Author Archive

Alden(オールデン)× リッジウェイソール + カウンターライニング補修

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

ここ尼崎市は
昨日から緊急事態宣言が解除され まん延防止等重点措置に移行しました
早速のお電話で営業時間の変更があるかのお問合せを頂きましたが
元々より変更なく営業しております

ご来店の際のアポイントメント(予約)も必要ございませんので
お気軽にお越しください!




本日のご紹介はAlden(オールデン)54415 です
今回は大阪市内にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
遠方よりご来店ありがとうございます!

こちらがBeforeです

ユーズドで購入されたそうなオールデン
Vチップのモディファイドラストにウォーターロックソール
何か違和感を感じましたが 受付時には分かりませんでした
実はこちらの品番 元はネイビーのカーフだったようです
黒に染め変えられていたんですね

今回はオーナー様より
「ソールをラバーソールに交換して 履きやすくしたい」とご相談頂きました
オイルドレザーソールとは言え そのままだと履く状況を選ぶソールですからね

今回はオーナー様がラバーソールの種類は決められていたので
ソールを取付けたサンプルと現物を確認して頂き

このように修理させて頂きました

後、擦れて破れていた靴の中のかかと裏も一緒に補修です


こちらがAfterです

完成!
今回は元々がアンティークエッジだったのですが
リッジウェイソールにすると ヒールのゴム量が多くなるため
ヒールベース1枚をアンティークエッジで仕上げると 統一感がなくなってしまい
アンバランスな感じになるかも。。。 とオーナー様に受付時お伝えし
ソール全体が馴染む感じにダークブラウンで仕上げてさせて頂きました

それにしてもモディファイドラストにリッジウェイソールって
迫力があってカッコいいですね
ソール端(エッジの見えている部分)は薄くシャープさが出ますが
ソールの中央部分(パターンのある部分)は10ミリで
クッション性と耐久性もあります

ヒールも厚めのブロックヒールなので 当分はソールのすり減りを気にせず
ガンガン履いて頂けますね

またリペアのタイミングが来たらご相談下さい
この度は修理のご依頼ありがとうございました!





今回の修理
リッジウェイソール オールソール  ¥15,400 (税込)
カウンターライニング補修   ¥3,300 (税込)



納期 約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-06-22 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

CHIPPEWA(チペワ)× Vib#4014 + ハーフスリップ

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

今日は朝イチからご来店が続き
予想外に一日忙しくさせて頂きました(笑)
というわけで久々に閉店後更新です

今日は父の日でしたね
ウチはまだ子供が小さいので、もらえるのはまだもう少し先ですが
自分と妻のお父さんにプレゼントを贈りました
喜んでもらえるといいですが 毎年何を贈ろうか悩みます
だんだんネタ切れになってくるんですよね。。。

そのうちリクエスト制にしてもらおうと思っています



本日のご紹介はCHIPPEWA(チペワ)のモンキーブーツです
今回は西宮市にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました

こちらがBeforeです

過去に2度ほどアウトソールのみ似寄りのソールで交換された事があるそうです

今回初めてご依頼を頂きましたが
最近歩くとキュッキュッと音が鳴るようになってきたので
ソール交換も一緒に修理してもらおうと ご相談頂きました

ソールがキュッキュッと鳴る【底鳴き】の原因は ほとんどのケースがソールの接着不良です
乾いた面と乾いた面が擦れてキュッキュッ (もしくはギュッギュッ)という音がします

後今回のチペワで気になった点は ソールエッジ(側面/コバ)がガタガタな事です

お聞きすると今まで白いメインのソールしか交換したことがないそうで(そうでしょうね)
過去の修理でアウトソールのみを交換して アウトソールのみを削って仕上げたまでは良かったけど
新しいソール以外もちょくちょく削ってしまい 結果 ソールのエッジはデコボコに。。。

今回は原因の説明と 現状を説明させて頂き
ソールはミッドソールから一新させて頂く事になりました

こちらがAfterです

完成!

ソールはオリジナルと全く同じVib(ビブラム)#4014 ソール
ラバーミッドソールから交換して インナーコルクもやっと(?)交換出来ました

そしてチペワの4014ソールブーツと言えばの【ハーフスリップ】(後ろミッドソール)
元々の素材は革の端材を粉砕して再加工した 再生材が使用されていますが
同じ厚みのレザーミッドソールで交換・組み直しです

かさついていたアッパーも少し汚れ落としとオイルアップをして復活です

またたくさん履いてあげて下さい!

この度は修理のご依頼ありがとうございました!





今回の修理
Vib(ビブラム)#4014 オールソール   ¥11,000 (税込)
Vib ラバーミッドソール 交換  ¥2,200 (税込)
ハーフスリップ交換(レザーミッドソール5ミリ)   ¥3,300 (税込)


納期 約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-06-20 | Posted in Blog, Works of Boots, CHIPPEWA

 

JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)× ダイナイトソール

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

新型コロナワクチンの接種状況
2回目の接種が済んだ人の割合が2%ちょっと
私は年齢的にも職業的にもまだまだ先でしょうが
早くワクチン接種が行き届き 一日でも早くパンデミックが収束する事を願うばかりです

コロナ後は当分マスクはしたくないですね。。。



本日のご紹介は最近また登場回数が多い JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)です
今回は西宮市にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました

こちらがBeforeです

季節的にはこれからも活躍してくれそうなローファーです

が、ソールのつま先がめくれて剥がれてきています

つま先の先端はソールがなくなってしまい
ソールとウェルトを縫いつけているステッチ(出し縫い)が
地面に擦れて切れてしまった事で 広範囲に剥離しています

ジャランスリワヤのソールステッチは糸がかなり細いので 強度が弱く
切れやすいのがウィークポイントです

ソール中央はまだ多少の厚みが残っているので
すり減ったつま先をレザーかラバーで厚みを戻して 切れてしまったステッチを縫い直せば部分的な補修が可能  なコンディションでしたが

オーナー様にお聞きすると
「これを機にラバーソールに交換して もっと履ける機会を増やしたい」
との事でしたので

何種類かラバーソールを検討して頂き
このようにソール交換させて頂きました


こちらがAfterです

完成!

ソールはラバーソール人気No.1
英国製ラバーソール代表 【ダイナイトソール】
ジャランスリワヤの純正でも採用されているラバーソールで
各シューメーカー【お墨付き】ポイントは最高点ですね

今回はシングルソール(ミッドソール無し)仕様なので
柔らかい履き心地でローファーにはぴったりですね

多少濡れている路面くらいなら大丈夫
これで当分は靴底を気にせず履いて頂けます

またヒールがすり減ってきたら修理させて下さいね


この度は修理のご依頼ありがとうございました!





今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥14,300 (税込)

納期 約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-06-18 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, JALAN SRIWIJAYA

 

Joe McCoy (ジョーマッコイ)× Vib#705

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

最近毎朝起きると真っ先に リビングでラジオ体操をしています
始めは少しでも腰痛対策になれば。。。と思って始めたのですが
ナメてましたね
かなり身体の調子が良いです

身体全体がほぐれる感じで 朝から肩や腰も動かしやすいです
(以前は昼過ぎまで 肩はギシギシと動く感じでした)

40歳になり健康オタクになりそうなくらい 身体の事が気になるようになりました
ラジオ体操習慣はこれからも続けたいと思います




本日のご紹介はJoe Mccoy(ジョーマッコイ)のラインマンブーツです
今回は大阪府吹田市にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

リアルマッコイはミリタリーラインで
ジョーマッコイはワークライン だそうですね
(ゴメンナサイ あまり詳しくなくて 今回調べて初めて知りました。。。)

今回お預かりさせて頂きましたラインマンブーツですが
オリジナルのクレープソールのヒールががっつりと削れて そろそろリペアのタイミングでした

同じようにクレープソールで交換のご依頼かな?と思いましたが
オーナー様より
「ちょっとイメージを変えて ヒール付きのソールにしたいと思います」とご相談頂きました

ラインマンブーツにクレープソール
似合っていますが 今回一緒にお預かりさせて頂きましたレッドウィングをVib#4014で
オリジナルに近い仕様で修理させて頂く事になったので
こちらのジョーマッコイはカスタムしてイメージチェンジをする事に


ヒール付きソール も結構種類がありまして
サンプルのブーツやソールストックを色々とご覧頂き イメージを膨らましてもらい

「これがイメージに近い感じ!」とソールの仕様が決まり
このように修理させて頂きました



こちらがAfterです

完成!

ガラリとイメージ変わりましたよね
ソールカスタムの醍醐味ですね

今回はVib#705ハーフ+#700ヒールで組み直しです

ソールベースは5ミリ厚のレザーソールで カチッとした履き心地ですが
レザーソールが馴染んでくると硬さも気になりません
この仕様の最大の魅力は やはり【サイドシルエット】ですね

薄くなった土踏まず部分がワーク感を軽減してくれます
逆にワーク感(土臭い感じ)を出すならフルソールを選んだ方が良いです

エッジカラーはクリアブラウンで
それに合うように レザーのシューレースも用意させて頂きました
上手くまとまって オーナー様のセンスが光る一足になりましたね

次のリペアは当分先だと思いますが
またこれからも履き込んで頂き もっとカッコよくなった頃再会したいですね


この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!
(返却は送料無料で配送させて頂きました)





今回の修理
Vib(ビブラム)#705 オールソール   ¥16,500 (税込)
(レザーミッドソール 5ミリ込み)

レザーシューレース (ライトブラウン)  ¥990 (税込)



納期 約3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-06-16 | Posted in Blog, Works of Boots, Other Boots

 

WHITE’S(ホワイツ)× Vib#700

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

暑い! それにしても暑い!
今年は初の(仕事中)半パンデビューしようと思っています
次の休みに買いに行ってきます

半パンにブーツを履くのか?
そしてロングエプロン? チョット変態チックでは。。。(笑)



本日のご紹介は先日の続き WHITE’S(ホワイツ)セミドレスです
神戸市にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました

こちらがBeforeです

先日のブラックセミドレスはVib#269ソールでしたが
こちらのセミドレスは Vib#700ソール
ヒール(トップリフト)はセミドレスの定番 Vib#419QUABAUG

こちらもお仕事でヘビロテ使用で ヒールはがっつり削れ
ソールはパターンが削れてツルツル。。。

さすがにここまでツルツルになると グリップ力は期待できず滑りやすさが気になりますね

オーナー様からも
「滑りやすくて場所によっては不安になる」 との事でした

今回はグリップや耐久性 見た目 と色々とソールを悩んで頂き
お仕事用という事でソール・ヒール共に 【耐久性(削れにくさ)重視】で決まりました


こちらがAfterです

完成です!

仕上がり後、仲良く2ショット(古いか。。。)撮影です

こちらのセミドレスは ソールヒール共に同じ仕様ですが
ソールのエッジカラーとアウトステッチを変えて仕上げています
やっぱり真っ黒よりは多少軽くカジュアルな感じがしますね

難所のホワイツステッチもバッチリ決まり【らしさ】も復活です

2足ともまたお仕事のパートナーとして活躍してくれると思います!

今回はもう1足ダナーと合わせて3足 まとめてご依頼頂きありがとうございました

また次回のメンテナンスもお待ちしております!




今回の修理
Vib#700 オールソール   ¥17,600 (税込)
(レザーミッドソール 5ミリ仕様)
ホワイツリウェルト + ミッドソール交換  ¥12,100 (税込)

納期  約3週間~4週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】


2021-06-14 | Posted in Blog, Works of Boots, WHITE'S

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)× ダイナイトソール

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

関西地方はまた数日雨模様のようですね
この時期から気温が30度とか 夏になるとどうなるのでしょうね。。。
今から心配です。。。



本日のご紹介はSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です
今回は滋賀県にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

修理歴のないスコッチグレイン
オリジナルのバンカーソール中央の樹脂パーツがすり減り そろそろ穴が開きそうなコンディションでした

今回はオーナー様より
「足にも馴染んで お気に入りの一足なので 多少の雨でも履けるように ラバーソールで交換を」
とご依頼頂きました

確かにこの時期は特にですが
気に入ってるので履きたいけど レザーソールだと雨の日は履けない。。。
と悩ましい日が続きますよね

今回はオーナー様とラバーソールの種類を打合せし
重くなるのはチョット。。。
元々の雰囲気・イメージを変えたくない。。。
とご希望をお聞きしました

そんな場合はあの大定番ソールですね


こちらがAfterです

完成です!

日本を代表する靴に英国製ラバーソール代表のダイナイトソールを装着

今回はオーナー様のご希望で ソール裏のステッチは 白 で少しカジュアルさを


ダイナイトソールの特徴は【薄くて軽い】
(Vibram#2055ソールは模様こそ似ていますが 材質はかなり違い
ダイナイトソールに比べると 重く・ずっしりとした仕上がりです)

ソールの薄さ はドレスシューズには多く影響する要素で
1ミリ変わるだけで パッと見の印象は結構変わります
薄い方がドレッシー・エレガントに 厚い方が どっしりと野暮ったさが出ます

グリップに関しては 材質ではVibram#2055ソールに軍配ですが
ダイナイトソールはソールの丸ポイントが突起状に少し出ているので
私の感想では 滑りやすいと感じたことはありません(通常歩行では十分なグリップ性能)

これでこれからもガンガン履いてもらえます!
雨に濡れた際は少しご注意下さいね

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!




今回の修理
ダイナイトソール オールソール   ¥14,300 (税込)


納期 約3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-06-13 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, SCOTCH GRAIN

 

JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)× J.R.レザーオールソール + 丸洗い

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です


今日のBefore写真
そこそこショッキングな写真が連続しますので
お食事中にご覧頂くのは。。。 避けて頂いた方がいいかと思います!



本日のご紹介はJALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)です
今回は福岡県にお住いのオーナー様より配送でご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

オーマイガー!
カビまみれ!

以前よりご利用頂いていますオーナー様より事前にお電話頂き
「ジャランスリワヤの靴がソールに穴が開き 雨に濡れたことでカビが発生してしまったので
一度見てほしい 」とご相談頂きました

数日後受け取り 開梱すると こんな感じに真っ白な姿で登場

カビと共に塩分が噴き出し アッパーの前半分と靴底と靴中が悲惨な状況に。。。


現状の説明と修理方法を提案させて頂き
ソールの仕様など オーナー様と打合せの結果
このように修理させて頂きました


こちらがAfterです

完成!
完全復活ですね

ソールとヒールは外した状態で
アッパー・中底裏・靴中と 時間をかけてハンドウォッシュで洗浄・除菌
乾燥後 しっかりと保湿して 柔軟性とハリを復活させて
ソールの組み直し → 磨き直し でフィニッシュ

ソールは以前にも交換させて頂き しっかりとした履き心地で気に入って頂けた
【 J.R.(J.レンデンバッハ)レザーソール】 をチョイス
定番のセットメニュー 【ビンテージトゥスチール】も追加です

まだ後1か月ほど梅雨ですが
雨の日に濡れた革底革靴は【ソールの損傷やカビの発生等】重症になる可能性が高いです
濡れてしまった場合は なるべく早めに乾燥させて(ドライヤーなどの高温は避けて)
濡れた状態で長時間放置しないよう ご注意下さい


梅雨が明けたら また気持ちよく履いてあげて下さい
今回も遠方より修理のご依頼ありがとうございました!






今回の修理
J.R.レザーオールソール(オープンチャネル)  ¥17,600 (税込)
ビンテージトゥスチール  ¥3,300 (税込)
丸洗い (カビ・銀浮き重症レベル)   ¥4,400 (税込)


納期 約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-06-11 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, JALAN SRIWIJAYA

 

WHITE’S(ホワイツ)× Vib#700

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

最近急に暑くなって 体がついていきませんね
夜は寝苦しいし 日中も暑さでぐったりです。。。

土用の丑の日はまだ先ですが
うなぎでも買って帰ろうかな。。。



本日のご紹介はWHITE’S(ホワイツ)セミドレスです
今回は神戸市にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました

こちらがBeforeです

おぉーおぉー 結構履き込んでますねぇ

一度もリペア歴のないセミドレスだそうです
オリジナルの仕様は
ソールはVib#269ソール トップリフトはセミドレスの定番Vib#419QUABAUGヒール

普段お仕事で履かれているそうで リアルワークブーツです
私も普段ブーツで仕事していますが 毎日のように仕事で履くブーツって
週末にオシャレで履く靴とは 全く異なった汚れやダメージを負ってしまいます(当たり前か。。。)

#269ソールは薄く柔らかいラバーソールで 形状からもウエスタンブーツ向けのソールですが
耐久性という点では 他のUS Vibramソールに劣ってしまいます

今回はもう一足WHITE’S(ホワイツ)セミドレスをお預かりさせて頂き
そちらのオリジナル(修理前・元々のソール)に合わせソール交換をご依頼頂きました

WHITE’S(ホワイツ)のブーツはかなり特殊な製法で
よく比較されるWESCO(ウエスコ)やVIBERG(ヴァイバーグ)よりも さらにひと手間かかった構造と
初見ではどう縫っているのか理解すら出来なかった(笑)超高難易度のアウトステッチ が修理屋泣かせです

その為ソール交換と言っても かなりの大手術となり その分修理コストも跳ね上がります。。。

今回もKing of Boots の名に恥じない仕上がりを目指し
丹精を込めてリペアさせて頂きました

こちらがAfterです

完成!

威風堂々なセミドレスで復活です

今回はオーナー様と細かな仕様を打合せさせて頂き
ソールは耐久性重視でVib#700ソール
ヒールも#419QUABAUGはカッコいいけど すぐにすり減ってしまうから。。。
ソールに合わせてVib#700ヒールで ヒールベースを少し減らして バランスはキープ


ヒールカップは傷だらけになっていたので (ホワイツあるあるですね)
ミッドソールを少し大きめにして バンパーの役目を
(履き込むことでエッジが潰れてまた ヒールカップに沿うような形状になります)


Beforeと比べると 土踏まず部分が分厚くなったので ドレッシーさはダウンしましたが
無骨さはグンと出ましたよね
【お仕事のパートナーとして】という目標は達成出来たかと思います


それと今回オーナー様のこだわりが アウトステッチ(アッパー側)をブラックへ変更
元々の白いステッチだと汚れるまで どうしても浮いて見えてしまうので
エッジと合わせて ブラックで統一して より引き締まったセミドレスになりましたね


またたくさん履いてあげて下さい!

もう一足のセミドレスはまた今度紹介させて下さい


この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!
(返却は送料無料で配送させて頂きました)






今回の修理
Vib#700 オールソール   ¥17,600 (税込)
(レザーミッドソール 5ミリ仕様)
ホワイツリウェルト + ミッドソール交換  ¥12,100 (税込)


納期  約3週間~4週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-06-09 | Posted in Blog, Works of Boots, WHITE'S

 

JOHN LOBB(ジョンロブ)× ベイカーレザーオールソール(ヒドゥンチャネル)+ ハイシャイン

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

エガちゃん 復帰しましたね
良かったです!

私自身も少し前に40歳になりました
市からもがん検診・健康診断の案内が届いていました
体が資本ですので 無理はしないようこれからも頑張りたいと思います

夏の間に必ず検診行きます!



本日のご紹介はJOHN LOBB(ジョンロブ)です
今回は尼崎市内にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました
こちらがBeforeです

とても綺麗に そして大切に履かれていたのが良く分かります

今回オーナー様より
「ソールの薄さが気になって。。。 そろそろ交換時期ですか?
それと鏡面磨きが剥がれてきたので やり直しを 」

とご相談頂きました

ソールの薄さですが 確認してみると 中央部分は押すとペコペコ。。。
左右共、まだギリギリ破れてはいませんが もう間もなく穴が開きそう

オーナー様にもお伝えして 少し早いですがソールの全交換でオーダー頂きました

それとご自身で磨かれたつま先のハイシャイン(鏡面磨き)の磨き直しで承りました


こちらがAfterです

完成!

普段のブログだとあまりハイシャイン(鏡面磨き)をプッシュしていませんので
仕上がりよりも上手く写真が撮れるのか。。。が心配でしたが無事に撮れました(笑)

今回はソールは 英国製 J Baker(ベイカー)レザーソール をチョイス
【イギリスのNo.1レザーソール】といえば ベイカーです
(イギリスのビスポークは ソールからヒール・トゥパフ(カウンター)・ヒールカウンター etc
アッパーとライニングのレザー以外はほぼベイカー一択です)


今回は細かな仕様はオリジナルに近いようにと オーダー頂き
ソールもヒドゥンチャネル+ライトブラウンで仕上げています

後、オーナー様が以前より気になっていた【ビンテージトゥスチール】を追加で

硬めのソールは 特に履き始め【返り】(ソールの曲がり)が悪いので
つま先が集中的に削れてしまいます
大切な靴が手遅れにならないよう 事前対策としては万全でしょう

と 今回はオプション盛りだくさんな仕様で修理させて頂きました

さらにカッコよくなった愛靴で また気持ちよく履いて下さい!
この度はありがとうございました!
(返却は送料無料で配送させて頂きました )






今回の修理
Baker(ベイカー)レザーオールソール(ヒドゥンチャネル) ¥23,100 (税込)
ビンテージトゥスチール  ¥3,300 (税込)
ハイシャイン(鏡面磨き トゥ/ヒール) ¥3,300 (税込)


納期  約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-06-07 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, JOHN LOBB

 

REDWING(レッドウィング)875 × Vib#4014 + 丸洗い

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

最近もうすぐ2歳の娘の寝相がひどく(?)
夜中に何度も蹴られ目が覚めます
蹴られる事は別に構わないのですが 何度も目が覚める事で 少しずつ寝不足度が溜まっています

愛娘を縛り付けるわけにはいかないので 自分がなるべく端っこの方で寝てみようと思います
寝顔を見てるだけで癒されますけどね




本日のご紹介はREDWING(レッドウィング)875 です!
今回は大阪市内にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

エライことになっています(汗)

オーナー様にお聞きすると
「以前はバイクに乗る時やアウトドアや作業用に良く履いていたけど
そろそろソールを修理しないとまずいなぁ。。。 と思い始めて
そのまましまい込んでしまい。。。もう数年。。。 直りますか?」

とコロナ以降特に増えたご依頼パターンですね

半円犬タグ 一番売れまくっていた頃のアイリッシュセッター
きっと思い入れもあるでしょう

オーナー様と打合せの結果、現状気になる点
①アッパー全体の型崩れ と 砂っぽい汚れ
②ソールのすり減り

この2点を重点に修理させて頂く事になりました

こちらがAfterです

完成!

劇的な復活ではないでしょうか!?

ソールはオリジナルの雰囲気と履き心地を再現ご希望でしたので
大定番のVib(ビブラム)#4014ソールをミッドソール交換とセットで

ヒール周りのステッチほつれも気になる箇所は一通り縫い直しです

そして一番気になっていたアッパーの型崩れと汚れ
オーナー様との打合せの中で
「ペンキが付着しているところもあるけど まぁこれもワークブーツの味よね 」
と【とにかく綺麗に】ではなく 【履き込んだワークブーツ感】を大切にしたいとの
ご希望をお聞きしていましたので ペンキ跡に関しては強引に除去していません

カサカサで発色も悪くなっていたコンディションでしたが
丸洗い後のオイルアップ(2種類のオイルを分けて仕上げています)で
本来の赤みが戻りました

これでまたこれからも活躍してくれるでしょう!
今後は最低でも着用後のブラッシングはしてあげて下さいね(笑)

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!
(返却は送料無料で配送させて頂きました)





今回の修理
Vib(ビブラム)#4014 オールソール  ¥11,000 (税込)
Vib ラバーミッドソール 交換  ¥2,200 (税込)
丸洗い (ブーツ)   ¥4,400 (税込)
ヒール周り ステッチ 縫い直し   ¥3,300 (税込)
RW純正シューレース   ¥1,100 (税込)



納期  約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-06-05 | Posted in Blog, Works of Boots, RED WING

 

Church’s(チャーチ)コンサル × MARTIN(マルティン)レザーオールソール

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

6月に入りました
今年は昨年とは対照的な梅雨になりそう?な予感
革靴好きな皆様からすると 雨の日が少ない方が靴を楽しめますが
夏場になって深刻な水不足や記録的猛暑。。。 はご勘弁頂きたい。。。



本日のご紹介はChurch’s(チャーチ)コンサルです
今回は大阪 豊中市にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました
遠方よりご来店ありがとうございます!

こちらがBeforeです

連投が続きますChurch’s(チャーチ)
英国靴の代表格Crockett&Jonesと同じくらい最近はお預かりする機会が多い気がします

今回お預かりしたコンサルはとても綺麗に履かれていましたが
ついにオリジナルのソールに穴が開き ソール交換のご相談を頂きました

まずお選び頂くソールの素材は レザーかラバー ですが
今回オーナー様はレザーソール一択で決められていたようで
レザーソール各種を確認して頂き
「またたくさん履きたいので 耐久性のあるレザーソールで交換を」
とオーダー頂きました

お預かりさせて頂く靴は 大半がお仕事用なので
見た目のカッコよさと耐久性は両立したい点。。。 は皆様一緒ですね

耐久性に振り切った修理であれば ラバーソールへ交換する事が確定ですが
やはりレザーソール特有の履き心地・軽さ・足馴染みの良さ
そして高級感 はレザーソールにしかないメリットです

今回はこのようなリペアをさせて頂きました

こちらがAfterです

完成!
よみがえりましたね~

ソールは ドイツオークバーク【MARTIN(マルティン)レザーソール】

イタリアソールやベルギーソールと比べると 履き始めは硬さを感じられるかもしれませんが
ギッチリと繊維が詰まっており 耐久性は抜群です

ソールの染め上がりにムラが出来るのもオークバーク特有の仕上がりです

Beforeで少し見えていたインナーコルクも もちろん全面入れ替えています
またリフレッシュした履き心地で たくさん履いて頂けると嬉しいです


今回は同じくChurch’s(チャーチ)のシャノンと一緒にご依頼頂きました
まとめてのご依頼ありがとうございました!







今回の修理
MARTIN(マルティン)レザーオールソール(オープンチャネル) ¥16,500 (税込)


納期 約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-06-01 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

【 6月の定休日のお知らせ 】

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

明日から6月です
早いですね! もう一年の半分折り返しまで1か月。。。

梅雨で気分も沈みがちですが 上手く気分転換して
乗り切りましょう!


6月の定休日は

6/3 (木)
6/9 (水) ・ 10(木)
6/17 (木)
6/23 (水) ・ 24 (木)

毎週木曜日 と 第2 第4 水曜日 通りです


6月も皆様よりのご相談・ご依頼 心よりお待ちしております

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

2021-05-31 | Posted in Blog, Information

 

Church’s(チャーチ)ディプロマット × J.R.レザーオールソール + ビンテージトゥスチール

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

ここ数日は晴れの日が続いて気持ちよさそうですね
晴れている間にお気に入りの革靴を履いてあげて下さい!



本日のご紹介はChurch’s(チャーチ)ディプロマット
今回は石川県にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

おぉーおぉー なかなかの履き込みっぷりです
リペア歴はなさそうですが オリジナルのソールは大きく穴が開き
インナーコルクは流れ出てしまい 中底の裏まで擦れている状態です

今回はオーナー様より
「まだまだたくさん履きたいので 耐久性のあるJ.R.ソールで交換とつま先のスチールを 」
とオーダー頂きました

幸い最重要パーツ【ウェルト】には問題・損傷がなかったので
追加作業・費用無しでソール交換させて頂きました


こちらがAfterです

完成!
大復活を遂げましたね

ソールは最近はずっと人気No.1の 【 J.レンデンバッハ(J.R.)ソール】
つま先にはビンテージトゥスチール
土踏まずのヘタりが目立っていたサイドショットが一番劇的な変化です

当店ではソール交換の際に木型(ラスト)を入れながら ソールの組み直しをしています
なるべくその靴に合うもの(形状とヒール高さ)をチョイスしていますが 現在で約8割以上の靴は対応出来ています
型崩れを起こしてしまった靴を 靴本来の姿に補正しながら修理出来るので
丸洗い無しでも シルエットが復活する方法です

またリフレッシュした靴で カッコよく履いてあげて下さいね!
リペアのタイミングが分からなければ いつでもご相談下さい

この度は遠方よりご依頼ありがとうございました!





今回の修理
J.R.レザーオールソール(オープンチャネル)  ¥17,600 (税込)
ビンテージトゥスチール   ¥3,300 (税込)


納期  約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-05-29 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)× ダイナイトソール (ブリック)

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

先日閉店後片づけをしに外へ出た時
ふと昨年の春から店前に仲間入りした フェイジョアに目をやると
なんと! 花が咲いていました!
最初ゴミでも飛んできてひっかかったのかな?と思いましたが
鮮やかな赤が綺麗な花でした

フェイジョアの花は初めて見たので 嬉しかったですね
まだ今は数輪ですが これからたくさん咲くのか楽しみです



さて本題。。。

本日のご紹介はCrockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)
今回は尼崎市内にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
こちらがBeforeです

真っ白の靴は上手く写真が撮るのが難しいですね。。。

CHERWELL(チェルウェル)チャッカにブローギングを施したモデル
今回はホワイトバックスです
ホワイトバックスのチャッカは初めて見ましたね

Before写真でお分かりかと思いますが。。。

オーナー様より
「ソールがこんなことになってまして。。。
ソールを交換したら履けるかと思い ユーズドで購入しました 」
とご相談頂きました

なぜこんな状態になったのか。。。
私も未だに分かりません。。。 熱かな?

確かにアッパーはほぼ新品です
ソールさえ交換すればまた気持ちよく履けるはず

オーナー様とソールの種類について打合せさせて頂き

このように復活しました

こちらがAfterです

光が飛びまくって真っ白だったり
逆に暗かったり。。。 と、撮影スキルがなくて申し訳ありません。。。


ですが! 無事!復活です

今回はオーナー様との打合せの結果
ダイナイトソールのブリックカラー(レンガ色)に決まりました

元々は厚みのあるスポンジ系素材のソールでしたので
ダイナイトソールのみのシングルソールだと アッパーのボリュームに負けて
ソールが薄すぎて バランスが悪い仕上がりになる為
今回はレザーミッドソールを追加しています

もちろんレザーミッドソールとヒールベースはニュートラルで仕上げて
重たい感じが出ないようフィニッシュです

ミッドソールとヒールベースをソールに近いラバーorスポンジ系素材で組み直す事も可能です


オーナー様ともお話させて頂きましたが 白い靴(スエードやヌバックに限らず)は
とにかくBeforeケアが一番大切です!
汚れが付着してからのAfterケアでは落とせない・綺麗にならないケースが多いです
お出かけ前には必ず防水スプレー等で出来る限りのプロテクトをしてあげて下さい

入れ替わりでお預かりさせて頂きましたREDWINGも
修理完了までもうしばらくお待ち下さい


この度は修理のご依頼ありがとうございました!






今回の修理
ダイナイトソール(ブリック) オールソール ¥14,300 (税込)
レザーミッドソール(3ミリ)    ¥2,750 (税込)


納期 約3週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-05-26 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Crockett & Jones

 

Church’s(チャーチ)シャノン × ベルギーレザーオールソール + カウンターライニング補修

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

緊急事態宣言再延長になりそうですね
大阪・兵庫は最近は新規感染者数は減少気味ですが
病床使用率や医療現場のキャパオーバーが続いているそうです

医療従事者の皆様へ感謝するとともに
自身が迷惑をかけないよう 病気・けがに気を付けたいと思います

なかなか出口の見えないコロナ禍ですが 頑張りましょう!
ご来店時はマスク着用でお願いします!




本日のご紹介はChurch’s(チャーチ)シャノン
今回は東京都にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

アッパーのポリッシュドバインダーカーフは 目立った大きなキズなどもなく 綺麗なコンディションでしたが
オリジナルのレザーソールは そろそろソール中央に穴が開きそう。。。
そして特につま先ががっつりと削れてしまっています

ソールに厚みがしっかりと残っている状態でしたら つま先のみ補修する事をお勧めしますが
今回はつま先のみ補修しても しばらくするとソール交換が必要になりそうな微妙な状態

今回はオーナー様より
「少し早いけどソールの交換を それと靴の中がボロボロなのでリペアを 」とご依頼頂きました

アウトソールの種類・グレードをお選び頂き 細かな仕様に関してはお任せ頂きました


こちらがAfterです

完成!
どっしりとした雰囲気も戻り シャノンらしい重厚感が復活です

今回ソールは ベルギーレザーソールをチョイスして頂きました
製品で使われているソールは定かではありませんが
加工してて思うのは 大体同じくらいの硬度・密度かなぁ と思います

ソールの飾りは 初使用した 幅広い模様のシャノン風
思ったより薄くなってしまったので 調整して次回以降リベンジです
(こちらはイギリスより取寄せたアタッチメントです 後数個在庫あるので 興味のある業者様はご連絡下さい)

シャノンをダイナイトソールに交換する事はかなり多いですが
シャノンのレザーオールソールは意外と少ない事に気づきました
またカッコよく履いてあげて下さい!


ヒールカウンターまで割れ始めていた靴中は
陥没した部分を厚みのある革で凸凹を均し その上から新しいライニングを貼り付けて補修しています
履き心地も改善されたはずです
次回からはもう少し早めに補修させてくださいね


この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!








今回の修理
ベルギーレザーオールソール(オープンチャネル)  ¥15,400 (税込)
レザーミッドソール   ¥2,750 (税込)
カウンターライニング補修 (左右)   ¥3,300 (税込)


納期 約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-05-25 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s

 

Alden(オールデン)961 × J.R.レザーオールソール + レザーミッドソール(薄)

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

本日のご紹介は連発 Alden(オールデン)です
今回は愛媛県にお住いのオーナー様より配送でご依頼頂きました
(数年前にも修理依頼を頂いており 今回で2回目のご依頼です)
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

結構年季の入ったオールデン
お聞きすると20年くらい前に購入されたオールデンだそうで
(ということは1997年製造かな?)
年間での使用頻度も少ないけど ソールがカチカチになっていて 滑って仕方ない。。。
交換して何とか履けるようにしたい とご相談頂きました

確かに。。。 叩くとコンコンと音がしそうなほど硬化しています

レザーソールもアッパーのレザーと同じく
経年により乾燥すると繊維に柔軟性がなくなり 硬くなってしまいます

ソールは元々硬度がある革なので 余計に硬く感じますね

今回のような場合 私は大概 柔らかいレザーソールかラバーソールへの交換をお勧めしますが
今回オーナー様とお電話で打合せし
「オリジナルの雰囲気が好きなので 素材はレザーソール一択
今回も色々とブログを見たけど しっかりとした履き心地が好きなのと
何度も修理するのももったいないので J.レンデンバッハソールで交換を」

とはっきりとしたご意見・オーダーを頂きました
そこまではっきりと決めて頂けると有難いですね(笑)

そして今回はもう一点
元々ダブルソール仕様なので ミッドソールまで交換したいのですが
サイズも小さい方(6ハーフ)で 元々のミッドソールも薄いので
通常のレザーミッドソール3ミリ+J.レンデンバッハソール で組み直すと
元々の厚みより1.5ミリほど厚くなり
バランスも履き心地も変わってしまいそうです。。。

せっかく思い入れのある靴を修理に出して
見た目も野暮ったく 履き心地もずいぶんと硬い結果になってしまうと
最悪修理後履かなくなってしまう可能性も。。。

という事で
今回はレザーミッドソールを いつもより薄手のもので組み直しする事を提案させて頂きました

グッドイヤーウェルト製法の場合
ミッドソールの役目はあくまでも【見た目のボリュームアップ】です
あまりに硬い素材を使用すると いつまでも馴染まずに硬く痛い履き心地になってしまいます
靴そのものがしっかりとした構造の為 ミッドソールは柔らくていいのです
(マッケイ製法などは 中底の有無により ミッドソールがある程度硬くないと
靴としての形をキープできない場合もあります)


そしてオーナー様のこだわりと わずかな小細工を詰め込んで。。。

こちらがAfterです

完成!

全体的にバランスよくまとまったと思います!

基本はオリジナルの仕様を参考に
アウトソール(接地するソール)は 今までのペースで履くと当分リペアの心配無しの
ドイツオークバーク 【 J.レンデンバッハ レザーソール】 をチョイスです

今回こだわったレザーミッドソールの厚みは 2ミリ
ミッドソールは【挟めばいいというものではなく】
歩きやすさや全体のバランス(ボリューム)それと靴のサイズ
等々 考慮して 素材と厚みを提案させて頂きました

乾燥して少しかさついていたアッパーは
ミンクオイル配合の サフィールノワール【レノベイタークリーム】を下地に使用して
いつもより多めに油分を補給してしっとりと仕上げています


頻繁に履く靴ではなく 時々履きたくなる 大切な一足
これからも長く愛用して頂けると嬉しいですね


今回も遠方より修理のご依頼ありがとうございました!






今回の修理
J.R.レザーオールソール(オープンチャネル)  ¥17,600 (税込)
レザーミッドソール (2ミリ)  ¥2,200 (税込)


納期  約3週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-05-23 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

Alden(オールデン)990 × ダイナイトソール + レザーミッドソール

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

先日一番ショックだったニュース。。。
ガッキーの結婚。。。

ではなく
ベルセルク 作者 三浦建太郎さんの訃報。。。

高校生の頃からずっと読んでる大好きな漫画です

休載が多い為 未完の大作になるんじゃないかと以前から言われていて
私が生きている間に完結してくれればいい といつも新作を楽しみにしていましたが
まさか現実となってしまうとは。。。


54歳。。。 早過ぎますね。。。

心からご冥福をお祈りします




すみません。。。 冒頭からどんよりとした発言で。。。

さて! 気を取り直して!


本日のご紹介はAlden(オールデン)990です
今回は西宮市にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました

こちらがBeforeです

グッドコンディションな990
ですが 所々リペアが必要な箇所が見受けられます

まずはヒール
トップリフトがちょうどすり減り ヒールベース(土台)まで削れ始めています
トップリフトの交換時期(タイミング)としては ギリアウトです(笑)

そしてつま先
レザーのダブルソール の宿命的な部分です
履き始めは特に返り(靴底の曲がりやすさ)が悪く つま先を引きずって歩く事になり
そして靴底の素材としては弱い部類の【レザー】がもろにダメージを受けてしまいます

今回もつま先はアウトソールのい厚みがちょうどなくなり
ミッドソールにかかろうかという状態でした


こういった場合 ソール中央に厚みがまだ残っていれば
【トップリフト+ヒールベース補修 】 + 【トゥレザー(orラバー)+トゥステッチ 】
での補修を提案します

が、今回はソール中央も微妙に薄さを感じる状態でした

オーナー様とどうするか コスト面や今後どのようにこの靴を履きたいか 等
少し打合せをさせて頂き

「前々からレザーソールが扱いにくいなぁ と感じており
これを機会にラバーソールへ全交換して 今まで以上に履きたい 」とご希望をお聞きしました


という事で
今回は少々早いですが ソールをラバーソールへ変更して修理させて頂きました


こちらがAfterです

デデンと完成

似合ってますねぇ 間違いない組み合わせです
バーガンディとダイナイトソールのブラウンが 絶妙なバランスです

ソールはミッドソールから交換させて頂き
インナーコルクも入れ替え済

ラバーソールへ変更したから 雰囲気が野暮ったくなった。。。
という結果は 専門店としては避けたい感想(笑)

ソールのエッジやヒールの飾りも少しこだわり
高級靴感を損なわないように仕上げています

ドシャ降りの日の着用はお勧めしませんが。。。
濡れた路面を歩くくらいなら 全く問題ありません

これで今年の梅雨が少しでも楽しめれれば嬉しいですね


またトップリフトがすり減ってきたら 修理させて下さい


今回は修理のご依頼ありがとうございました!
この度は長らくお待たせしました







今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥14,300(税込)
レザーミッドソール  ¥2,750(税込)



納期 約3週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-05-21 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden

 

REDWING(レッドウィング)3141 × Vib#232(HONEY)

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

最近妻から勧められて見始めた ドラマの【ドラゴン桜】にハマっています
原作のコミックは少しだけ読んだことがあったのですが
コミックよりも全然引き込まれますね

また少し毎週の楽しみが増えました



本日のご紹介はREDWING(レッドウィング)です
今回は東京都にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

3141クラシックチャッカ
アッパーはまだまだ綺麗なコンディションで ソールのすり減りも気になる程度ではありませんでしたが
接地層のラバーが経年劣化して割れてきていました

今回はオーナー様と事前にメールで色々と打合せさせて頂き
「厚くなり過ぎないボリュームで かつ耐久性とグリップがある仕様」とオーダー頂きました

アッパーとソールのボリュームを考えるって
今更ですが結構悩みますよね。。。

今回はこのように修理させて頂きました

こちらがAfterです

グッドバランス!

チャッカのアッパーにちょうど適度な厚みですね

元々ベース部分がスポンジで接地面だけラバーのオリジナルのソールから
今回は薄手ラバーソールのVib#232ソールへ

ミッドソールもVibハニーミッドで交換です

ソールのエッジ(側面/コバ)は オーナー様のこだわりで
【ツヤや透明感が出にくいよう 少し粗めに仕上げを】
とご指定頂き 調整しています
アッパーレザーのシボ感と合っていますね

これで「厚くなり過ぎないボリュームで かつ耐久性とグリップがある仕様」
は達成できたと思います!

またたくさん履いてあげて下さいね

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!






今回の修理
Vib(ビブラム)#232 ソール (HONEY)  ¥12,100(税込)
Vib ラバーミッドソール(HONEY)  ¥2,200(税込)


納期  約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-05-19 | Posted in Blog, Works of Boots, RED WING

 

CARMINA(カルミーナ)× ダイナイトソール

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

先日定休日に少しだけ店に出る用があり
用事を済ませている間に 大慌てで自分の靴の修理をしました

結構前からソールのすり減りが気になっていたのですが
やっと修理出来ました
夏場の間はこの靴をメインで履いて仕事しようと思います
Dr.Soleのワンダラーソール
触って削って履いてみて やっぱり優秀なソールです



本日のご紹介はCARMINA(カルミーナ)です
(今までカルミナと思っていましたが 公式ホームページではカルミーナ表記になっているので
今後は カルミーナ と表記します)

今回は愛媛県にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

デザイン違いでソールは同じ2足をお預かりさせて頂きました
オーナー様は以前は当店の近くにお住いでしたが
愛媛に転勤され 今回は配送で修理のご依頼を頂きました
遠方になってもご依頼を頂けることに感謝です

それほどすり減っていないソールコンディションの2足でしたが
オーナー様より
「ソールが厚く硬い気がするので 薄くて柔らかめのダイナイトソールをシングルソールで交換を」
とオーダー頂きました

元々のこちらのソールは YANKO(ヤンコ)・ MERRMIN(メルミン)・CARMINA(カルミーナ)と
アルバラデホ一族 御用達(?)とも言える 名物ソールです

厚手のハーフラバーが組み込まれたレザーソール。。。ではなく 正しくは
【厚手の樹脂製ソールに土踏まず部分だけ 薄いレザーソールを張り付けた】 樹脂製ソールです


メリットとしては 耐摩耗性抜群で グリップもそこそこ なソールですが
デメリットは 重く 返りが悪い
そして履き込んでいくと 踏まず部分のレザーがめくれてくる or 樹脂ソールとの継ぎ目から開いてくる

デメリットまで知り尽くされた(笑) 名物ソール

オーナー様のおっしゃる通り 返りやクッション性を考えると あまり日本人向けのソールではないかもしれません
(足のサイズが大きい方でしたら 踏み込みの力も強い為 十分にメリットが勝りそうですが)


という事で
今回はこれからの梅雨時期も活躍してくれるよう
履きやすい全天候型カルミーナへ変身して頂きました


こちらがAfterです

完成!

サイドからの厚さが全然違いますね
そしてソールのゴム質も柔らかくなり かなり履きやすくなったと思います

YANKO(ヤンコ)グループの靴の特徴が 【少しヒールが高い】ので
ヒールの高さ・前後バランスは 元々と同じように組み直ししています

少し高めがしんどい。。。 という方はソール交換時に高さを少し低くする事も可能です
ご遠慮なくお申し付け下さい

仕上がりも履き心地もオーナー様に気に入って頂けたようで
今回もホッと一安心です

愛媛県も兵庫県も梅雨入りしましたので
すぐに登板回数も増えそうですね

またヒール(トップリフト)がすり減ったら修理させて下さい

今回も修理のご依頼ありがとうございました!





今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥14,300(税込)/ 足



納期  約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-05-16 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Other Dress Shoes

 

JOHN LOBB(ジョンロブ)× J.R.レザーオールソール(ヒドゥンチャネル)

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

一気に気温が上がってきましたね
昨日はお休みでしたが 日中はまさに夏日でした

寒いよりは暖かいほうが嬉しいですが
暑いのも困ります。。。 結局今くらいが一番いいですね



本日のご紹介は最近ご依頼が多く感じます JOHN LOBB(ジョンロブ)です
今回は大阪市内にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました
遠方よりご来店ありがとうございました

こちらがBeforeです

通称【ミュージアムカーフ】のフィリップⅡ
ジョンロブのロゴもゴシックで トップリフトもラスター の比較的最近のフィリップⅡです

カッコいい というか 品の中に色気を感じる というか。。。
上手く表現できませんが とにかく個人的に大好きです!

今回はオーナー様より
「気に入り過ぎて こればっかり履いていたらソールに穴が開いてしまいました。。。
修理してまた履きたい 」とご相談頂きました

いかに高級靴 と言えども 靴底は履けば消耗します

今回はオーナー様とソールの仕様に関して色々と打合せさせて頂き

このように修理させて頂きました


こちらがAfterです

完成!

「せっかくの良い靴なので カッコよく しかも耐久性のあるレザーソールで交換を」
とオーダー頂いた仕様です

ソールは人気のJ.レンデンバッハ レザーソール
ソール裏は オリジナル通り オーナー様こだわりの「ヒドゥンチャネル」
トップリフトもオリジナル通りのシンプルなラスターリフト
ソールカラーは 最もエレガント、かつ足元が締まって見える「オールブラック」

プレステージラインのエレガントさを台無しにしないよう
ソールのウエスト(土踏まず)部分は いつもより立体的に仕上げています
次回のソール交換まで そのまま残る場所ですからね 

仕上げのサービスケアは ミュージアムカーフの独特な色ムラを最大限に活かせるよう
今回は【サフィールノワール クレム1925】 の ニュートラル(無色)でケアしています

近いブラウン系のクリームでも もちろん間違いではありませんが
着色力の強いクリームの場合 長年使用していると 当然ながら色ムラが弱くなってきます
近い色のクリームは擦れて色が抜けてしまった箇所への使用に限定してあげた方が
オリジナルの雰囲気を長く楽しめると思います

またたくさん履いてあげて下さいね!
次回の色違いのフィリップⅡもお待ちしております


この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!






今回の修理
J.R.レザーオールソール(ヒドゥンチャネル)  ¥20,900 (税込)


納期 約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-05-14 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, JOHN LOBB