church’s

Church’s(チャーチ)× ダイナイトソール  

【 9月より定休日が変わります 】

【 9/8 (日) 所用により臨時休業致します 】

こんにちは! 山本です
今朝起きて ダイニングテーブルで何気なく スマホの天気予報を見ると
向こう10日間ほど ずっと雲と雷のマークが綺麗に並んでいました
ホント極端な天候が続いていますが 皆様も体調崩されませんように!

本日のご紹介はChurch’s(チャーチ) の名作 SHANNON(シャノン)です
今回は埼玉県にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
こちらがBeforeです

うーん 相変わらず かなりボリューミーな靴ですね(笑)
トリッカーズのバートンや こちらのシャノン は別格の重量感です
持つとデカく重く感じますが 履くとそれほどでもないんですよね 不思議です
今回はまだそれほど履き込んでいないコンディションのシャノンをお預かりさせて頂き オーナー様より「ダイナイトソールで交換を」とご依頼頂きました
レザーソールは慣れていない方からすると 滑りやすく クッション性もないのでストレスを感じますよね

ちなみに毎日のようにレザーソールで修理させて頂いてますが。。。
私は断然ラバーソール派です(笑) 持っている靴の8割以上ラバーソールです

ちょうどシャノンには SHANNON 【R】 という純正でダイナイトソール搭載のモデルもあるので 今回はシャノンR カスタムという事で承りました
まだまだ使えるオリジナルのソールをバラすのは
毎回少々もったいない気がしますが この様に変身しました
こちらがAfterです

完成です
オリジナルでも採用されていて 違和感は全くないです
雨の日用にシャノンをお持ちのオーナー様も多いので 元々ラバーソールメインで販売すればいいのに。。。 と少し思ってしまいますね
元通りミッドソールを挟んだダブルソール仕様ですが
ダブルソールのソールエッジを平面で削りっぱなしで仕上げると どうももっさりとして野暮ったく見えるので オリジナル通り【爪コバ】という仕上げにしています
これでずいぶんと歩きやすくなり 多少の雨でも気にならない靴へ変身出来ました
これからも長く愛用して頂けると嬉しい限りです
この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!


今回の修理

ダイナイトソール オールソール  ¥13,000 +TAX
レザーミッドソール  ¥2,000 +TAX

納期 約2週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2019-08-27 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s(チャーチ)× J.R.レザーオールソール + カウンターライニング補修

こんにちは! 山本です
早い方だと今日からお盆休みのようですね
大方の企業が今年は9連休 と 昨夜テレビで言っていました
ホント羨ましい限りです(笑)

当店は 8/12(月)まで営業
8/13 ~ 8/16まで夏休みを頂きます
8/17(土)より通常通り営業です

本日のご紹介はChurch’s(チャーチ) です
今回は広島県にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
こちらがBeforeです

お父様から譲って頂いた旧チャーチ Ritz というモデル
製造されてから20年以上は経っていますが 修理歴はなく今回初の修理となりました
今回オーナー様よりご依頼頂きました内容が
①ソールが薄くなっているのでJ.R.(J.レンデンバッハ)レザーソールでオールソール
②左の履き口が伸びて革が裂けてきているので これ以上進行しないように補強

この2点が今回のご依頼でした

ビンテージ靴に多いのですが ウェルト・ソール共に経年により乾燥して 硬くパサパサの状態でしたから 解体作業中にウェルトが裂けてしまわないよう 先に保湿してからバラします

履き口に関しては 内側からナイロンの補強テープで伸びた分を引き戻し その上から新しい革でカウンターライニング補修をして対策する事になりました

思い入れのある世界に1足だけの靴なんで(毎回ですが)緊張しながら修復作業を進め 。。。  
この様に復活しました
こちらがAfterです

とても大切に綺麗に履かれていたので ビシッと復活を遂げてくれました

この頃は「ブックバインダーカーフ」というレザーが使用されていて
現行の「ポリッシュドバインダーカーフ」とは少し違います

どちらもガラスレザーのカテゴリーですが 安価な靴に使われるガラスレザーとは違い しなやかで着用を重ねても表面のコーティングが捲れにくく 雨や汚れにも強い等 なかなかの秀逸なチャーチの有名なレザーです
これからも大切に長く愛用して頂けると嬉しいですね
この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!


今回の修理
J.R.レザーオールソール(オープンチャネル) ¥16000 +TAX
カウンターライニング補修(左右)+左履き口 裂け補強 ¥3500 +TAX

納期 約2週間


大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2019-08-10 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s(チャーチ) × J.R.レザーオールソール

【 12/30 ~ 1/6 まで年末年始休業します 年末は12/29(土)まで 年始は1/7(月)より営業します 】

 

こんにちは! 山本です

今週で一気に寒くなり 12月って感じですね

朝自転車で通勤するとほっぺたがキンキンに冷たく赤くなります。。。 オッサンなので可愛くはないですね。。。

 

本日のご紹介は 英国靴の良心  Church’s(チャーチ)です

今回は岩手県より配送にてご依頼頂きました! 遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

ポリッシュドバインダーカーフのディプロマットです 

キズにも強いアッパーとは言え ソールのすり減りに比べるとまだまだ綺麗なコンディションです

今回はオーナー様より【耐久性のあるJ.R.レザーソールで交換を 】とご依頼頂きました

その他細かな仕様はオリジナルに近いようにと打合せさせて頂きました

こちらがAfterです

完成です! 耐久性抜群のレンデンバッハソールでまた気持ちよく履いて頂けますね

履き始めは少し硬めなので つま先のすり減りが気になる場合はラバーかスチールでの補強をお勧めします

岩手県はもう雪だらけですかね??  ヘタレな私はきっと東北の寒さに負けますが カラッと晴れた日はシューズボックスより登場させてあげて下さいね

この度は遠方より修理依頼を頂き誠に ありがとうございました!

 

今回の修理

J.R.レザーオールソール(オープンチャネル) ¥16000  +TAX

納期 約2週間~3週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2018-12-12 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s(チャーチ) × リッジウェイソール

こんにちは! 山本です

日に日に秋が近づいてきましたね うだるような暑さからやっと解放されて嬉しい限りです

店頭でのお預かりもここ数日はブーツがメインになってきたような気がします

シーズンインまでにメンテして気持ちよくシーズンを迎える。。。素晴らしいですね(笑)

今週もどしどしブーツの修理依頼 お待ちしております!

 

さて本日のご紹介は ブーツではないですが。。。今からのシーズンに活躍しそうなChurch’s(チャーチ)フェアフィールドです

今回はオーナー様にお持込み頂きました

こちらがBeforeです

温かみのあるシルエットと素材感 休日にはぴったりですね

今回オーナー様より「クレープソールがネチャネチャしてきて 気持ち悪いからラバーソールに交換を」とご依頼頂きました

クレープソール(生ゴム)あるあるですね あるあるというか宿命? 経年により素材が変質して 小石を飲み込んでいる。。。

ラバーソールを何種類か見て頂き 色々とお悩み頂いた結果 相性抜群のこちらのソールに決まりました

こちらがAfterです

どっしりとした雰囲気はそのままに リッジウェイソールで変身完了です

ソール中央部分に配置されたパターンや厚めのトップリフト そして柔らかめのゴム質により 履き心地は超快適です(私は大好きです)

今回はボリュームを調整する為 レザーミッドソールを追加していますが すぐに馴染んでくれるはずです

これで砂利道も気にせず歩けますね 

この度はありがとうございました!

 

今回の修理

リッジウェイソール オールソール 新料金 ¥14000 +TAX

レザーミッドソール  ¥2000 +TAX

納期 約2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2018-09-11 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s(チャーチ) × ハーフラバーソール + トゥスチール

こんにちは! 山本です

日中は随分と暖かくなりましたね 春はもう目の前です

今年こそ花見したいなぁ。。。

 

本日のご紹介はChurch’s(チャーチ) 007でダニエル・クレイグが着用した そう シャノンです

今回は西宮市にお住いのオーナー様より新品状態でお持込み頂きました

こちらがBeforeです

(※ 知らぬ間にシューレースがチンチクリンのレザーから 普通のモノに変わっていました。。。)

どっしりとした佇まいはどこかアメリカンな雰囲気を感じさせます

今回は多少の雨の日でも履きたいので 「ハーフラバーソールの取付けとつま先のプレメンテを」 とご依頼頂きました

こちらがAfterです

新品でしたが 最後は綺麗に磨いて完成です

現在シャノンには【ポリッシュドバインダーカーフ】が採用されていますが

特殊なコーティングが施されている為 特に気を遣う必要がなく ツヤ感も非常に出やすいレザーです

今回は M.モウヴレィ 「クリームエッセンシャル」でケアさせて頂きました

これで多少の雨でも 靴底を気にせず履いて頂けます

ありがとうございました!

 

今回の修理

ハーフラバーソール(ビブラム STD)  ¥2500 +TAX

ビンテージトゥスチール  ¥3000 +TAX

納期 約2日~3日

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

 

 

 

2018-03-12 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s(チャーチ)SHANNON × ダイナイトヒール交換 etc

こんにちは! 山本です

1月に入っても たくさんのご依頼を頂いており 少し納期を長めに頂いております。。。

毎日ヒーヒーと言いながら進めておりますので お預かり中のオーナー様 もうしばらくお待ち下さい

 

本日のご紹介はChurch’s(チャーチ)名作 シャノンです

今回は以前にもご依頼を頂きました沖縄県のオーナー様よりご依頼を頂きました

こちらがBeforeです

お気に入りでついつい履きすぎてしまったそうです。。。

ヒールはトップリフトを通り越し ヒールベースまでガッツリと削れていました

ダブルソール特有のつま先のすり減りと 靴中のカウンターライニングの破れ 等々 修理必要箇所は多い状態でした

今回もオーナー様とお電話にて打合せさせて頂き オールソールには少し早いかな?との結論で

ヒールとつま先の修理+カウンターライニング補修で 修理させて頂きました

こちらがAfterです

ヒールベースは2枚とも削れていたので コンプリートで交換しました

つま先の削れはトゥラバーアタッチ後 ステッチをかけ直して補修完了です

また思いっきり履いて頂き ソールに穴が開いた頃ソール交換をお願いしますね

毎回遠方より修理依頼を頂きありがとうございます!

 

今回の修理

ダイナイトヒール ¥3000 +TAX

ヒールベース交換  ¥3000 +TAX

トゥラバー(ステッチ込) ¥2000 +TAX

カウンターライニング補修  ¥3000 +TAX

返送送料(沖縄)  ¥1500 +TAX

代引き手数料  ¥400 +TAX

納期  約1週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

 

2018-01-16 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

CHURCH’S (チャーチ) × レザーオールソール + トライアンフトゥスチール

皆様こんにちは!

池田でございます!

実は明日でLABOは3周年となります!

LABOユーザー様は明日 ボスから重大発表がありますので 必ずブログチェックよろしくお願い致します!(笑)

本日のご紹介はチャーチ グラフトンです!

こちらがBefore

まだまだ綺麗な状態ですが 履き込んだ事により アウトステッチが切れてしまい薄くなったアウトソールが剥がれてきています。

今回のオーナー様より「つま先のソールの隙間とソールの薄さが気になるのと スチールを装着して欲しい」と要望を頂きました。

低コストで修繕をするのであれば レザーアタッチを施してからリステッチ後スチール装着ですが どうしても始点と終点の

アウトステッチが重なってしまうのとアタッチ部分が目立つので 今回は綺麗に仕上げてほしいとご希望もありましたので

ソール交換+トライアンフスチール装着を致しました。

こちらがAfterです

見事完成です!

ソール交換時一緒にスチールやハーフラバーをして頂くとアウトステッチを切らずに装着出来るので 今回のようなソール剥離は

おきにくくなります!

レザーソールは馴染むまでソールが返りにくくつま先がすり減りやすいので レザーソールでソール交換ご希望の方は今回のように

最初にスチール装着をお勧め致します!

これでまたガシガシと履いて頂けると幸いです!

ありがとうございました!

 

今回の修理

レザーオールソール(ベルギーレザー) ¥13000+TAX

レザーミッドソール(3ミリ) ¥2000+TAX

トライアンフスチール ¥4000+TAX

納期2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

 

 

 

2017-07-31 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s(チャーチ)コンサル × ダイナイトソール(ダブルソール)

こんにちは! 山本です

夏日が続きます。。。 暑いのが苦手な私は 昨日通勤用に帽子を買いました 

ちょうど一年前くらいから 片道20分ほど運動不足解消の為歩いて通勤していますが 

体重は「増えていない」レベルにとどまっています。。。

 

本日のご紹介はChurch’s(チャーチ) コンサル です

今回は三重県のオーナー様よりご依頼頂きました

こちらがBefore

チャーチの定番モデル コンサル ぽってりとしたフォルムと「凝り過ぎていない」感で人気のモデル

オリジナルのレザーソールは穴が開いてしまいましたが アッパーレザーは目立ったキズもなく 

ソールさえ修理すれば まだまだ活躍してくれそうなコンディションでした

今回はオーナー様より 当店の過去ブログと同仕様で とご依頼頂きました

こちらがAfterです

お気づきでしょうか? 

元々はレザーシングルソールでしたが オーナー様より「ダイナイトソールでどっしりとした雰囲気にしたい」

とご依頼頂きましたので 今回はレザーミッドソールを追加して ダブルソールで仕上げさせて頂きました

こちらの靴はサイズも大きかったので ダブルソールの方がしっくりきたんじゃないかと個人的には思います

これから本格的に梅雨入りします

レザーソールは雰囲気があって素敵ですが 雨降りには不向きなソールです

革の繊維が水分を含み 柔らかくなった状態でアスファルトなどを歩くと あっという間に擦り減ってしまいます

ソールをラバーソールに交換する事で ソールの心配は解消されます

「この靴を雨用に出来るかな?」 そんなご相談お待ちしております!

この度は遠方より修理依頼を頂きありがとうございました!

 

今回の修理

ダイナイトソール オールソール ¥12000 +TAX

レザーミッドソール3ミリ  ¥2000 +TAX

納期 約2週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

2017-05-19 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

CHURCH’S (チャーチ) グランビー × リッジウェイオールソール

皆様こんにちは!

池田でございます!

本日のご紹介はチャーチのGRANBY(グランビー)です。

こちらがBefore

レザーソールに穴が開いてしまっていますので この様な状態であれば 即刻ソールの交換をお勧めします。

オーナー様より「耐久性があってデザイン性も維持できるラバーソールでソールを交換したい」とご希望がありましたので

今回はリッジウェイソールにてソール交換をさせて頂きました。

こちらがAfterです

見事復活致しました。

今回注目して頂きたいのが ソール裏です!

リッジウェイのソールはブロックパターンが中央に集中する事で横から見た時にアウトソールを薄く見えるようにでき

スッキリとしたデザインを維持できるのですが その反面安定感が損なわれてしまいます。

ですが!

LABOでは 自社でアウトステッチをおこなうので微妙な調整ができ ブロックパターンをめいいっぱい広げソール交換が可能です!

その為 リッジウェイソールの難点だった安定感も損なわれることがありません。

これでまたガシガシと履いて頂けると幸いです!

ありがとうございました!

 

今回の修理

リッジウェイソール オールソール ¥12000+TAX

納期 約2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

 

2017-02-21 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s (チャーチ) シャノン × J.R.レザーソール

皆様こんにちは!

池田でございます!

本日のご紹介はChurch’s SHANNON (シャノン)でございます!

ジェームス・ボンドが着用していることで有名なモデルですね。

アッパーにチャーチ独自のガラス加工を施したブックバインダーカーフを使用して雨に対する耐水性も抜群です!

こちらがBefore

2016-11-22-16-53-38

2016-11-22-16-53-49

2016-11-22-16-54-03

2016-11-22-16-54-16

2016-11-22-16-54-30

2016-11-22-16-54-51

2016-11-22-16-55-08

2016-11-22-16-55-27

つま先部分がウェルトギリギリまで削れています。

今回は「耐久性のあるレザーソールに変更したい」とオーナー様よりご希望がございましたので

J.R.レザーソールへソール交換をさせて頂きました。

こちらがAfterです

2016-11-29-10-38-50

2016-11-29-10-39-04

2016-11-29-10-39-34

2016-11-29-10-40-22

2016-11-29-10-40-31

2016-11-29-10-40-48

2016-11-29-10-41-22

2016-11-29-10-42-18

完成いたしました!

ソール色・飾りコテを使用しない仕様ご希望だったのでかなりシンプルな仕上がりです!

これでまたガシガシと履いて頂けると幸いです!

ありがとうございました!

 

今回の修理

J.R.レザーソール オールソール ¥15000+TAX

レザーミッド (3mm) ¥2000+TAX

納期 約 2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

 

2016-12-02 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

CHURCH`S (チャーチ) BERULIN × ビンテージスチール

皆様こんにちは!

池田でございます!

本日のご紹介はCHURCH`S(チャーチ) のベルリンです。

こちらがBefore

2016-11-14-15-42-04

2016-11-14-15-42-17

2016-11-14-15-42-31

2016-11-14-15-42-39

2016-11-14-15-42-56

今回のオーナー様は外で履く前につま先部分を補強されるためにご来店頂きました!

レザーソールに限らず新品の靴はソールが馴染んでいないので、どうしてもつま先部分がすぐに削れてしまいます。

そんな時にオススメなのがビンテージスチールです。

鉄でできた金具でレザーソールのつま先を鉄壁の防御でまもってくれます!

こちらがAfterです

2016-11-14-16-30-14

2016-11-14-16-30-48

2016-11-14-16-31-05

2016-11-14-16-31-35

2016-11-14-16-32-17

2016-11-14-16-32-39

完成です!

ビンテージスチールの厚みに合わせソールを加工してはめ込んでいるので全く違和感なく履いて頂けます!

これでソールの減りを気にせずガシガシ履いて頂けると幸いです!

この度はありがとうございました!

 

今回の修理

ビンテージスチール ¥3000+TAX

納期1日~2日

 

最近お客様から「修理仕上げ後に何を使って靴を磨かれていますか?」と言うご質問をいただくことが多いのでご紹介させていただきます!

2016-11-14-16-34-32

1909シュプリーム クリームデラックス  ¥3024   100ml

当店のサービス磨きにはCollonil(コロニル)から出されている1909シリーズの シュプリームクリームも使用しています。

革にダメージを与えてしまう有機溶剤を一切使用していない事と水分量が他のものに比べ多く革に栄養と保湿を同時にしてくれるという優れものです。

今回もこちらを使い磨かせて頂きました!

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2016-11-20 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church`s (チャーチ) × J.R.レザーソール (オープンチャネル)

皆様こんにちは!

池田でございます。

今回紹介させていただくのは、正統派の英国靴Church`s(チャーチ)です。

こちらがBefore

2016-08-31 17.20.58

2016-08-31 17.21.09

2016-08-31 17.21.23

2016-08-31 17.21.48

2016-08-31 17.22.12

2016-08-31 17.23.22

2016-08-31 17.23.48

アッパーのコンディションは良いもののレザーソールが無残な姿になっています。

ソールが薄くなってきた状態で何かに引っかけてしまい裂けてしまったみたいです。

レアケースですが、オーナー様のご希望で次は耐久性のあるレザーソールでソールを

張り替えてほしいとの事でしたので、最近登場頻度が高いJ.R.レザーソールに張り替えさせて頂きました。

こちらがAfterです。

2016-09-06 10.53.33

2016-09-06 10.53.52

2016-09-06 10.54.13

2016-09-06 10.54.43

2016-09-06 10.55.50

2016-09-06 10.57.19

くたびれ感が解消され見事復活です。

今回は耐久性のあるJ.R.レザーソールなので、ソールの持ちを期待してガシガシ履いて頂けると思います。

この度はありがとうございました!

 

今回の修理

J.R.レザーソール (オープンチャネル) オールソール ¥15000 +TAX

納期 約2週間

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

 

 

2016-09-06 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s(チャーチ) × トゥレザーアタッチ + トップリフト交換

こんにちは! 山本です

本日のご紹介はChurch’s(チャーチ) コンサルです

オーナー様が大学生の頃 イギリスにて購入された思い出深い靴

ソックシートは3都市表記の いわゆる「旧チャーチ」 

こちらがBefore

2016-07-02 12.21.03

2016-07-02 12.21.17

2016-07-02 12.21.34

2016-07-02 12.21.53

2016-07-02 12.22.09

2016-07-02 12.22.55

2016-07-02 12.23.19

購入されてから履かれる機会がほとんどなく 大切に保管されていたそうです

ですが少しずつの着用でも トゥとトップリフトはそろそろ要リペアタイミングでした

今回は ソール中央の厚みはまだまだあり それぞれ部分的にリペアさせて頂くことになりました

当店はソール交換が得意ですが もちろん部分的なリペアもお任せ下さい

こちらがAfterです

2016-07-02 14.48.10

2016-07-02 14.48.39

2016-07-02 14.49.07

2016-07-02 14.49.20

2016-07-02 14.49.29

2016-07-02 14.48.45

2016-07-02 14.50.36

2016-07-02 14.51.40

トップリフトはエドワードグリーンに似たラバー配置のものを使用して 飾り釘も再現

ウェルトギリギリまですり減っていたトゥは 同じくレザーアタッチ(継ぎ足し)をして 厚みを戻し

切れてしまっていたアウトステッチをかけ直して完成です

これでオリジナルのレザーソールを最後まで使い切れます

また年に数回ずつでも履いて頂けると嬉しいです!

楽しいお話ありがとうございました!

 

今回の修理

トゥレザーアタッチ ¥2500 +TAX

トップリフト交換 (ラスター) ¥4000 +TAX

納期 約3日~1週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

2016-07-08 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s(チャーチ) SHANNON × ダイナイトソール

こんにちは!

今日も一日暑かったです

何度も汗ふきシートを使いますが すぐに顔がベトベト、、、 不快な毎日です

本日のご紹介はChurch’s(チャーチ)名モデル SHANNON(シャノン)です

こちらがBefore

2016-06-01 14.57.36

2016-06-01 14.57.50

2016-06-01 14.58.21

2016-06-01 14.58.43

2016-06-01 14.58.01

こちらのシャノン およそ20年選手だそうで 現行のシャノンとは少々雰囲気が違います

ほぼオリジナル状態で 大切に履かれていたのが良く分かります

ですがアウトソールはすり減り アウトステッチが経年劣化により切れてしまい ウェルトからソールが開いた状態でした

今回は以前オールデンを修理させて頂いたオーナー様より おかわり頂きました

いつも遠方よりご来店ありがとうございます!

今回は アッパーのブックバインダーカーフを最大限に活用出来るよう ラバーソールの英国代表ダイナイトソールで

ソール交換をご依頼頂きました

こちらがAfterです

2016-06-06 11.20.53

2016-06-06 11.21.11

2016-06-06 11.21.53

2016-06-06 11.22.01

2016-06-06 11.22.22

2016-06-06 11.21.18

2016-06-06 11.22.36

梅雨時期に活躍間違いなし なシャノン 完成です!

元々のボリュームをキープする為 レザーミッドソールを追加して どっしりとした雰囲気はそのままで

接地面からの浸水の心配のないラバーソール グリップも耐久性も もちろんあります

ラバーソール特有の野暮ったさを抑えながら 実用性の高いラバーソール 「ダイナイトソール」

英国靴に純正採用され続けるには理由があります

ツヤがしっかりと出るまで磨き直しましたので また気持ちよく履いて頂けたらと思います!

ありがとうございました!

 

今回の修理

ダイナイトソール オールソール  ¥12000 +TAX

レザーミッドソール追加  +¥2000 +TAX

納期 約2週間~

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せください

 

2016-06-08 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s(チャーチ) × VB#2055

こんにちは!

本日のご紹介はChurch’s(チャーチ)です

今回はなんと 明石市よりオーナー様にご来店頂きました

遠方からのご来店 誠にありがとうございました!

こちらがBefore

2016-02-19 12.31.55

2016-02-19 12.32.13

2016-02-19 12.32.49

2016-02-19 12.32.57

2016-02-19 12.32.35

2016-02-19 12.33.08

アッパーのレザーは 同じくChurch’s(チャーチ)の名モデル シャノンでお馴染みの(?)ポリッシュドバインダーカーフ

「ビジネスシューズ」としては活躍間違いなしでしょう

今回お預かりさせて頂きました状態は トップリフトとトゥラバーのリペア済みでしたが

オリジナルのレザーソール中央部が擦り切れて ちょうど破れてしまったところでした

今回はオーナー様より「雨の日でも気にせず履けるラバーソールへ交換を」とご依頼頂き

耐久性・グリップを重視したソールで交換させて頂きました

こちらがAfterです

2016-02-20 10.54.33

2016-02-20 10.54.51

2016-02-20 10.55.34

2016-02-20 10.55.40

2016-02-20 10.55.08

2016-02-20 10.56.20

これでアッパーもソールも雨の日対応シューズになりました 

お気付きでしょうか?

元々はレザーダブルソールでしたが もう少し軽快に履けるようにミッドソールを省いて 

少し厚みのあるビブラム#2055ソールのシングルソール仕様へ変更しました

これでグンと返りの良さが強調され 履きやすくなったと思います

これをダイナイトソールで交換すると ソールの薄さが強調されて「ドレス感」が出るでしょう

今回のChurch’s(チャーチ)はストームウェルトでしたので こっちの方がシックリ決まりましたね

また雨の日も颯爽と履いて頂けたらと思います!

ありがとうございました!

 

今回の修理

VB(ビブラム)#2055 オールソール  ¥10000 +TAX

納期 約2週間

※今回のご返却は配送にてさせて頂きました (修理代金¥12000(税別)以上は 送料無料です)

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理 オールソールはLABO(ラボ)にお任せください!

2016-02-23 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s(チャーチ)× トライアンフスチール

こんにちは!

本日のご紹介はChurch’s(チャーチ) SHANNON(シャノン)です

今回はなんと 沖縄県よりご依頼頂きました!ありがとうございます!

箱入りで新品状態のChurch’s(チャーチ)は 1500km以上の旅をしてお預かりさせて頂きました

こちらがBefore

2015-11-10 10.20.32

2015-11-10 10.20.51

2015-11-10 10.21.12

今回はオーナー様より ビブラムハーフラバーソールと トライアンフスチールの取付けをご依頼頂きました

レザーソールの保護 という点では 最強の組み合わせでしょう

こちらがAfterです

2015-11-11 11.48.12

2015-11-11 11.49.24

2015-11-11 11.49.49

2015-11-11 11.48.59

2015-11-11 11.50.33

通常 トゥスチールのみ取り付ける場合は レザーソールをスチールの厚み分 削り込んで段差が出ないよう取り付けます

なので アウトステッチを部分的に切って取り付けることになり ウェルトとソールの剥がれ・浮きが発生しやすくなります

今回のように ハーフラバーソールと同時に取り付ける場合には

ハーフラバーソールをカットして埋め込みますので アウトステッチには影響がありません 

もちろんソールの厚みはプラスになる為 今回のように レザーダブルソールの靴にはオススメです

私は沖縄に行ったことがありませんが、、、 こちらの靴が沖縄の地で活躍してくれることを楽しみにしています!

この度は超遠方より修理依頼を頂き 誠にありがとうございました!

 

今回の修理

ビブラムハーフラバーソール  ¥2500 +TAX

トライアンフスチール  ¥4000 +TAX

返送送料 別途

納期 約1週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理 オールソールはLABO(ラボ)にお任せください!

2015-11-17 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s(チャーチ) × レザーオールソール

こんにちは!

今日で10月も終わり 明日からは11月

今年も残すところ2か月 

年末まで必死のパッチで駆け抜けたいと思います

本日のご紹介は英国靴の良心 Church’s(チャーチ)のCHETWYND(チェットウィンド)です

こちらがBefore

2015-10-20 13.25.29

2015-10-20 13.26.16

2015-10-20 13.26.37

2015-10-20 13.26.45

2015-10-20 13.27.01

2015-10-20 13.27.43

こちらの旧Church’s(チャーチ)のオーナー様は当店のオープン以来の顧客様でして

靴好きの大先輩として いつも勉強させて頂いています ありがとうございます!

今回お預かりさせて頂きましたChurch’s(チャーチ)のCHETWYND(チェットウィンド)は過去一度オールソールをされていましたが

そのソールも薄くなり ちょうど中央部がペコペコ状態、、、

2度目のソール交換の為リスクはありましたが ソール交換をご依頼頂きました

前回のソール交換で残念だったポイント(修理された方には申し訳ありませんが)

・ ヒールの形状(大きさ バランス)がいびつ (縦長なヒールになってしまっていました)

・ ヒールのハチマキ部分(アッパーとソールの間のパーツ)が削り込まれ過ぎて アッパーまで削っている

を考慮して修理させて頂きました

こちらがAfterです

2015-10-26 09.58.53

2015-10-26 09.59.09

2015-10-26 09.59.16

2015-10-26 09.59.37

2015-10-26 10.00.03

作りの良さにも助けられ 復活完了です

ヒール周りのハチマキは新たに作り直し バランスを調整しました

ペタンとしたソールのエッジは爪を立て直し 元々の雰囲気を

10ミリのビブラムリフトとトゥラバー組込みはオーナー様のこだわりで追加させて頂きました

ウェルトのコンディションは万全では無い為 次回はリウェルトが必要と思いますので

今回のソールで少しでも長く履いて頂けたらと思います

ありがとうございました!

 

今回の修理

レザーオールソール(オープンチャネル) ¥12000 +TAX

トゥラバー組込み  ¥2000 +TAX

ヒール ハチマキ交換 ¥2000 +TAX

納期 約10日~2週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理 オールソールはLABO(ラボ)にお任せください! 

 

2015-10-31 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s(チャーチ) × ダイナイトソール

こんにちは!

気づけば10月です 今年も残り3か月

2015年の残りを駆け抜けたいと思います!

本日のご紹介は先日の続きで 同時にご依頼頂きましたChurch’s(チャーチ)

こちらはなんとなんと 2都市モデル! 通称「旧旧チャーチ」 (3都市モデルは「旧チャーチ」)

滅多に見れるものではありません、、、 神様とオーナー様に感謝です、、、

こちらがBefore

2015-09-22 11.53.52

2015-09-22 11.54.07

2015-09-22 11.54.23

2015-09-22 11.54.29

2015-09-22 11.54.39

2015-09-22 11.54.55

2015-09-22 11.55.22

2015-09-22 11.55.41

アッパーは 目立ったキズもなく グッドコンディションでしたが 

ソールは乾燥?により 腐食?したような状態でした (?なのは 初めて見た状態だったのでお許しください、、)

ウェルトまわりには うっすらとカビが生えていましたが ビンテージモデルの為 仕方ないですね、、、

(ヒールの意匠なんかは 現行モデルとは違い 大変興味深く テンションが上がりました!)

今回こちらのChurch’s(チャーチ)は ソール交換と 丸洗い(カビ除去)でご依頼頂きました

こちらがAfterです

2015-09-29 10.02.10

2015-09-29 10.02.37

2015-09-29 10.03.02

2015-09-29 10.03.11

2015-09-29 10.03.41

2015-09-29 10.04.05

2015-09-29 10.04.17

少なくとも30年前(もしかすると約40年前) に作られた靴とは思えないほどの復活です

作業をした本人がビックリするほど アッパーはしっとりと甦りました (笑)

ソールはおなじみの英国製ソールの代表 ダイナイトソール ブラックカラー

ソール裏のステッチもブラックで 締まった シャープな印象

毎日ガンガン履くというよりも 勝負所での1足となりそうですね

ありがとうございました!

 

今回の修理

ダイナイトソール オールソール ¥12000 +TAX

丸洗い(カビ除菌込み)  ¥3000 +TAX

納期 約10~2週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理 オールソールはLABO(ラボ)にお任せください!

2015-10-03 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s(チャーチ) × ダイナイトソール(ダブルソール)

こんにちは!

意外と今年は残暑らしいものがなかった気がします

あっという間に冬がやってくるのでしょうねー

本日のご紹介はChurch’s(チャーチ) スエードのフルブローグ

こちらがBefore

 2015-09-22 11.51.29

2015-09-22 11.51.48

2015-09-22 11.52.07

 

2015-09-22 11.52.21

2015-09-22 11.52.44

これからの季節に大活躍しそうなスエードシューズ 

マニアな方は探しているのではないでしょうか? いわゆる「旧チャーチ」(3都市モデル)です

今回はオーナー様より「クレープソールが一部カチカチになって 一部ベタついて、、、」とご相談頂き

気にせず履けるラバーソールでソール交換を とご注文頂きました

こちらがAfterです

2015-09-29 10.05.22

2015-09-29 10.05.56

2015-09-29 10.06.36

2015-09-29 10.07.09

2015-09-29 10.08.31

2015-09-29 10.06.05

カジュアルな雰囲気は残しつつ 実用性の高いラバーソールへ

英国靴の代表選手のChurch’s(チャーチ)には 英国製ソールの代表 ダイナイトソールをチョイス頂きました

シングルソールだと ソールが華奢になり カジュアル感が出ない為 レザーミッドソールを追加して

全体的なバランスとボリューム感を調整させて頂きました

アッパーのケアはスエード素材用の発色を良くし 栄養分を含んだスプレーとブラッシングでケアさせて頂きました

次回は同じオーナー様より同時にご依頼頂きましたChurch’s(チャーチ)の2都市モデルです

ありがとうございました!

 

今回の修理

ダイナイトソール(ブラウン) オールソール  ¥12000 +TAX

レザーミッドソール  ¥2000 +TAX

納期 約10日~2週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理 オールソールはLABO(ラボ)にお任せください!

2015-09-30 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Church’s(チャーチ) × トライアンフ トゥスチール

こんにちは!

昨夜から今朝までは すごい雨風でしたね!

飛ばされるんじゃないかと思いました

本日のご紹介はChurch’s(チャーチ) のビンテージモデルです

(コンサルではないんでしょうか?、、、 調べるの忘れてました)

こちらがBefore

2015-06-20 10.33.34

2015-06-20 10.33.51

2015-06-20 10.34.00

ソールとトップリフトのすり減りはそこそこ具合 早急に修理が必要な状態ではありませんが

レザーソールの宿命 「つま先の削れ」 が ウェルトまでギリギリでした

オールソールにはまだ早いので つま先だけ補修を とオーナー様よりご注文頂きました

以前から一度付けてみたかった との事で 今回はトライアンフスチールをチョイス頂きました

こちらがAfterです

2015-06-24 12.01.47

2015-06-24 12.02.06

2015-06-24 12.02.42

2015-06-24 12.03.33

ゴールドが眩しいです! 黒い靴には映えますね!

今回はトライアンフスチールだけでは 厚みがリカバリー出来ないすり減りだった為

レザーアタッチをしてからの加工でした

ありがとうございました!  ソールがすり減ったら ソール交換は是非お任せください!

 

今回の修理

トライアンフ トゥスチール  ¥4000 +TAX

レザーアタッチ(左右)  ¥2000 +TAX

納期 約2~3日

尼崎・西宮 メンズ靴修理 オールソールはLABO(ラボ)にお任せください!

2015-07-01 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s