Blog, Works of Dress Shoes, Crockett & Jones

Crockett & Jones(クロケット&ジョーンズ)× ダイナイトソール

【 10月の定休日のお知らせ

こんにちは! 山本です

めちゃくちゃ寒くなりましたね!
行き帰りの服装が一気に増えました
次は手袋かなぁ。。。



本日のご紹介はCrockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)です
今回は埼玉県にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
リピートでのご依頼ありがとうございます!


こちらがBeforeです

クロケットのロングノーズストレートチップの定番モデル HALLAM(ハラム)
スエードは珍しい?のかな?  スエードハラムは初めて見た気がします

今回はオリジナルのレザーソールが 薄くなり微妙に破れてしまった状態でした
気づかずに大きな穴が開き、コルクが流出して中底にダメージが出てしまうケースを考えると
理想的なタイミングですね

今回はオーナー様より
「今回は歩きやすさや耐久性を考慮して ダイナイトソールで交換を」
とご依頼頂きました

イギリス靴にダイナイトソール
これはもう間違いない組合せです
クロケット&ジョーンズでも ダイナイトソール純正モデル(ダイナイトのロゴがC&Jになっていますが)
が多いですからね

今回のハラムも見た目のイメージを壊さず さらに歩きやすくラバーソールへ交換させて頂きました



こちらがAfterです

完成!

定番の修理内容で安心の仕上がりです
ソールとヒールはアッパーのカラーに合わせてブラウンで
ソールのエッジ(爪)などはオリジナル通りに仕上げています

今回は一緒にJ.M.WESTONのウイングチップも同じくダイナイトソールでご依頼頂きました
(こちらはソールの損傷もありましたが 底鳴きの症状が原因でソールの交換のご依頼でした)

また2足共 今まで以上に活躍してくれると思います

今回も遠方より修理のお問い合わせありがとうございました!







今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥14,300 (税込)



納期 約3~4週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せください

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-10-18 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Crockett & Jones