Blog, Works of Dress Shoes, Tricker's

Tricker’s(トリッカーズ)× ダイナイトソール + リウェルト

【9月の定休日のお知らせ】

こんにちは! 山本です

台風通過後急に涼しくなりましたね
朝晩は肌寒く秋を感じます

ここ2週間くらいでブーツ(ワークブーツではなくドレス系)の
お預かりが一気に増えました

特に新品レザーソールへハーフラバーソール取付けが大人気
そろそろ冬物の準備が本格的になってきましたね!


今週も頑張ります!




本日のご紹介は連投でTricker’s(トリッカーズ)です
今回は大阪府豊中市にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました
遠方よりご来店・ご依頼ありがとうございます!


こちらがBeforeです

ポールスミス別注モデルのカントリーブーツ

オーナー様が学生時代から愛用されている
かけがえない一足だそうです

今回お持ち込み頂き
「今秋の娘の結婚式に履きたいのでソールを全交換してリフレッシュを」
とご依頼を頂きました

いいですよね
大事なシーンは新調したばかりの靴や借り物の靴ではなく
今までも一緒に過ごしてきた履きなれた靴を履きたい

感動。。。


と現物を確認致しましたところ
過去に何度もソール交換含めてリペアを繰り返してるそうで
グッドイヤーウェルト製法の【要】である
【ウェルト】のコンディションが宜しくない。。。


屈曲部分は乾燥でひび割れと一部欠け
ヒール周りはリペアを繰り返した事でかなり小さくなってしまい
リペア歴のないカントリーブーツと比べると
特徴でもあるボリューム(出幅)が無くなっています
(今回のケースは修理方法や技術的な問題でもあると思いますが)


オーナー様にも状況を説明して 未修理のカントリーと見比べて頂き
このままウェルトを強引に再利用する事は何とか可能だが
強度面や見た目は万全な修理にはならない事をお伝えし
万全を期す修理なら【リウェルト(ウェルトの交換)】をお勧めしました

手作業で縫い直す作業になり
時間も手間もかかる為 高額な修理なる事もお伝えしましたが

オーナー様は「全然OK!」
と快諾頂き
今回は今までのリペアで
本来のシルエットを失ったカントリーブーツを救済する事になりました



そしてコツコツと修理作業を進めて。。。

こちらがAfterです

完成!

どっしりとした迫力のあるシルエットが復活です
トリッカーズのカントリーブーツといえば この雰囲気です

ウェルトはトリッカーズ純正のストームウェルトを使用し交換
インナーコルクも全て入替え後
レザーミッドソール、ダイナイトソールと組み直し
ヒールを取付けて完成です

ヒール周りのボリュームはbeforeと見比べて別物です

これでアッパー以外のソールフルリフレッシュ完了です
またこれからもたくさんの時間を一緒に過ごして頂けたら
修理させて頂いた私も嬉しいです



この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!
そして娘様のご結婚おめでとうございます!
末永くお幸せに!


※返却は送料無料で配送させて頂きました

※修理代金税込 ¥16,500 以上で返却送料無料サービス






今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥15,400
レザーミッドソール(3.5ミリ)  ¥2,750
リウェルト(トリッカーズ純正ウェルト)  ¥13,200
シューレース メタルチップ取付(4か所)  ¥550


納期 約5週間前後




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せください

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2022-09-09 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Tricker's