Blog, Works of Boots, Danner

Danner Light(ダナーライト)× Vib#148

※ 7/25(日) は 臨時休業です

こんにちは! 山本です

やっと梅雨らしい感じになってきましたが
熱海の土石流のニュースはショッキングでしたね
どうか無事でありますように!



本日のご紹介はDanner Light(ダナーライト)です
今回は和歌山県にお住いのオーナー様より配送でご依頼頂きました
遠方よりご依頼ありがとうございます!

こちらがBeforeです

修理歴はない黒タグのダナーライト
アンクルパッドに星条旗のタグがなく
ライニングにプリントされる前の時代なので 90年代中期~後期製造モデルと推測します

現行と一番大きな違いは アッパーのレザーですね
この頃の【フルグレイン防水レザー】は肉厚で顔料の吹き付けも少ない為
【革らしい革】で手入れのし甲斐があるのが特徴です

とは言え20年以上の使用に耐えてきたソールは ヒールのベースまですり減ってしまい
アウトソールのVib#148 通称クレッターリフトソールは 硬化してグリップも落ちたコンディションでした

今回はオーナー様より
「オリジナルになるべく近い仕様でソールの修理を」 とご依頼頂きました

ダナーライトの定番中の定番リペアです
お任せ下さい

ソールの仕様が現行(ライニングプリントタグの黒→白に変わる頃を境に)と違い
上から アッパーレザー
→ EVAスポンジ素材(加水分解起こさない)
→ ラバーミッドソール
→ ヒールのみEVAスポンジ素材 (加水分解起こさない)
→ アウトソール Vib#148

という順番になります

ちなみに現行は
上から アッパーレザー
→ ラバーミッドソール(厚め)
→ ソールベース (全面 / ヒール部分のみ厚みがある一体型 ※加水分解を起こす)
→ アウトソール Vib#148

となります


今回はすり減ってしまったヒールベースとアウトソールのみ交換してあげれば
まだまだ履けるコンディションでしたので
部分的に修理させて頂きました

こちらがAfterです

完成です!

当たり前ですが。。。 全く同じソールと仕様なので違和感なし

ステッチダウン製法の為 出来るだけソールの削り込みを最小限に抑える事が腕の見せ所
ソールのエッジ(コバ)が痩せてくると 修理が出来なくなってしまいます

カサカサに乾燥して、多少のひび割れが出てきていたアッパーのレザーは
しっかりとマスタングペーストを浸透させてフィニッシュです

まだもう少し続く梅雨にも活躍してくれるでしょう!
また今後のメンテナンスも是非お任せ下さい


この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!





今回の修理
Vib(ビブラム)#148 オールソール   ¥9,900 (税込)
ヒールベース交換 (EVAスポンジ素材)  ¥3,300 (税込)
※返送送料  別途 ¥1,100 (税込)
(修理代金¥15,400(税込)以上の場合は返送送料無料)



納期  約3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-07-04 | Posted in Blog, Works of Boots, Danner