Blog, Works of Dress Shoes, JALAN SRIWIJAYA

JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)× Vib#2055 + 丸洗い

【 3月の定休日のお知らせ 】

こんにちは! 山本です


また寒さが戻ってきましたね
ここ数年は今まで以上に体調管理に気を遣うようになりました
ですが 次に体調を崩した時
激しいリバウンドが来そうで怖いです。。。





本日のご紹介はJALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)です
今回は石川県にお住いのオーナー様より 配送にてご依頼頂きました
遠方よりご依頼ありがとうございます!

こちらがBeforeです

シンプルな3アイレットダービー
もはや修理お預かりの定番メーカーとなったジャランスリワヤ

今回お預かりさせて頂きましたジャランスリワヤのコンディションは

①ソールのすり減り・剥離
ソールの中央部分はまだ多少の厚みがありますが
前方のレザーソールがすり減り アウトステッチも切れてしまい
両足ともパックリとソールが開いた状態
これではちょっと歩けませんね
ウェルトはギリギリ損傷無しなので ナイスリペアタイミング!

②アッパーのレザー銀浮き
ジャランスリワヤに多い症状ですが
雨で濡れた部分の革が 乾燥後 凸凹に。。。

革に元々含まれていた塩分が 銀面(革の表面)で固まってしまった症状です


この2点が今回オーナー様よりリクエスト頂いた内容です

それぞれの症状と修理方法等 打合せして
この様に修理させて頂きました


こちらがAfterです

完成!

文句なしの復活です

ソールはオーナー様より「滑りにくく耐久性のあるラバーソールで交換」と
ご希望をお聞きしましたので
Vibram#2055ソールをお勧めしました

元々ソールの厚みがそこそこある(ウェルトも他のメーカーより厚みがあります)
ので 交換後もあまり違和感が無く仕上がります
逆にもっとスマートな印象に仕上げるなら
もう少し薄い【ダイナイトソールのシングルソール】で組み直すのがお勧めです

この辺りの組み合わせに関しては
オーナー様のご希望や仕上がりイメージ等 お聞きしながら打合せさせて下さい

そしてもう一点 気になっていた銀浮き

こちらは一番確実に解消できる【丸洗い】をお勧めしました
(基本的にソールの交換時のオプションメニューです)
ソール解体後 アッパーのみの状態で
じっくりと時間をかけながら手洗いし
銀面で固まってしまった塩分を溶かしながら 洗い流します

乾燥後 ガッツリと保湿(油分補給)してからソールを組み直し
最終工程で 黒みを戻しながら磨き込んでフィニッシュです

これからの梅雨シーズンも活躍してくれるでしょう

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!






今回の修理
Vib(ビブラム)#2055 オールソール  ¥14,850
丸洗い   ¥4,400


納期 約4週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せください

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2022-03-20 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, JALAN SRIWIJAYA