J.M.WESTON

J.M.WESTON(ジェイエムウエストン)×ハーフラバーソール+トップリフト交換+カウンターライニング補修

[ GW期間中の定休日は5/6(金)となります! ]

皆様こんにちは!

不摂生のせいでボスと私の体重が増加し、フォルムがどんどん丸くなってしまい、スタイリッシュさにかけてしまうので、

どうにか改善しようということで、LABOマラソン部を立ち上げようとか色々案がでましたが、どうせ三日坊主になるということで、

打開策がないままダイエットは保留中です。(笑)

楽に痩せれる方法があれば、是非お知らせください!!

本日のご紹介はJ.M.WESTON(ジェイエムウエストン)180SIGNATURE LOAFER

こちらがBefore

2016-04-26 15.19.10

2016-04-26 15.19.23

2016-04-26 15.19.35

2016-04-26 15.19.58

2016-04-26 15.20.03

2016-04-26 15.20.36

180SIGNATURE LOAFERはJ.M.WESTONの中でもゴルフと並んで人気があるモデルです。

オーナー様の話によると購入してから、一切手入れをしていないとの事。

かなりくたびれた印象です。

タイトフィットで履かれていたせいか、テンションが一番掛かるカウンターライニング部分の損傷が伺えます。

こちらがBefore

2016-05-01 15.33.06

2016-05-01 15.33.26

2016-05-01 15.33.44

2016-05-01 15.34.20

2016-05-01 15.34.56

2016-05-01 15.35.14

2016-05-01 15.36.35

見事復活しました!

ソールのつま先部分は削れて薄くなっていたので、革をアタッチし、厚さを戻してからハーフラバーを

交換しています。

カウンターライニング補修は、通常履き口のトップラインに沿って縫付けて補修することが多いのですが、今回の靴はトップラインに

ステッチが出ていないデザインだったので、アッパー側の元のステッチを活かして補修しました。

ライニング側には、どうしてもステッチがでてしまうのですが、着用した時には一切違和感がないようになります。

この度は、ありがとうございました!

 

今回の修理

ハーフラバー ¥2500+TAX

ヒールベース補修 ¥1000+TAX

トップリフト交換 ¥4000+TAX

カウンターライニング補修 ¥5000+TAX (今回のケース)

納期 約1週間

池田

 

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理 オールソールはLABO(ラボ)にお任せください!

2016-05-02 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, J.M.WESTON

 

JM WESTON(JMウエストン) × ダイナイトソール+リウェルト

こんにちは!

本日のご紹介はJM WESTON(JM ウエストン) フローララインのモンクシューズです

こちらがBefore

2015-07-15 10.10.18

2015-07-15 10.10.32

2015-07-15 10.10.48

2015-07-15 10.10.55

2015-07-15 10.11.25

2015-07-15 10.11.11

とても綺麗なシルエットのウエストンです

こちらの靴は数々の修理歴があり 大切に履かれていたそうです 

アッパーの補修 オールソール トゥラバーアタッチ と拝見させて頂いただけでも分かるほど

戦歴を感じます

今回はオーナー様より「ついに以前オールソールしたソールも穴が開いてしまったので ソール交換を」と

ご依頼頂きました

しかし、、、 ウェルテッドシューズがソール交換出来るかの重要パーツ「ウェルト」は数々の修理歴により

アウトステッチのかけ直しが難しい状況でした

部分修理・オールソール問わず ウェルテッドシューズのウェルトを遠慮なく削ってしまう修理を重ねると 

この様に肝心な大手術が出来ない! というケースが発生してしまいます

今回はオーナー様に説明させて頂き ウェルトも一新し ラバーソールへのコンバートで打合せさせて頂きました

こちらがAfterです

2015-07-25 10.41.53

2015-07-25 10.42.11

2015-07-25 10.42.32

2015-07-25 10.42.56

2015-07-25 10.43.09

完成です 今回はフランス靴に英国製ソールの組み合わせです

サイドシルエットはなるべくオリジナルを再現し ソールエッジは全てラウンド ヒールは高めのピッチドヒール

ウェルトの削り込みは攻め過ぎずほどほどに

また「とっておきの勝負靴」として活躍してもらえたらと思います!

ありがとうございました!

 

今回の修理

ダイナイトソール オールソール (BRW) ¥12000 +TAX

リウェルト (ウェルテッドシューズのウェルト交換)  ¥10000 +TAX

納期 約2週間

大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理 オールソールはLABO(ラボ)にお任せください!

2015-08-02 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, J.M.WESTON