Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

SCOTCH GRAIN (スコッチグレイン)× ベイカーレザーオールソール + ウェルト黒染め

【 3月の定休日のお知らせ 】

こんにちは! 山本です

J.R.(レンデンバッハ)レザーソール
少しストック増えました!

メーカー廃業により 在庫限りで取り扱い終了予定
とインフォメーション後も
ハイペースでご依頼頂いており 在庫も減少していましたが
この度 もう少し手配する事が出来ました


まぁ。。。 後数か月は大丈夫かと予想していますが
あくまでも予想で 【在庫が無くなり次第終了】は変わりません

お悩みの方は是非! お早めにご依頼お願い致します






本日のご紹介はSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回は西宮市にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
いつも修理のご依頼ありがとうございます!


こちらがBeforeです

靴好きな方特有のコンディションです
【ソールに穴が開くほど履いているのに アッパーがとても綺麗】

大切に履かれていたスコッチグレインですが
オリジナルのレザーソールに ついに穴が開いてしまい
今回ソール交換にてご依頼頂きました

ソールの素材はレザーソール一択でしたので
素材を色々とご覧頂き 打合せの結果

この様に修理させて頂きました


こちらがAfterです

完成です!

NEWソールでビシッと復活しました!

今回のリペアテーマは【イギリス靴の高級感を】でした

という事でチョイスして頂いたソールは
J&F J Baker(ベイカー)レザーソール
イギリスの最高級レザーソールです
紛れもなく世界トップクラスの一品

オークバークレザーソールの二大ツートップは
【J Baker(ベイカー)ソール】 と【J.レンデンバッハ ソール】

(余談ですが どちらのソールも加工前の素材状態では独特なニオイがします
獣臭というか。。。 始めは慣れませんでしたが 今では結構好きです)


今回オーナー様も即決でした
レザーソール愛好家の方には一度試して頂きたいソールです
染料を使って仕上げますが オークバークレザー特有のムラ感が出ます
特に今回のようなブラウン系だと分かりやすいですね

逆にイタリアやベルギーレザーソールはムラが出にくい印象です
ナンデでしょうね?


今回もう一つご依頼頂いた点が【ウェルトの黒染め】
スコッチグレインやオールデンなどで時々見かける
黒アッパーに明るめトーンのウェルト仕様
【アンティークエッジ】等と言われていますが

ソール交換のタイミングに「黒くして欲しい」とのご依頼が結構あります

仕事で使うにはカジュアルさが気になる というのが大半の理由です
ケア(靴磨き)時もやや面倒ですしね。。。

今回もソール取り外し後 ウェルト上面を黒く染め変えさせて頂きました

ガラッと印象が変わったのはそのせいです


お届け後 綺麗に修理してくれてありがとうと
お電話まで頂き嬉しくホッとしました

またカッコよく履いてあげて下さい!
今回も修理のご依頼ありがとうございました!





今回の修理
J Baker(ベイカー)レザーオールソール  ¥19,800
(オープンチャネル)
ビンテージトゥスチール  ¥3,850
ウェルト黒染め   ¥1,100


納期 約4週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せください

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2022-03-16 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN