨木市にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました
遠方よりご来店ありがとうございます!
こちらがBeforeです

品番は13781
バリーラストのクロムエクセルのチャッカブーツ
ソールはウォーターロックレザーソール(オイルドレザーソール)
ディティール満載のオールデンチャッカ

今回はオリジナルのソールに穴が開き ミッドソールが削れ始めたタイミングでお越し頂きました

オーナー様より
「ソールに穴が開いたので もっと履きやすく耐久性のあるラバーソールへ交換を」
とご依頼頂きました

季節柄レザーソール→ラバーソールへ交換のご依頼が多いですが
日本の気候を考えると その日の天気や路面状況を気にせず履けるのはラバーソールです
軽さや馴染み・見た目の高級感はレザーソールに軍配が上がりますが

どちらがいい という話ではなく
その靴をオーナー様がどう履きたいか によって提案内容が変わります
それでも決めれない!という方はお任せコースでお申し付け下さい(笑)

今回はダブルソールでも厚すぎず スマート感は出したい
という事で このように修理させて頂きました


こちらがAfterです

完成!

超定番のダイナイトソールで復活です
ダブルソールでもスマートさを残すために ソールのエッジは【爪】仕上げ
逆に厚みを強調する場合はフラットに仕上げます
この辺はお好みやご希望があれば ご遠慮なくお申し付け下さい

これで次のシーズンも 以前より登場回数が増えてくれるでしょうね!

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!
(返却は送料無料で配送させて頂きました)




今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥14,300 (税込)
レザーミッドソール3ミリ   ¥2,750 (税込)


納期 約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

2021-06-25 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× リッジウェイソール + カウンターライニング補修

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

ここ尼崎市は
昨日から緊急事態宣言が解除され まん延防止等重点措置に移行しました
早速のお電話で営業時間の変更があるかのお問合せを頂きましたが
元々より変更なく営業しております

ご来店の際のアポイントメント(予約)も必要ございませんので
お気軽にお越しください!




本日のご紹介はAlden(オールデン)54415 です
今回は大阪市内にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
遠方よりご来店ありがとうございます!

こちらがBeforeです

ユーズドで購入されたそうなオールデン
Vチップのモディファイドラストにウォーターロックソール
何か違和感を感じましたが 受付時には分かりませんでした
実はこちらの品番 元はネイビーのカーフだったようです
黒に染め変えられていたんですね

今回はオーナー様より
「ソールをラバーソールに交換して 履きやすくしたい」とご相談頂きました
オイルドレザーソールとは言え そのままだと履く状況を選ぶソールですからね

今回はオーナー様がラバーソールの種類は決められていたので
ソールを取付けたサンプルと現物を確認して頂き

このように修理させて頂きました

後、擦れて破れていた靴の中のかかと裏も一緒に補修です


こちらがAfterです

完成!
今回は元々がアンティークエッジだったのですが
リッジウェイソールにすると ヒールのゴム量が多くなるため
ヒールベース1枚をアンティークエッジで仕上げると 統一感がなくなってしまい
アンバランスな感じになるかも。。。 とオーナー様に受付時お伝えし
ソール全体が馴染む感じにダークブラウンで仕上げてさせて頂きました

それにしてもモディファイドラストにリッジウェイソールって
迫力があってカッコいいですね
ソール端(エッジの見えている部分)は薄くシャープさが出ますが
ソールの中央部分(パターンのある部分)は10ミリで
クッション性と耐久性もあります

ヒールも厚めのブロックヒールなので 当分はソールのすり減りを気にせず
ガンガン履いて頂けますね

またリペアのタイミングが来たらご相談下さい
この度は修理のご依頼ありがとうございました!





今回の修理
リッジウェイソール オールソール  ¥15,400 (税込)
カウンターライニング補修   ¥3,300 (税込)



納期 約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-06-22 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)961 × J.R.レザーオールソール + レザーミッドソール(薄)

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

本日のご紹介は連発 Alden(オールデン)です
今回は愛媛県にお住いのオーナー様より配送でご依頼頂きました
(数年前にも修理依頼を頂いており 今回で2回目のご依頼です)
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

結構年季の入ったオールデン
お聞きすると20年くらい前に購入されたオールデンだそうで
(ということは1997年製造かな?)
年間での使用頻度も少ないけど ソールがカチカチになっていて 滑って仕方ない。。。
交換して何とか履けるようにしたい とご相談頂きました

確かに。。。 叩くとコンコンと音がしそうなほど硬化しています

レザーソールもアッパーのレザーと同じく
経年により乾燥すると繊維に柔軟性がなくなり 硬くなってしまいます

ソールは元々硬度がある革なので 余計に硬く感じますね

今回のような場合 私は大概 柔らかいレザーソールかラバーソールへの交換をお勧めしますが
今回オーナー様とお電話で打合せし
「オリジナルの雰囲気が好きなので 素材はレザーソール一択
今回も色々とブログを見たけど しっかりとした履き心地が好きなのと
何度も修理するのももったいないので J.レンデンバッハソールで交換を」

とはっきりとしたご意見・オーダーを頂きました
そこまではっきりと決めて頂けると有難いですね(笑)

そして今回はもう一点
元々ダブルソール仕様なので ミッドソールまで交換したいのですが
サイズも小さい方(6ハーフ)で 元々のミッドソールも薄いので
通常のレザーミッドソール3ミリ+J.レンデンバッハソール で組み直すと
元々の厚みより1.5ミリほど厚くなり
バランスも履き心地も変わってしまいそうです。。。

せっかく思い入れのある靴を修理に出して
見た目も野暮ったく 履き心地もずいぶんと硬い結果になってしまうと
最悪修理後履かなくなってしまう可能性も。。。

という事で
今回はレザーミッドソールを いつもより薄手のもので組み直しする事を提案させて頂きました

グッドイヤーウェルト製法の場合
ミッドソールの役目はあくまでも【見た目のボリュームアップ】です
あまりに硬い素材を使用すると いつまでも馴染まずに硬く痛い履き心地になってしまいます
靴そのものがしっかりとした構造の為 ミッドソールは柔らくていいのです
(マッケイ製法などは 中底の有無により ミッドソールがある程度硬くないと
靴としての形をキープできない場合もあります)


そしてオーナー様のこだわりと わずかな小細工を詰め込んで。。。

こちらがAfterです

完成!

全体的にバランスよくまとまったと思います!

基本はオリジナルの仕様を参考に
アウトソール(接地するソール)は 今までのペースで履くと当分リペアの心配無しの
ドイツオークバーク 【 J.レンデンバッハ レザーソール】 をチョイスです

今回こだわったレザーミッドソールの厚みは 2ミリ
ミッドソールは【挟めばいいというものではなく】
歩きやすさや全体のバランス(ボリューム)それと靴のサイズ
等々 考慮して 素材と厚みを提案させて頂きました

乾燥して少しかさついていたアッパーは
ミンクオイル配合の サフィールノワール【レノベイタークリーム】を下地に使用して
いつもより多めに油分を補給してしっとりと仕上げています


頻繁に履く靴ではなく 時々履きたくなる 大切な一足
これからも長く愛用して頂けると嬉しいですね


今回も遠方より修理のご依頼ありがとうございました!






今回の修理
J.R.レザーオールソール(オープンチャネル)  ¥17,600 (税込)
レザーミッドソール (2ミリ)  ¥2,200 (税込)


納期  約3週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-05-23 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)990 × ダイナイトソール + レザーミッドソール

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

先日一番ショックだったニュース。。。
ガッキーの結婚。。。

ではなく
ベルセルク 作者 三浦建太郎さんの訃報。。。

高校生の頃からずっと読んでる大好きな漫画です

休載が多い為 未完の大作になるんじゃないかと以前から言われていて
私が生きている間に完結してくれればいい といつも新作を楽しみにしていましたが
まさか現実となってしまうとは。。。


54歳。。。 早過ぎますね。。。

心からご冥福をお祈りします




すみません。。。 冒頭からどんよりとした発言で。。。

さて! 気を取り直して!


本日のご紹介はAlden(オールデン)990です
今回は西宮市にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました

こちらがBeforeです

グッドコンディションな990
ですが 所々リペアが必要な箇所が見受けられます

まずはヒール
トップリフトがちょうどすり減り ヒールベース(土台)まで削れ始めています
トップリフトの交換時期(タイミング)としては ギリアウトです(笑)

そしてつま先
レザーのダブルソール の宿命的な部分です
履き始めは特に返り(靴底の曲がりやすさ)が悪く つま先を引きずって歩く事になり
そして靴底の素材としては弱い部類の【レザー】がもろにダメージを受けてしまいます

今回もつま先はアウトソールのい厚みがちょうどなくなり
ミッドソールにかかろうかという状態でした


こういった場合 ソール中央に厚みがまだ残っていれば
【トップリフト+ヒールベース補修 】 + 【トゥレザー(orラバー)+トゥステッチ 】
での補修を提案します

が、今回はソール中央も微妙に薄さを感じる状態でした

オーナー様とどうするか コスト面や今後どのようにこの靴を履きたいか 等
少し打合せをさせて頂き

「前々からレザーソールが扱いにくいなぁ と感じており
これを機会にラバーソールへ全交換して 今まで以上に履きたい 」とご希望をお聞きしました


という事で
今回は少々早いですが ソールをラバーソールへ変更して修理させて頂きました


こちらがAfterです

デデンと完成

似合ってますねぇ 間違いない組み合わせです
バーガンディとダイナイトソールのブラウンが 絶妙なバランスです

ソールはミッドソールから交換させて頂き
インナーコルクも入れ替え済

ラバーソールへ変更したから 雰囲気が野暮ったくなった。。。
という結果は 専門店としては避けたい感想(笑)

ソールのエッジやヒールの飾りも少しこだわり
高級靴感を損なわないように仕上げています

ドシャ降りの日の着用はお勧めしませんが。。。
濡れた路面を歩くくらいなら 全く問題ありません

これで今年の梅雨が少しでも楽しめれれば嬉しいですね


またトップリフトがすり減ってきたら 修理させて下さい


今回は修理のご依頼ありがとうございました!
この度は長らくお待たせしました







今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥14,300(税込)
レザーミッドソール  ¥2,750(税込)



納期 約3週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-05-21 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× Dr.Sole #1081 コルクソール

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

昨日は定休日で 久々に家族で少し遠出ドライブしました
(元スタッフ 池田君のお店にやっと行けました)
日中は汗ばむくらいで 気持ちいい一日でした

ちょうど卒園・卒業シーズンで 季節を感じますね
今朝も袴姿の女子大生を見かけました

卒園・卒業される皆さん おめでとうございます!



本日のご紹介はAlden(オールデン)です
今回は千葉県にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
そして! 先月より取り扱いスタートしたDr.Soleの一発目です
ブログでの告知後すぐにご依頼頂きました ありがとうございます!


こちらがBeforeです

実はBeforeの写真を撮り忘れまして。。。
同じAlden(オールデン)9903 プランテーションソールの過去の写真を引っ張ってきました
(ほんと我ながら情けない。。。)


ほとんど履かれていないコンディションでしたが
今回オーナー様より
「Dr.Soleのコルクソール オフホワイトで 交換を 」とご指名頂き

当店では初のDr.Sole 私自身ドキドキワクワクしながら(笑)
このように修理させて頂きました

こちらがAfterです

めちゃくちゃ良いですね!
これはオーナー様のセンスが光る仕様です

艶っぽいバーガンディコードバンと Dr.Soleのオフホワイトコルクソールの組み合わせで
一気にカジュアル感がアップしましたね

ワークブーツ等のボリュームのあるアッパーであれば
ミッドソールを追加してもOKですが
今回のようなローカットの場合はミッドソール無しがお勧めですね

といってもコルクソールの前部は厚みが10ミリあるので
【ダイナイトソール+レザーミッドソール3or3.5ミリよりもボリュームが出る】 という事です

これで履く機会が増えそうです と嬉しいお言葉も頂けて ホッと一安心です

また次回はヒールの交換もお待ちしております!

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!
次のレッドウィングも楽しみにしています!





今回の修理
Dr.Sole #1081 コルクソール オールソール  ¥16,500(税込)
(#1101コルクヒール 込み)


納期 約3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-03-19 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× MARTIN(マルティン)レザーオールソール(オープンチャネル)

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です


緊急事態宣言 恐らく関西3府県は2月末には解除 との事ですが
早く収束してほしいですね
「コロナ あったねぇ 懐かしいね」 くらいになるにはまだまだかかりそうですが
この1年で衛生意識は飛躍的に上がったと思うので
結果的に今後の風邪ひきやインフルエンザは減りそうですね



本日のご紹介はAlden(オールデン)です
今回は以前よりご利用頂いています市内の塚口にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました
こちらがBeforeです

過去にトップリフトの修理をさせて頂きました990
今回はついにレザーソールに穴が開き ソール交換でご依頼頂きました

「最近は手入れもあまりしていなくて。。。
この機会にしっかりとメンテしてあげて下さい」 とご相談頂きました

ソールの仕様等打合せさせて頂き
このように修理させて頂きました

こちらがAfterです

デデーン 完成です!

アウトソール(接地する靴底)はオリジナル通りレザー一択でしたので
素材をどれにしようか悩んで頂き 人気急上昇中の
ドイツオークバーク【MARTIN(マルティン)レザーソール】をチョイス頂きました
しっかりと繊維が詰まったソールで お仕事でもガシガシ履かれる方にはお勧めのレザーソールです

ソールの仕様はオリジナルに近い感じでフィニッシュです

ピカピカよりも自然なコードバンのツヤが好みだとお聞きしましたので
今回はサフィールノワール コードバンクリームでサッとケアして完了です

履き始めはダブルソールという事もあり 少し硬さを感じられるかと思いますが
アッパーはもう十分馴染んでいるので大丈夫でしょう!

また次回のメンテナンスもお待ちしております!
今回も修理のご依頼ありがとうございました




今回の修理
MARTIN(マルティン)レザーオールソール  ¥16,500(税込)
レザーミッドソール追加  ¥2,750(税込)

納期 約3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

2021-02-24 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン) × マルティンレザーソール

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

10年来の同業の友人がお店を閉めるそうです
まだ私が独立する前からの付き合いで 友人がスタッフさんと独立する際には
以前の私の工房で夜遅くまで リペア・カスタム談義をした事が思い出深い記憶です
ですが 私と違い彼は職人タイプというよりも実業家タイプなので
今までのお店は事業継承して今までと違う形で残し
自分は別の事業を始めているそうです
という事で特に心配もしていませんが とりあえず約10年お疲れ様でした!
またの活躍を陰ながら応援しています


今日は前置きが長くなりましたが。。。気を取り直して

本日のご紹介はAlden(オールデン)54331 コードバンVチップです
今回は西宮市にお住まいのオーナー様にお持ち込み頂きました
こちらがBeforeです

アッパーはとても綺麗で大切に履かれている事が分かります
ソールはハーフラバーソールとトップリフトの補修歴がありましたが
オーナー様よりお聞きしてよく見てみると。。。

かなり激しくソール中央でハーフラバーソールが浮いています
(写真で上手く伝えれず申し訳ないです。。。)
これでは履いていても気持ち悪く気になって仕方ありません

ハーフソールの交換をお勧めしましたが
オーナー様より『実は新品時からレザーソールのまま結構履いて
だいぶ薄くなってきて 穴が開く寸前でこのハーフラバーソールを貼ったので
出来れば今回はソールを交換して またレザーソールのまま履きたい』
とお申し出があり 今回は一旦ソールをリセットすることになりました

素材や細かな仕様を打ち合わせさせて頂き
この様に復活しました

こちらがAfterです

完成です!
オールデンのモディファイドらしさ 戻りましたか?

今回は最近は特によくオーダー頂く
ドイツオークバーク 【MARTIN(マルティン)レザーソール】をチョイス頂き
ヒールはフットバランスヒールと同厚のVibramリフトで組み直しです

お渡し時オーナー様にも喜んで頂けて ホッと一安心です
その場で履いて頂きましたが 「うん、良いね」の一言が嬉しかったです

またカッコよく履いて頂き メンテナンスが必要になりましたらご相談下さい

この度は修理のご依頼ありがとうございました!



今回の修理
MARTIN(マルティン)レザーオールソール  ¥15,000 +TAX
(オープンチャネル)


納期 約3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABO(ラボ)にお任せ下さい

2021-02-13 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× J.R.レザーオールソール + more

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

3連休前の季節外れの夏日が終わり ついに本格的な冬に突入!?
と言いつつも例年よりは暖かそうですね
予報では例年並みの気温だそうですが。。。
年々四季折々が崩れてきているのは寂しい限りです
連休中も通常通り営業しております
ご依頼やお問合せ お待ちしております!



本日のご紹介はAlden(オールデン)レザーソウル別注51321です
今回は西宮市にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました
こちらがBeforeです

綺麗なコンディションのオールデン
同じくオールデンのレアカラーコードバン【ウイスキー】にも似た明るいブラウンのカーフです
昔ハワイで購入されたそうなこちらのオールデン
オリジナルのレザーソールのアウトステッチが摩耗により切れ
穴は開いていないが ウェルトとソールがズレて 今にも剥がれそうな状態でした

ソールにまだ厚みが十分に残っていれば アウトステッチの縫い直しだけでも修理可能ですが 
今回はオーナー様より「ブログで見たオールデンの修理例が気に入ったので 同じ仕様でオールソール交換を」とご依頼頂きました
ありがとうございます! 嬉しい限りです


ではこちらがAfterです

完成です!
J.R.スペシャル + ビンテージトゥスチールで 鉄壁のレザーソール仕様です
ソールはお馴染みの最高級レザーソール【J.R.レザーソール】
トップリフトもラバーピースの厚みがあり 耐摩耗性が優れた ハイグレードリフトをオプションでチョイス頂きました
今回のように硬めのしっかりとしたレザーソールは
馴染むまで返りが悪く曲がりにくい為 つま先が極端に削れてしまいます
その削れ対策に効果的なトゥスチールを組込み スキのない仕様です

アッパーもクレム1925のニュートラルで しっとりとした質感とツヤが出るまでケアをして完成です

これでまたカッコよく履いてあげて下さい!
入れ替わりでお預かりさせて頂きましたブーツももうしばらくお待ち下さい
この度はありがとうございました!




今回の修理
J.R.(J.レンデンバッハ)レザーオールソール ¥16,000 +TAX
(オープンチャネル)
J.R.ダヴ トップリフト入れ替え  ¥2,000 +TAX
ビンテージトゥスチール  ¥3,000 +TAX

納期 約3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-11-22 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× J.R.レザーオールソール + リウェルト

※ 7/25(日) は 臨時休業です

こんにちは! 山本です

ここ数週間 日曜日の夜が楽しみです
そうです 私も例に漏れず半沢直樹にハマっています
普段TVドラマは熱心に観る方ではありませんが 前作から熱烈なファンです
誰かがコメントしてましたが 現代版時代劇 まさにその通りだと思います
もうすでに3作目も期待しています(笑)


本日のご紹介はAlden(オールデン)です
ビームスプラス別注のサドルシューズです
今回は西宮市にお住いのオーナー様にお持込み頂きました
こちらがBeforeです

一見すると特に大きな損傷が見当たらないのですが
実は。。。 重症患者でした。。。

過去にハーフレザーソールでの修理をされていたようですが
その際にアウトステッチの元糸がウェルトに残ったまま重ね縫いをした事で
ウェルトに負担をかけてしまい ストームウェルトがパキパキに。。。

そしてヒール周りもストームの根元から割れてしまっていました

結論としては 【ウェルトの革質】でしょうね

もちろん普段のケアでウェルトまでしっかりと保革していれば
もう少し症状は抑えれていたかもしれませんが
左右共にこの様になっている場合は素材でしょう

このままでは履く事もオールソール修理をする事も出来ませんので
今回はオーナー様と打合せの結果
オールソール+リウェルト のフルリフレッシュコースで承りました

こちらがAfterです

完成でございます

基本仕様はオリジナル同様で
アウトソールは耐久性重視で J.レンデンバッハレザーソールを
ググっとくびれたウエストのモディファイドでダブルソールは
かなりの重厚感と迫力です
履き始めは硬さを感じられるかと思う仕様ですが
今回はサイズも大き目(US9)でしたので じきに馴染んでくれるでしょう

これからアッパーのケア(磨き)をされる際にはウェルトにも少しクリームを塗ってあげると良いかもしれません

緊急入院からの大手術でしたが またたくさん履いてあげて下さい!
この度はありがとうございました!



今回の修理
J.R.レザーオールソール(オープンチャネル)  ¥16,000 +TAX
レザーミッドソール   ¥2,500 +TAX
リウェルト(ストームウェルト)  ¥12,000 +TAX


納期 約3週間~



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-09-12 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× J.R.レザーオールソール + J.R.リフト

※ 9/13(日)は 14時 ~ の営業となります

こんにちは! 山本です

最近常に腹が減っています。。。
食べても食べても空腹感を感じます。。。
仕事中も食べ物の事ばかり考えています。。。
ヤバいですね(笑)

40歳目前なので 一度体重が増えるとなかなか痩せれません
自制心を強く持とうと思います 思うようにはしてます


本日のご紹介はAlden(オールデン) アンライニング(アンラインド)の29336Fです
今回は大阪府茨木市にお住いのオーナー様にお持込み頂きました
遠方より暑い中ありがとうございました!
こちらがBeforeです

この少しクタッとした感じが良いですね 見るからに履きやすそうです
今回はオーナー様より
「ソールの真ん中がもうペコペコで穴が開きそうなので ソール交換を」とご依頼頂きました
元々はオールデンで言う【ウォーターロックソール】オイルドレザーソールです
いつも通りオーナー様とソールの仕様で修理するか打合せさせて頂き
「素材はレザーソールのままで もっと硬く丈夫なソールが良い」とご希望をお聞きしました

アンライニングなのでアッパーはかなり柔らかく 軽やかな履き心地な作りなので ソールが硬くなるとバランスが悪いんじゃないかなぁ。。。
と心配しましたが
オーナー様より 「実は以前にブログで見た仕様が気にって 是非この仕様でと思っています 」「結構ガンガン履くので 出来れば長持ちするソールが良い」
とお聞きしました
履き心地に関してはお伝えし オーナー様にOK頂き
以前ブログで見て頂いたという仕様で修理させて頂きました

こちらがAfterです

デデーンと完成です
今回は名付けて 【レンデンバッハスペシャル】でソール交換です
ドイツが誇る高級レザーソール レンデンバッハのレザーソールと
トップリフトもレンデンバッハのダヴリフトをチョイス頂きました

オールデンオリジナルのウォーターロックソールのように少し赤みのあるブラウンで仕上げる事も提案しましたが カジュアルなニュートラルカラーでの仕上げで落ち着きました

エッジカラーもドレスシューズに多いダークブラウンではなく
透明感のあるブラウンで仕上げて カジュアル感を残しています

履き始めは硬さが気になるかと思いますが またガンガン履いて馴染ませてあげて下さい

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!



今回の修理
J.R.【J.レンデンバッハ】レザーオールソール  ¥16,000 +TAX
※オプション J.レンデンバッハダヴリフト   +¥2,000 +TAX

納期 約2週間~3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-09-02 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× MARTIN(マルティン)レザーオールソール + etc

こんにちは! 山本です


今日も暑い一日が始まりました
昨日浜松では日本歴代最高気温を記録したそうです
41.1℃ 。。。
風呂の湯ですね。。。

熱中症にはくれぐれも注意しましょう!


本日のご紹介はみんな大好きAlden(オールデン)です
今回は大阪府吹田市にお住いのオーナー様にお持込み頂きました
遠方よりご来店ありがとうございます
こちらがBeforeです


↓ チョット衝撃的な写真です
お食事中の方は食べ終わってから見て下さい




オーマイガー。。。

洋画の登場人物なら 口を覆いながら間違いなくこう言うでしょう。。。

今回はお預かりさせて頂きましたオールデン コードバンのVチップ
今年の梅雨でこんな悲惨な状態になってしまいました

まだ購入して1年も経っていないそうで 大切に大切に履かれていたそうですが
突然の大雨に打たれ 帰宅後 水分を吸収するために慌ててシューツリーを入れて
乾燥してひび割れを起こさないようにと 乳化性クリームを塗られたそうです
そして翌朝 見てみると。。。
こんな状態に。。。



残念ですが 雨に濡れた時の対処として 大失敗です!

靴の中まで濡れてしまった場合は
まず新聞紙 もしくはキッチンペーパーなどを靴の中に詰め込み
とにかく靴の中の水分を抜いてあげて下さい
今回はシューツリーを入れられたそうですが 無塗装のツリーとはいえ
ビショビショの状態から乾燥出来るほどの吸水性はありません
逆に空気が循環できず 今回のようにカビの発生を助長してしまいます

そして 乾燥してひび割れしないように と 乾く前に乳化性のクリームを。。。

これも失敗です
雨水にはカビの原因菌が含まれています
靴の為と思って塗っているクリームはカビの栄養分となり大発生してしまいます
乾燥した後にしっかりと保湿ケアをしてあげるべきでしょう

と今回は運が悪かったとしか言いようのないオールデンですが。。。

さらにトドメの一撃が
左足内側の【すくい縫い】切れです
靴本体とウェルトを縫い付けてあるすくい縫いが切れてしまい 本体からウェルトごと剥離しています

今回は色々と要修理箇所が多く 打合せも症状をひとつずつ説明させて頂き
「また履けるようになるならぜひ修理を!」と快諾頂けました

こちらがAfterです

オールデン 救出成功です

今回は まず カビ除菌 + 丸洗い です
中底もカビまみれでしたので 洗いと除菌をして 確実に乾燥させました

その後 デリケートクリームを数回に分けて浸透させて 洗いにより硬くなった繊維に柔軟性を戻します

今回は左足のウェルトが剥離していましたので
(※原因はすくい縫いとアウトステッチ(出し縫い)が重なってしまっていた事でした)
リウェルトから レザーソールでソールの組み直しです

今回チョイス頂いたのは
ドイツ製オークバーグ 【MARTIN(マルティン)レザーソール】
しっかりと繊維の詰まった 本格レザーソールです

オーナー様が気にされていた つま先のすり減りは トライアンフトゥスチールでプレメンテです

最後にコードバンの毛羽立ちを抑え込み ツルっとした質感になるまでケアをして完成です
(今回はオーナー様との打合せでワックスは使用せずにクリームのみの仕上げです ご自分でしたいそうです(笑))

大手術になりましたが また愛用してもらえると嬉しく思います
またお困りごとがございましたら ご相談下さい

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!




今回の修理
MARTIN(マルティン)レザーオールソール  ¥15,000 +TAX
(オープンチャネル)
トライアンフトゥスチール取付け   ¥4,000 +TAX
リウェルト   ¥10,000 +TAX
丸洗い (カビ重症)   ¥4,000 +TAX


納期 約3週間~4週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-08-18 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× ダイナイトソール(ダブルソール)

【 12/30(水) ~ 2021年 1/5(火) 年末年始休業です 】
※年内最終営業日は 12/29(火) 
 年始営業再開日は 1/6(水)です ( 1/7(木)は営業します )

【 当店の新型コロナウイルス感染症対策 】

こんにちは! 山本です

すっかり夏モードです
今日から通勤はTシャツ短パンスタイルです
店に到着後しばらくは通勤用Tシャツを脱ぎ捨て 半裸姿でホットコーヒーを飲んでいました
明日からはアイスコーヒーにします


本日のご紹介もAlden(オールデン) です
こちらは定番モデルのタンカーブーツ
今回は尼崎市内にお住いのオーナー様にお持込み頂きました
こちらがBeforeです

まだまだ綺麗なアッパーの深いシワがコードバン特有の雰囲気を醸しています
オーナー様のこまめなメンテナンスから愛情を感じますね

今回はオーナー様より「プランテーションソールも気に入っていたけど そろそろベタついてきたし すっきりとしたラバーソールへ交換を」とご依頼頂きました

毎度の事ですが プランテーションソール 当店では人気がありません。。。
確かに素材の重さや 経年劣化によるべたつき シルエットの野暮ったさ etc
理由は色々ありますが 大体皆様 「次はもっとシュッとした そして扱いやすいソールへ」と 口を揃えて答えられます

今回もオーナー様よりソールのご指定頂き この様に修理させて頂きました
こちらがAfterです

どうでしょう? 元々よりはずいぶんとスッキリとしたシルエットに生まれ変わりましたね
定番のダイナイトソール をレザーミッドソールを挟んでダブルソール仕様で
今回もなるべくソールの厚みを感じれるよう 爪仕上げではなく 平コバ仕上げ
ヒールのシートウィールもドレッシー感を少しでも感じてもらえるようにと飾りゴテを入れています
プランテーションソールも柔らかく クッション性に優れていますが
ラバーソールの中ではダイナイトソールも柔らかめなラバー質で安心です

べたつきや重さの悩みは解消されましたので また来シーズン(?)は出番が増えそうですね
次回はトップリフトの交換でお待ちしております!

この度はありがとうございました!



今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥13,000 +TAX
レザーミッドソール(3.5ミリ)   ¥2,000 +TAX

納期 約2週間~3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-06-05 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× Vib#2810

【 12/30(水) ~ 2021年 1/5(火) 年末年始休業です 】
※年内最終営業日は 12/29(火) 
 年始営業再開日は 1/6(水)です ( 1/7(木)は営業します )

【 当店の新型コロナウイルス感染症対策 】

こんにちは! 山本です

今日は朝から雨で気温も低めで 冷房無しでも過ごしやすかったですね
ですが これからの梅雨には早くもゲンナリします。。。



本日のご紹介はAlden(オールデン)です
今回は宝塚市にお住いのオーナー様にお持込み頂きました
こちらがBeforeです

まずは ひと言 。。。

「ナイスシボ!」(笑)
もっぱらシボ革にドはまり中ですが
こちらは品番86910 結構珍しいモデルですね
今回は過去に色々と補修されていたプランテーションソールを そろそろ限界なんで別のソールに。。。とご依頼頂きました

なかなかダイナミックな修理跡ですが ミッドソールまで割れてきていたので
ここらでオールソールがベターな判断だと思います

今回はオーナー様より「以前のブログで出てたこのソールに。。。」と
ご希望のソールをお伺い出来ましたので 同様に修理させて頂きました

こちらがAfterです

かなりスマートなシルエットに変身完了です
今回ご指定頂きましたソールはVib(ビブラム)#2810 ガムライトソール
スポンジソールと同等の軽さ・クッション性を維持しながら
ラバー質がプラスされているので スポンジソールのウィークポイントである グリップと耐久性をカバーしています
というか ガムライトソール 個人的には激推しなんですが
あまり種類と色とバリエーションが無いんですよね。。。

見た目以上に履き心地もグンと柔らかく
そして何より劇的な軽さを手に入れました
またたくさん履いてあげて下さいね!

破れていたかかと裏は デザイン的には切替も入れた方がカッコよかったかなぁと反省していますが 補修させて頂きました
次回破れた時は 上部の切り替えも考えます!

入れ替わりでお預かりさせて頂きました2足も順次取り掛かりますので
もうしばらくお待ちください

ありがとうございました!



今回の修理
Vib(ビブラム)#2810 オールソール   ¥11,000 +TAX
ラバーミッドソール   ¥2,000 +TAX
カウンターライニング補修(ブーツ/縫割り有) ¥4,500 +TAX

納期 約2週間~3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-05-31 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× ダイナイトソール

【 12/30(水) ~ 2021年 1/5(火) 年末年始休業です 】
※年内最終営業日は 12/29(火) 
 年始営業再開日は 1/6(水)です ( 1/7(木)は営業します )

【 当店の新型コロナウイルス感染症対策 】

こんにちは! 山本です

いやぁ。。。 暑いっすね。。。 蒸し暑い。。。
エアコン付けようか すごく悩ましいところですが
ドアオープンのまま冷房?。。。電気代が怖すぎです(笑)


本日のご紹介はAlden(オールデン)です
今回は芦屋市にお住いのオーナー様にお持込み頂きました
こちらがBeforeです

主張し過ぎないシボ感がたまりません
シボ革 最高です
今回のモデルは949  990のアッパーマテリアルとソール違いですね
今回はオーナー様より「昔気に入ってよく履いていたけど ソールがすり減ってきてからあまり履かなくなり どうしようか悩んでました」とご相談頂きました

あまり靴に(靴底に)詳しくない方でもこのソールはチョット特殊だなぁくらいは感じられるでしょう
確かに変わった素材と構成です
今回は【プランテーションソールあるある】の症状 べたつき が発生していましたので オールソールは避けれない状況でした

オーナー様にお聞きすると 「もうちょっと扱いやすいソールが希望だけど
このボテッとした厚底感も残したい 」との事

もっとシャープに見せたいというご希望とは正反対のぼってり感を。。。
大丈夫です お任せください
いつもよりぼってりさせて頂きました

百聞は一見に如かず こちらがAfterです

ジャジャーン 完成です
ソールはオーナー様ご指定のダイナイトソール
USシューズ代表 × UKソール代表 のコラボです
ソールの仕上げ方を今回は少し工夫して
いつもは厚みを感じさせず エレガント感が出るよう ソールのエッジに【爪】を立てた仕上げ方をチョイスする事が多いですが
今回はあえて真っ平に仕上げることで 見た目の厚みとボテッとした野暮ったさを出しています

リペア作業する側からすると あまりこだわりがいのない(笑)仕上げ方ですが
今回の【なるべく厚みを感じさせる仕上げ】は達成できたかなと思います

オーナー様もお渡し時喜んで頂けて 「早速履いてみるよ」と嬉しいお言葉頂きました

次回はおそらくトップリフトの交換かと思います
また良いタイミングでご相談下さい
今回もご依頼ありがとうございました!



今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥13,000 +TAX
レザーミッドソール (3.5ミリ)  ¥2,000 +TAX

納期 約2週間~3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-05-25 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× リッジウェイソール + リウェルト

【 12/30(水) ~ 2021年 1/5(火) 年末年始休業です 】
※年内最終営業日は 12/29(火) 
 年始営業再開日は 1/6(水)です ( 1/7(木)は営業します )

【 当店の新型コロナウイルス感染症対策 】

こんにちは! 山本です
大半の都道府県で緊急事態宣言解除されましたね
こちら兵庫県はまだ解除されていませんが 少しずつコロナ禍収束へ向けて前進していると感じます
もう少し! 当店も油断する事無く対策を引き続き敢行します


本日のご紹介はアメトラ靴のマスターピース Alden(オールデン)990です
今回は東京都のオーナー様よりご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます
こちらがBeforeです

一見すると綺麗なコンディションで ソールもまだ履けそう。。。
と 思いきや 右足内側のウェルトがボロボロ
お聞きすると割れだしてからオーナー様ご自身で接着剤を使い補修を試みたそうです
左足もよく見るとスリットウェルトの立ち上がりにひび割れが。。。
オーナー様にもお伝えしましたが 恐らくウェルトの革質の問題でしょう
乾燥した状態で屈曲を繰り返した結果 割れが広がり 本来の役目を果たせなくなってしまいました

ここまで来るとウェルトを新しく交換しないと 履けるようにはなりません
今回はオーナー様ご指定のソールと組み合わせて フルリフレッシュさせて頂きました

こちらがAfterです

めちゃカッコいい! 似合いますね!

ウェルトは同じく スリットウェルト(ダミーステッチ有)に交換し
ウェルト上部にはギザギザ模様も入れて なるべくオリジナルに近い雰囲気にしています
オーナー様よりご指名頂きましたリッジウェイソールでソールも一新です
今回もミッドソールは レザーで3.5ミリを使用
履き始めは返りが硬く感じられるかもしれませんが リッジウェイソールのラバー質は柔らかめの為 馴染んできたら快適なソール仕様だと思います

以前のレザーソールよりも使い勝手は良くなったと思いますので
またガシガシと履いてあげて下さい

この度は大手術のご依頼ありがとうございました!



今回の修理
リウェルト(スリットウェルト)  ¥12,000 +TAX
リッジウェイソール  ¥14,000 +TAX
レザーミッドソール   ¥2,000 +TAX

納期 約3週間


大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-05-16 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× Vib#2055 + 丸洗い

【 12/30(水) ~ 2021年 1/5(火) 年末年始休業です 】
※年内最終営業日は 12/29(火) 
 年始営業再開日は 1/6(水)です ( 1/7(木)は営業します )

【 当店の新型コロナウイルス感染症対策 】

こんにちは! 山本です

昨日今日と暑さに耐えきれず Tシャツで一日過ごしました
身軽になって動きやすさを感じるのですが
5月からTシャツ1枚になって 夏場が乗り切れるのか不安です

と毎年言っているように思います


本日のご紹介はAlden(オールデン) カーフのVチップです
今回は新潟県のオーナー様よりご依頼頂きました
前回に引き続き今回も複数足でのご依頼ありがとうございます!
こちらがBeforeです

約20年ほど前に購入されて 当時首都圏で営業の相棒として頑張ってくれていた思い出のオールデンVチップ
酷使した後 新潟に移られてから15年ほど保管したままだったそうですが
この度 再び【靴熱】がメラメラと復活し メンテすればまた履けるかな? とご相談頂きました

ソールのコンディションは重症でしたが
ウェルトはギリギリ再利用可能でセーフ
何よりアッパーは目立ったキズもなく その頃から大切に履かれていた事が良く分かる めちゃくちゃ綺麗なコンディションでした

今回はこちらのVチップを雪の多い新潟県でも使えるように との事で
耐久性とグリップに優れたVib#2055 ソールで交換させて頂く事になりました

それと長年保管したままで 少しカビの心配もあったので丸洗いでリフレッシュと 酷使したままの靴中 カウンターライニングも補修させて頂きました

こちらがAfterです

完成です!
NEWソールを纏い 復活しました
モディファイドラストの独特なウエストのくびれ
アシンメトリーなヒールと ソールエッジの爪 等 オリジナルの雰囲気を崩さないよう仕上げています
履いていなかったことで乾燥していたアッパーも 丸洗いで一度繊維の緊張をほぐし 乾燥後しっかりと保湿ケアをした事で 柔らかな手触りも復活です

これで気になる箇所はメンテ出来ましたので これからまたたくさん履いて頂けると思います
奥様に新しい靴が増えたんじゃないかと怒られていないか陰ながら心配しております (笑)

またメンテナンスが必要になった際にはご相談下さい

今回も遠方より修理のご依頼ありがとうございました!



今回の修理
Vib(ビブラム)#2055 オールソール  ¥12,000 +TAX
カウンターライニング補修   ¥3,000 +TAX
丸洗い  ¥3,000 +TAX

納期 約2週間~3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-05-03 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)× ダイナイトソール(ダブルソール)

【 12/30(水) ~ 2021年 1/5(火) 年末年始休業です 】
※年内最終営業日は 12/29(火) 
 年始営業再開日は 1/6(水)です ( 1/7(木)は営業します )

【 当店の新型コロナウイルス感染症対策 】

こんにちは! 山本です

個人事業主としては先行き不透明で不安な毎日が続きます。。。
毎日ニュースをチェックしていますが 一日でも早く収束して平穏に戻る為には休業も考えないとなぁ。。。 でも生活かかってるしなぁ。。。
と昨日の休みは娘と家の中でブロック遊びをしながらずっと考えていました

まぁ 弱気になっているわけではないのでご安心下さい(笑)
どうなるか どうするか を悩んでいます
「お預かりした靴をきっちりと修理してお返しする」ことは変わりありませんので ご相談だけでもお待ちしております


本日のご相談は今年の春も人気です Alden(オールデン)990です
今回は大阪市内にお住いのオーナー様にお持込み頂きました
遠方よりありがとうございます!
こちらがBeforeです

トップリフトは修理歴がありましたが ソールには大きな穴が!。。。
「そんなに履いてないのになぁ。。。」とオーナー様は残念がってらっしゃいました
ソールを良く見ると 一度水に濡れて履いたことがあるようでしたので
それが致命傷になったかもしれませんね とお伝えしました

今回はオーナー様が他にお持ちの靴についているダイナイトソールを気に入られており
こちらのオールデンに似合うよう ダイナイトソールとミッドソールの組み合わせで交換させて頂く事になりました
こちらがAfterです

復活でございます
どっしりとした雰囲気を残しつつ
アウトソール(ヒールも)はラバーで耐久性とグリップがグンとアップです


ただラバーソールのデメリットである【修理後の野暮ったさ】をいかに消すか
これ 最近の個人的な修理テーマなんです

パッと見でのっぺらぼうに見えるから野暮ったく見えると思うので
ソールエッジはオリジナルのレザーソールと同じく 両爪仕上げ
ヒール周りのギザギザ模様(シートウィールって言います)だったりと
チョットだけ拘って カッコよく仕上げてみました

機能性が戻るのは修理後なら当然かと思いますが
どうせならその靴の持つ魅力を最大限に引き出せるよう細かな部分も工夫して
【修理後もカッコいい いや もっとカッコよくなった】 という修理を
これからも追及したいと思ってます

次はトップリフト交換で再会しましょう!
この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!


今回の修理
ダイナイトソール オールソール ¥13,000 +TAX
レザーミッドソール  ¥2,000 +TAX

納期 約2週間~3週間


大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-04-17 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden