Blog, Works of Dress Shoes, church’s

Church’s(チャーチ)× コマンドソール + カウンターライニング補修

【 12月の定休日と年末年始休業のお知らせ 】

こんにちは! 山本です

ワールドカップで盛り上がっていますが
今大会はほとんど観れていません(泣)

一番熱心に観たのは94年アメリカ大会ですね
当時はサッカー少年だったので
朝早くに起きて観戦したりしてましたね


まだまだ今大会も試合があるので
時間を見つけて少しでもリアルタイム観戦したいです!



本日のご紹介はChurch’s(チャーチ)です
今回は東京都にお住いのオーナー様より配送にてご依頼頂きました
遠方より修理のご依頼ありがとうございます!

こちらがBeforeです

チャーチの定番モデル【SHANNON(シャノン)】

今回お預かりしたシャノンは。。。

オリジナルのレザーソールがもうそろそろ穴が開きそう
ヒールはベースまでガッツリと削れて
カウンターライニングも左右共に破れている


今回もどう見ても要救助者確定のシャノンでした

予めオーナー様とメールで事前の打ち合わせをしていて
ソールはダイナイトヒールで交換と決まっていたのですが

現物確認後再度確認すると
「同じラバーソールでも
ダイナイトソールよりもゴツいコマンドソールで交換にします」
と最終決定

どちらも有名英国製ラバーソールですが
印象が(履き心地も)全然違いますからね

という事で今回はこの様に修理させて頂きました


こちらがAfterです

完成!


カッコいい!
ドレッシーな感じはダウンしましたが
ラギッド感がガンガンに出ましたね

ソール正式名称は【グッドイヤーソール】
トリッカーズ純正採用のソールで有名ですね

履き時始めは硬さを感じられるかと思いますが
がっしりとした履き心地は他のソールでは味わえません


傷んでいた靴中も
新しくライニングを追加して補修完了

オリジナルの仕様よりも耐久背もアップして
天候も気にせず履けるようになったので
またたくさん履いてあげて下さい!


この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!





今回の修理
コマンドソール(グッドイヤーソール) ¥17,050
レザーミッドソール3.5ミリ  ¥2,750
カウンターライニング補修(左右) ¥3,850



納期 約4~5週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せください

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2022-11-30 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s