SCOTCH GRAIN

【祝!4周年!】 SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × Vib#2055

こんにちは! 山本です

本日でLABOは4周年を迎えました! パチパチ!

無事に4年続けれたのも お客様や取引先の皆様のおかげです

これを機会にもう一度襟を整え直して 未だ道中ですが「最高の靴修理店」を目指していきたいと思います

5年目のLABOもどうぞよろしくお願い致します!

(いつもご利用頂く常連様より 早速4周年のお祝い 頂きました いつもありがとうございます!)

 

さて気を取り直して。。。

本日のご紹介はそんな常連様も大好きな SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

今回は西宮市にお住いのオーナー様にお持込み頂きました

こちらがBeforeです

フロント・サイドショット共に お疲れ感がにじみ出ています。。。

修理歴はありませんでしたが オリジナルのソールの中央部分は穴が開く寸前で 押すとペコペコでした

今回はオーナー様より「この靴にはまだまだ頑張って欲しいので ソールはラバーで耐久性重視で交換を」とご依頼を頂きました

反り上がってしまった靴でも当店ではソール交換時 近い木型(ラスト)を入れ交換作業をしていますので 新品時に近いシルエットで復活が可能です

こちらがAfterです

スラっとシャープなシルエットで復活完了です

ソールは定番のVib(ビブラム)#2055ソールで 耐久性とグリップはレザーソールとは格段の違いを実感出来ます

元々ソールエッジはブラウン系のアンティークフィニッシュでしたので オールブラック仕様より少し遊び心を感じます

またお仕事のサポート役として活躍してくれることを願っています

この度はありがとうございました!

 

今回の修理

Vib(ビブラム)#2055 オールソール ¥10000 +TAX

納期 約2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2018-08-01 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × レザーオールソール(ベルギーレザー)

こんにちは! 山本です

本日は春分の日でしたが あいにく雨風の強い一日でした。。。

春が待ち遠しいですね!

 

本日のご紹介は当店ではリーガルよりもお預かりが多い SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

今回は西宮市にお住いのオーナー様よりご依頼を頂きました

こちらがBeforeです

ソールには大きな穴が。。。 

アッパーもかさつき どこかくたびれた様子です

聞けば最近はあまり手入れをされていなかったようです

今回はオーナー様と打合せをさせて頂き  ソールはベルギーレザーをチョイスして頂きました

こちらがAfterです

シャキッと完成です

ソール交換時はフィラーと呼ばれるクッション材(スコッチグレインは白いスポンジですが 大概の靴はコルクです)も全交換する為

靴の「姿勢」はもちろん 履き心地も回復します 

今回オーナー様と打ち合わせ時に 「つま先のすり減りも気になるので 元々と同じように組込めますか?」とご相談頂きましたので

トゥラバーも似た雰囲気で組込みしております

また活躍してくれることを期待しています!

ありがとうございました!

 

今回の修理

レザーオールソール(ベルギーレザー/オープンチャネル) ¥13000 +TAX

【オプション】トゥラバー  ¥2000 +TAX

納期 約2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2018-03-21 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × J.R.レザーオールソール + トライアンフトゥスチール

こんにちは! 山本です

今日は祝日の為木曜日ですが営業していました

「ブログ見たら今日営業って書いてたからちょうどよかった!」と言って頂けたのは嬉しかったです

ブログって書いてる側は 「読んでもらっている」感がないんですよね。。。(笑)

 

本日のご紹介は当店でのお預かり量はREGALを上回る SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

今回は岐阜県のオーナー様よりご依頼を頂きました ありがとうございます!

こちらがBefore

当初オーナー様より「つま先のラバーの交換でいけるかな?」とご相談頂きましたが

「つま先どころかソールの真ん中 穴が開いてますよ!」とソール交換をお勧めさせて頂きました

オーナー様はソールに穴が開いているとは知らず履かれていたようです

スコッチグレインの靴はコルクの代わりに白いスポンジを使っていますので ソール中央に白い層が見えた時がソール交換のベストタイミングです

今回はオーナー様と電話にて打合せさせて頂き「どうせ修理するならカッコよくて丈夫な仕様で」とご依頼を頂きました

こちらがAfterです

背筋に一本筋が通ったような 凛とした雰囲気に復活しました

ソールの素材はレザーのままで 耐久性と防水性に優れたJ.R.レザーソールを使用し

ソール交換後真っ先にすり減るであろうつま先部分には トライアンフトゥスチールを組込みです

擦れて穴が開いてしまっていたカウンターライニング(靴中かかと裏)も同時に補修させて頂きました。

これでまた活躍間違いなしですね!

この度は遠方より修理依頼を頂きありがとうございました!

 

今回の修理

J.R.レザーオールソール (オープンチャネル) ¥15000 +TAX

トライアンフトゥスチール  ¥4000 +TAX

カウンターライニング補修(左右)  ¥3000 +TAX

納期 約2週間~3週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

 

2017-11-23 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × リッジウェイソール

こんにちは! 山本です

3連休だというのに 台風18号の列島横断(縦断?)で 人気もまばらですね

明日には近畿地方に最接近するようなので 皆様もどうかお気を付け下さい!

 

本日のご紹介は 大人気 SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

今回は宮城県仙台市より修理のご依頼頂きました! いつもありがとうございます!

こちらがBefore

スコッチグレインオリジナルの 【SGソール】モデルです

同じくスコッチグレインの【アクトソール】というモデル(ソール)もありますが

恐らく英国製リッジウェイソールを模倣したソールデザインで

ソール中央に集まったパターンがグリップを生み出す どちらも定番中の定番ソールです

今回はオーナー様より「 以前リッジウェイソールに交換してもらったスコッチグレインが 軽くてクッション性もあり とても履きやすいので

この靴も同じ仕様でソール交換を  それとインソールがボロボロなので交換を」とご依頼頂きました

確かにSGソールの見た目デザインはリッジウェイソールによく似ていますが

ラバーの材質や密度の違いにより SGソールの方が重くて硬いです

確かに一日中歩き回るのであれば もう少しクッション性のあるソールの方が良いでしょうね

 今回もこの様に変身致しました

こちらがAfterです

あまり靴底に興味の無い方にはなんのこっちゃな修理でしょうね(笑)

ソールはご指名頂きました【リッジウェイソール】 今回はシングルソール仕様です

ソールパターンはアウトステッチがかけれるギリギリのサイズをチョイスして

安定感を生み出し ステッチの擦り切れ予防にも一役買っています

ラバー質はリッジウェイソールの方が柔らかく クッション性は格段に良くなりました

素材が合皮だったインソールは ライニングに馴染みそうな革で新しく作製しましたので

これでまた気持ち良く履いて頂けると思います!

いつも遠方より修理依頼を頂きありがとうございます!

 

今回の修理

リッジウェイソール オールソール  ¥13000 +TAX

納期 約2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

 

2017-09-16 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × Vib#2055

こんにちは! 山本です

9月に入って朝晩特に涼しくなりましたね

帰りの自転車で肌寒さと同時に秋を感じています

季節の変わり目は体調を崩しやすいので 皆様もお気を付けください!

 

本日のご紹介は SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) です

今回は東京都よりご依頼頂きました! ありがとうございます!

こちらがBefore

安心安定の品質を誇るSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)

ただひとつ弱点があるとすれば 「オリジナルのレザーソールは わりと早めに穴が開く」。。。

今回はオーナー様より事前にメールである程度打合せをさせて頂きましたので

現物到着後 再度確認のみさせて頂き 作業に取り掛かりました

今回はオーナー様より「もう少しソールを厚くしてガシガシ履ける仕様に」とご依頼頂きました

こちらがAfterです

なかなかのボリューム感を纏い復活です

通常ダブルソールの場合は歩行性と見た目を重視して ダイナイトソール+レザーミッドソールをお勧めしておりますが

耐久性重視のダブルソールとなれば こちらのVib(ビブラム)#2055 ソール+レザーミッドソールになります

重量的にもずっしりとしますが 平均的な靴のサイズ(体格)でしたら使用に問題はないと思います。

この組み合わせから野暮ったさを引き算するなら スペードソール仕様(ソールの前半分のみミッドソール)をお勧めします

返却後オーナー様より「クッション性も向上したのでまたガシガシ履けそうです」とご感想頂き ありがとうございました

またお仕事のパートナーとして活躍してくれることを楽しみにしています

この度は遠方より修理依頼を頂きありがとうございました!

 

今回の修理

Vib(ビブラム)#2055  オールソール  ¥10000 +TAX

レザーミッドソール(3ミリ)   ¥2000 +TAX

納期 約2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

 

2017-09-03 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × J.R.レザーオールソール + 丸洗い

【 8/10(木)~ 8/17(木) 夏季休業 です 】

 

こんにちは! 山本です

今日明日明後日と台風が西日本を通過するみたいですね

当店も台風対策として店先の植木鉢を店内に避難させて帰ろうと思います

皆様くれぐれもご注意ください!

 

本日のご紹介は見ない日はないんじゃないか? な SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

今回は西宮市のオーナー様にお持込み頂きました

こちらがBefore

大雨が降った後などによくご相談頂く症状です

雨でふやけたて繊維が緩くなった状態で 長時間歩いて 気が付くと ソールに穴が。。。

と 翌朝ふと見るとつま先がボコボコに。。。

ご安心下さい きちんと直りますよ!

オーナー様には原因と経緯を説明し 修理方法を打合せさせて頂きました

こちらがAfterです

ビシッと完成です

ソールを外し 丸洗いにて ボコボコの原因である 【固まった塩分】をゆっくりと溶かし

優しく丁寧に洗い流して新品のようにつるっとしたコンディションへ戻し

その後ソールを新たに組み直ししました

レザーソールの素材は オーナー様との打ち合わせで 「仕事でガンガン履くので 耐久性と耐水性に優れたJ.R.ソールで」と決まりました

塩吹き現象への対策としては 「黒い靴だから防水スプレーは振らない」のではなく

革の内部まで浸透しないよう普段からケアをする事です

防水スプレーの種類にもよりますが 吹き付けてすぐに効果が出るものと 30分ほどしてから効果が出るものと 色々ありますので

今日は雨が降るかも?な朝には振っておいた方が賢明だと思います

また気持ちよく履いて頂けると嬉しいです

ありがとうございました!

 

今回の修理

J.R.レザーオールソール (オープンチャネル) ¥15000 +TAX

丸洗い (短靴)  ¥3000 +TAX

納期 約2週間~3週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

 

2017-08-06 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN (スコッチグレイン) × J.R.レザーオールソール

皆様こんにちは!

池田でございます!

こんな暑い日は仕事終わりの一杯が待ち遠しく感じますね!

以前はビール派でしたが 最近はもっぱらチューハイ派です!

さっぱりとした飲み口で スポーツドリンクのようにグイグイといってしまいますね!(笑)

皆様はいかがでしょうか?

さて 本日のご紹介は大人気シューズメーカースコッチグレインです!

こちらがBefore

靴本体はしっかりとケアがされており 綺麗な状態ですが ソールは穴が開いてしまっていますので

即刻ソール交換をお勧め致します。

今回はリピーターのオーナー様より「いつもの感じで」とご要望を頂きました。

オーナー様定番の仕様でJ.R.レザーソール(オープンチャネル)にてソール交換をさせて頂きました。

かかとの履き口部分が擦れヒールカウンター(ヒール芯材)がむき出しになっていますのでこちらもご一緒に補修させて頂きました。

こちらがAfterです

見事復活です!

J.R.レザーソールは耐久性に優れているのはもちろんのこと レザーの中では水にも強いので高級感を維持しつつ

ハードに履きたい方にはかなりオススメなソールです!

これでまたガシガシと履いて頂けると幸いです!

ありがとうございました!

 

今回の修理

J.R.レザーオールソール (オープンチャネル) ¥15000+TAX

カウンターライニング補修 ¥3000+TAX

納期2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2017-07-23 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × Vib#2055

こんにちは! 山本です

本日のご紹介もSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

もはやスコッチグレイン祭りです。。。

こちらがBefore

多少のすり傷はありましたが とても綺麗に履かれているスコッチグレインでした

ですが オリジナルのレザーソールは早くも穴が開いてしまい オーナー様にお持込み頂きました

今回の打合せは まず 【レザーソールに拘るのか?】 から始まり

オーナー様はレザーソールに拘りはなく 耐久性を優先してソール交換をご希望でしたので

耐久性・グリップに優れた Vib(ビブラム)#2055 ソールをお勧めさせて頂きました

(お仕事でヘビーに履かれるのであれば 当店ではこちらのソールを大プッシュしております)

 

その結果がこちらのAfterです

見違えるほどカッコよくなりましたね(笑)

普段あまりお手入れをされていないそうでしたので しっかりとクリームを浸透させてケアをさせて頂きました

質感に差が出る程度だけ トゥにポリッシュをかけて完成です

これで当分はすり減りも天候も気にせず履いて頂けると思います

次回はトップリフトの交換でお待ちしておりますね!

ありがとうございました!

 

今回の修理

Vib(ビブラム)#2055 オールソール  ¥10000 +TAX

納期 約2週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

 

2017-07-11 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × J.R.レザーオールソール + カウンターライニング補修

こんにちは! 山本です

夕方からの雨でまた湿度がすごいことになりましたね

仕上がったトゥスチールの表面が錆びないか 毎日のように心配です。。。

 

本日のご紹介もSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です!

今回はお隣の西宮市よりオーナー様にお持込み頂きました

こちらがBefore

今回がファーストリペアでしたが トップリフトが交換時期を迎える前にレザーソールに穴が開いてしまいました

オリジナルのレザーソールが耐久性に乏しいのは スコッチグレインのマイナスポイントでしょうか。。。

今回はオーナー様より「ソールの交換と かかと裏の破れ補修と つま先のボコボコ何とかなりませんか?」

とご依頼頂きました

ソールの種類は「耐久性重視」のJ.R.レザーソールをチョイス頂き

つま先のボコボコに関しては 元々革に含まれている塩分や足の汗から出た塩分が 革の表面上で固まって結晶化しているのが原因です

今回はそれほど重症ではなかった為 サービスで出来る範囲で塩抜きをする事になりました

こちらがAfterです

 

姿勢が正されたようにシャキッとしました!

ソールカラーは元々に近いカラーで着色して トップリフトも元々と同じく10ミリ厚のビブラムリフトをチョイス

Before写真撮り忘れですが 靴中のかかと裏のライニングも補修して また気持ち良く履いて頂けると思います

気になっていたつま先のボコボコは大方除去出来たので 少しポリッシュをかけて化粧直しです

これで当分は気にせずガンガンと履いて頂けます

ありがとうございました!

 

今回の修理

J.R.レザーオールソール (オープンチャネル) ¥15000 +TAX

カウンターライニング補修  ¥3000 +TAX

納期 約2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2017-07-09 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN (スコッチグレイン) × ダイナイトソール

皆様こんにちは!

池田でございます!

あいにくな天気ですが 皆様どの様にお過ごしでしょうか?

本日のご紹介は当店ブログの登場頻度が高いスコッチグレインです!

こちらがBefore

 

 

かなりくたびれています。

今回のオーナー様は以前同じスコッチグレインでリッジウェイソールにソール交換して頂いた方で

今回も機能性を考えてラバソールに変更ですが 「折角なので違うラバーソールで履き比べたい」と要望をいただきました。

リッジウェイソールに並び代表的なソールという事で 今回はダイナイトソールに少しボリュームを持たせた仕様でソール交換を致しました。

こちらがAfterです

見事復活です!

ダイナイトソールにボリュームアップさせるために今回はレザーミッドソール(3ミリ)を追加したことで

クッション性も上がり ハードに履かれる方にはオススメな仕様となります。

履きジワ部分がぱっくりと裂けてしまっていましたが 見た目が気になるという事だったので目立ちにくく補修しております。

オーナー様にもご説明させて頂いていますが どうしても屈曲する部分なのでまた開いてくる可能性が高いです。

こうなる前に是非ともお気に入りの靴にはシューツリーを入れて保管する事と普段から保湿性の高いクリームでケアする事をお勧め致します。

これでまたガシガシと履いて頂けると幸いです!

ありがとうございました!

 

今回の修理

ダイナイトソール オールソール ¥12000+TAX

レザーミッドソール(3ミリ) ¥2000+TAX

キズ補修 ¥2000+TAX

納期2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

 

2017-07-05 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × リッジウェイソール + ウェルト染め直し

こんにちは! 山本です

早いものでちょうど1年の半分が終わりました! めちゃくちゃ早いです。。。

日々工房内でたくさんの靴を修理していると 時間があっという間に過ぎています

こうやってあっという間に立派なおじさんになっていくのでしょうね。。。

ご依頼が頂けるという事は その分喜んで頂けるチャンスがあるという事だと思いますので

2017年後半も気を引き締めて邁進したいと思います

 

本日のご紹介は 連日(?)の登場 SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

最近はお預かりさせて頂きました靴の半数はスコッチグレインじゃないか?と思うほど大人気です

こちらがBefore

オールデンでも見かける 「アンティークエッジ」仕様のスコッチグレインです

レザー素材をかすれた感じで仕上げる事で ウッディな雰囲気になりますね

今回はオーナー様より「ソールを雨の日用にラバーソールへ交換と ビジネスで履くにはカジュアル感が強すぎるのでなんとかなりませんか?」

とご依頼頂きました

確かにスーツに合わせると 足元がやや浮いて見えてしまうかも。。。ですね

でもお任せください!  今回の場合は何とかなりますよ!

色々とラバーソールの種類を見比べて頂き この様に変身しました

こちらがAfterです

当然ながらアッパーは全く変わっていませんが

ウェルトから下を変えただけでガラリと雰囲気が変わりましたね!

オーナー様が気にされていた「ウェルトの色」ですが 今回はスムースの黒いアッパーレザーでしたので

部分的に染め直す事が可能でした (ウェルトの染め直しについては 濃→薄は出来ません アッパーの素材と色味によってはお断りさせて頂きます。)

ソールは 雨の日でも気にせず履いて頂けるよう グリップと耐久性と見た目のシャープさを兼ねそろえた リッジウェイソールをチョイス

ソールパターンは当店の得意仕様で アウトステッチギリギリまでパターンを攻めて 安定感と迫力を

これで雨の日も足元を気にすることなく履いて頂けますね

ありがとうございました!

 

今回の修理

リッジウェイソール オールソール  ¥13000 +TAX

(※オプション ウェルト染め直し  + ¥2000 +TAX)

納期 約2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2017-06-30 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × リッジウェイソール

皆様こんにちは!

池田でございます!

本日の紹介は前日に引き続きスコッチグレインです!

こちらがBefore

履き込まれている状態です。

レザーソールの中央部分が薄くなり 指で押すと凹んでしまいます。

こうなるとソールに穴が開くのも時間の問題なので ソール交換をお勧め致しました。

今回はオーナー様より「耐久性があり 実用性の高いラバーソールに交換したい」とご要望を頂きました。

当店では人気が高い ダイナイトソール・リッジウェイソールを提案させて頂いたところ着用時の見た目の

スマートさからリッジウェイソールを選択して頂きました。

こちらがAfterです

見事完成です!

リッジウェイソールはブロックパターンを中央にまとめてある為 アウトステッチが切れにくいというメリットがありますが 

その分安定感にかけるというデメリットもあります。

デメリットを解消する為にブロックパターンをアウトステッチギリギリまで広げ安定感を保ちながらソール交換を致します。

これでまたガシガシと履いて頂けると幸いです!

ありがとうございました!

 

今回の修理

リッジウェイソール オールソール ¥13000+TAX

納期2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

 

2017-06-27 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × J.R.レザーオールソール + カウンターライニング補修

皆様こんにちは!

久し振りの登場 池田でございます!

本日のご紹介は驚異のコスパを誇る スコッチグレインです!

サラリーマンを中心にとても人気があり 当店でも修理依頼がとても多いブランドの一つです!

こちらがBefore

 

 

かなりくたびれた状態です。

レザーソールの中央部分がかなり薄くなっており 穴が開いてしまう寸前でしたので ソール交換をお勧め致しました。

カウンターライニングも擦れて穴が開いてしまっていますので 一緒に補修させて頂きました。

このままで履き続けると ヒールカウンター(ヒール部分の芯材)の変形の原因にもなりますので 早急に補修をお勧め致します。

今回はレザーソールで一番耐久性があり 耐水性にも優れているJ.R.レザーソールを使用してソール交換をさせて頂きました。

こちらがAfterです

見事に復活です!

ソールカラーはアンティークブラウンで仕上げており かなり高級感が増したように見えます!

カウンターライニングも見た目にも綺麗になり 気持ちよく履いて頂けると思います!

これでまたガシガシと履いて頂けると幸いです!

ありがとうございました!

 

今回の修理

J.R.レザーオールソール(オープンチャネル) ¥15000+TAX

カウンターライニング補修 ¥3000+TAX

納期2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください。

2017-06-26 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × Vib#2055 + カウンターライニング補修

こんにちは! 山本です

ここ1週間ほど 目が回るほどの忙しさで Blog更新が滞ってしまいました。。。 反省。。。

 

本日のご紹介は 当店でのお預かり率はREGALを超えた(?)SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

いつも配送にてご依頼頂く 高知県のオーナー様よりお預かりさせて頂きました

こちらがBefore

 

お仕事で酷使され ずいぶんとお疲れなご様子です

オリジナルのレザーソールはハーフラバーで補強されていたようですが 土踏まず部分の劣化ひび割れが気になるので

ソールをラバーソールで交換と かかと裏のカウンターライニングが破れ 右足はカウンターまで欠けてしまっているので何とか修理を

とご依頼頂きました

こちらのオーナー様には今まで何度か交換させて頂いた 耐久性・グリップ抜群のVib(ビブラム)#2055ソールをチョイス頂き

カウンターの欠けに関しては レザーソールに使うレザー素材を薄く加工したもので補修後 カウンターライニングを補修させて頂く事になりました

 

こちらがAfterです

完成です!

これで雨の多い高知県でも活躍してくれることでしょう!

お預かり時少し「塩吹き」が見られ 革の表面がボコボコとしていましたが

今回はサービスの範囲で処置し ほとんど分からなく出来ました

せっかくのプレーンデザインですので トゥとヒールカップは サービスポリッシュをかけて

グッと色気が出ました

またお仕事のパートナーとしてたくさん履いて頂けると嬉しいです

今回もありがとうございました!

 

今回の修理

Vib(ビブラム)#2055 オールソール ¥10000 +TAX

カウンター補修(1カ所) ¥1000 +TAX (状況により変動します)

カウンターライニング補修  ¥3000 +TAX

 納期 約2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

2017-06-18 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × Vib#2055 + カウンターライニング補修

こんにちは! 山本です

GW中にお預かりした分もほぼ修理完了し 少し余裕が出来てきました

お急ぎのご依頼にも出来る限り対応致しますので 是非お声かけ下さい!

 

本日のご紹介は足元にも気を配るビジネスマンには定番 SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

(私個人的にもとても好きなブランドです コスパ・製法・仕様マテリアル(素材)etc 。。。

毎日スーツを着て仕事するならスコッチグレインはローテーションには欠かせないポジションになるでしょう)

こちらがBefore

大きな型崩れはないものの ソールのすり減りはギリギリアウト(?笑)なコンディションでした

オーナー様も「すっかり履きっぱなしで 気づいたらこんな状態でした。。。」との事

でもご安心下さい しっかりと直ります!

よく歩かれるそうで 今回は耐久性とグリップに優れた 定番中の定番 Vib#2055 ソールをお勧めさせて頂きました

後 気になる箇所が カウンターライニング(靴中のかかと裏地)の破れ

ここは毎回擦れる事で遅かれ早かれ破れてしまいます

放っておくとカウンター(かかと芯)まで割れてしまい ホールド感もなくなり フニャフニャなシルエットになってしまうので

ここは靴の為に早めに補修してあげるべきだと思います

今回は説明させて頂き ソール交換と同時に補修でご依頼頂きました

こちらがAfterです

ビシッと復活しました!

つま先はウェルトまで擦れていましたが すこーしだけ革を継ぎ足し 厚みを調整しています

オリジナルの軽量ラバーソールに比べると重量はアップしましたが 耐久性とグリップは間違いなくアップです

またお仕事中の足元のパートナーとして活躍してくれると嬉しいです

次回はトップリフトの交換で再会しましょう

ありがとうございました! 

 

今回の修理

Vib(ビブラム)#2055 オールソール  ¥10000 +TAX

カウンターライニング補修(左右)  ¥3000 +TAX

納期 約2週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

2017-05-17 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × JRレザーオールソール

皆様こんにちは!

池田でございます!

本日のご紹介は驚異のコスパでお馴染みスコッチグレインです!

こちらがBefore

かなり履き込まれソールに穴が開き つま先部分も削れてしまっています。

ソールの穴が開いてしまった部分をよく見るとスポンジが見えます!

そうなんです!スコッチグレインはフィラーにコルクを使わず スポンジを使用しています。

その為 足馴染みが良く 快適な履き心地を実現してくれます。

しかし 柔らかいスポンジの影響で中底が沈み過ぎてしまい 沈み込みが激しい部分が押し出され

ソールに穴が開いてしまいます。

スコッチグレインの場合 足に馴染んだ頃合いでソールに穴が開く前に一度早期のソール交換をお勧めいたします。

今回のオーナー様より「すぐにソールに穴が開いてしまったので 丈夫なレザーソールに変えてほしい」とご依頼頂きましたので

今回はジョン・レンデンバッハソールことJRレザーソールに交換させて頂きました。

こちらがAfterです

見事復活です!

靴全体的にくたびれていましたが ソール交換時に靴本来の形に補正しながら組み立てるので

ピシッと仕上がります!

ソールカラーはライトブラウンを選んで頂き以前より 高級感が増したように思います!

これでまたガシガシと履いて頂けると幸いです!

ありがとうございました!

 

今回の修理

JRレザーオールソール (オープンチャネル) ¥15000+TAX

納期2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい。

2017-04-25 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × Vib#2055

こんにちは! 山本です

昨日は定休日を頂き 資材の買い出しに大阪は難波まで行ってきました

普段ほとんど人込みに遭遇する事はないので(笑) それに疲れました。。。

ですが気分転換になったので 疲れたけど充実した休日でした!

来週は同じく難波で講習会があるので こちらはしっかりと勉強してきたいと思います

 

本日のご紹介は日本が誇るウェルテッドシューズに拘ったSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

今回は以前修理のご依頼を頂いた神戸市にお住いのオーナー様より 配送にて再度ご依頼頂きました

ありがとうございます!

こちらがBefore

スコッチグレインと言えば ビジネスマンに絶大な人気を誇る「本格靴」ですが

何がいいかと 靴修理屋としてお答えできるのは 「アッパーレザーの良さ」と「製法」に尽きます

日々お仕事のパートナーとして酷使される革靴 

求められるものは 「ケアやメンテナンスをすれば長く履ける」ことではないでしょうか?

靴底は歩けばすり減っていきます 

素材の性能にもよりますが 全く減らない靴底は残念ながらありません

ここは消耗品として割り切って頂くしかありませんし 消耗品だからこそ我々靴修理業が成り立ちます。。。

ですが靴底がすり減ったから買い替えると かなりの出費になってしまいます

ここで「製法」の良さが登場で スコッチグレインは「靴底を交換しながら長く履き続けれる製法」を採用しています

そして靴底を交換しながらでも ケアをすればしっかりと応えてくれるアッパーレザーも採用されている

アッパーレザーは交換出来るパーツではなく「靴本体」ですので ここの耐久性はかなり重要だと思います

今回お預かりさせて頂きましたスコッチグレインも オーナー様曰く「全然手入れをしていない。。。」そうでしたが

この様に復活してくれました

こちらがAfterです

見違えるほど凛々しくなりましたね!

ソールは耐久性とグリップに優れたVib(ビブラム)#2055  

ソールステッチはレザーソールのオープンチャネルと同じ要領でチャネルステッチを施しています

当分はソールの剥がれを気にすることなく履いて頂けます

アッパーレザーはステインリムーバー → デリケートクリーム → M.モゥヴレイ クリームナチュラーレ(乳化性クリーム)

で集中ケアで しっとりかつ艶やかに磨き直して完成です

またお仕事のパートナーとして活躍してもらえるでしょう!

この度もありがとうございました!

 

今回の修理

Vib(ビブラム)#2055 オールソール  ¥10000 +TAX

納期 約2週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

 

 

2017-04-07 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × ダイナイトソール

こんにちは! 山本です

いやぁ 寒い! さっきも一時的に吹雪いていました。。。

本当に寒い。。。

 

本日のご紹介は京都府よりご依頼頂きましたSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

こちらがBefore

こちらの靴は以前に一度メーカー純正修理でソール交換されたそうで 今回が2度目となります

2度目のソール交換にしては とても綺麗に履かれていました

今回はオーナー様より英国製ソール代表 「ダイナイトソールでソール交換を」 とご依頼頂きました

お仕事で日常的に履かれるのであれば レザーソールよりラバーソールの方が気を遣わずに済むので

当店では非常に多いご依頼です 

こちらがAfterです

Vib#2055ソールに比べ 厚みが薄い為 ラバーソール特有の「野暮ったさ」を解消しつつ

耐久性とグリップをアップさせる事が出来ます

スコッチグレインのレザーソールの靴はソールのエッジが少し丸みを帯びていますので 

今回もダイナイトソールのエッジはすこーしだけ丸みを出すよう仕上げてみました

後 お預かり時 トゥ付近の革の表面にボコボコと少し塩吹きが見られましたので 以前スタッフ池田がご紹介していた

ティッシュペーパー作戦を応用してボコボコを消しておきました!(今回はサービスの範囲です)

これからは多少濡れた路面も気にすることなく履いて頂けますね!

この度は遠方より修理依頼を頂きありがとうございました!

 

今回の修理

ダイナイトソール オールソール  ¥12000 +TAX

納期 約2週間~3週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

2017-01-23 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × レザーオールソール + 丸洗い

こんにちは!

本日のご紹介はお預かりさせて頂く機会がとても多い SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

こちらがBefore

2016-03-30 10.19.47

2016-03-30 10.20.04

2016-03-30 10.20.36

2016-03-30 10.20.42

2016-03-30 10.21.15

2016-03-30 10.21.33

2016-03-30 10.20.19

オンビジネスには大活躍しそうな シンプルなストレートチップです

今回オーナー様にお持込頂き 「ソールがちょうど裂けてしまったのでソール交換と つま先のブツブツが気になる、、、」との事でした

ソールは問題なく交換出来るコンディションでしたが

アッパー(特につま先部分)全体に発生した「塩吹き」 は磨いた程度では解消出来そうにない状態でした

「塩吹き」の原因は 原皮時に塩漬けされていた時の塩分や足の汗に含まれる塩分が 吸湿と乾燥を繰り返し

少しずつ表面に現れてきた現象です

今回はソール交換と同時にご依頼頂きましたので 元々のソールをバラした状態で丸洗いして

その後新しいソールを組み直す工程で 見た目も機能性もリフレッシュさせて頂きました

こちらがAfterです

2016-04-05 12.18.54

2016-04-05 12.19.16

2016-04-05 12.20.02

2016-04-05 12.20.12

2016-04-05 12.19.34

2016-04-05 12.20.32

2016-04-05 12.20.50

2016-04-05 12.21.05

説明不要な仕上がりです

洗い後は必要以上の油分と水分が抜けてしまうので しっかりと保湿ケアをした後 磨き直して完成です

また気持ちよく履いて頂けたらと思います!

ありがとうございました!

 

今回の修理

レザーオールソール(オープンチャネル) ¥12000 +TAX

丸洗い ¥3000 +TAX

納期 約2週間~

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理 オールソールはLABO(ラボ)にお任せください! 

2016-04-09 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) × VB#2055

こんにちは!

本日のご紹介はメイドインジャパンの良靴として定着したSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です

こちらがBefore

2016-02-22 11.31.10

2016-02-22 11.31.27

2016-02-22 11.31.51

2016-02-22 11.31.35

2016-02-22 11.31.59

2016-02-22 11.32.09

2016-02-22 11.32.24

2016-02-22 11.32.36

2016-02-22 11.33.04

こちらのタッセルローファーは 当店のオープン以来の顧客様の10年選手

オリジナルのまま大切に履かれていました(10年選手とは思えないほどアッパーはホント綺麗!)

現行のスコッチグレインとは 細かいディティールが色々と違いますね 

今回オーナー様より「ソールがペコペコになってきたので これはラバーソールへコンバージョンで」とご依頼頂きました

お聞きすると この春より東京へ赴任する事が決まったそうで 「向こうは雨が多いからね」と 初の?(今まではレザーソールばかりでした)

ラバーソールへのソール交換です

正直 ご近所の大切なお客様と疎遠になるのは寂しく その分 この靴には頑張って欲しいとの思いでソール交換させて頂きました

こちらがAfterです

2016-03-06 11.01.13

2016-03-06 11.01.32

2016-03-06 11.02.13

2016-03-06 11.01.52

2016-03-06 11.02.43

2016-03-06 11.03.10

渾身の磨き上げもあり 少しくらいの雨ならOKな仕様へコンバージョン完了です

ビブラム#2055ソールよりスマートなダイナイトソールとお悩みいただきましたが 耐久性とグリップがトップクラスの#2055をチョイス

耐久性がある分ソールの厚みが気になりますが 野暮ったさを解消するため 内外のソールウエストはラウンドエッジでご依頼頂きました

また御帰阪の際にはお立ち寄り頂けたらと思います! 

今回もありがとうございました! 東京でも頑張ってください! 

 

今回の修理

VB(ビブラム)#2055 オールソール  ¥10000 +TAX

納期 約2週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理 オールソールはLABO(ラボ)にお任せください!

2016-03-08 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN