Blog, Works of Dress Shoes, J.M.WESTON

J.M.WESTON(J.M.ウエストン)× リッジウェイソール

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

6月も終わり7月です
一年の半分が終わったと考えるとゾッとします
今年やり残した事。。。

めっちゃあるやん。。。

2021年後半戦も頑張ろうっと



本日のご紹介はJ.M.WESTON(J.M.ウエストン)です
今回は芦屋市にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
いつもカッコいい靴をお預かりさせて頂きありがとうございます!

こちらがBeforeです

696 初代ロジェ 昨日に引き続き マニア垂涎の一足です
ウエストンのUチップと言えば ゴルフ が超有名ですが
モカの種類が違い(ロジェは乗せモカ ゴルフは拝み(合わせ)モカ)ので
ゴルフよりずっとスマートな印象です

過去に当店でトップリフトとつま先のラバー補修をさせて頂いた靴ですが
今回オーナー様より
「最近履くとキュッキュッと音がするようになってきて。。。」
とご相談頂きました

【底鳴き】音の正体はソールの接着不良による 乾いた物同士の擦れた音です

原因を説明させて頂き
新しい素材を新しく接着し直す事で修理させて頂く事になりました

余談ですが
ソールがそこまですり減っていないのであれば 一旦ソールを解体して再接着する事で直りそうな気もしますが
実際は上手く剥がせない場合も多々あり 仮に上手く解体出来ても
素材の劣化 それに伴う接着性の低下 が予想されます
それらの理由から 元々のソール(靴底)は基本的には当店では再利用しておりません
(何度もソールの交換作業をする方が 靴にはダメージだと考えます)


という事で このようにソールの交換・組み直しをさせて頂きました

こちらがAfterです

完成!

パターン的にはこちらのリッジウェイソールが鉄板ですね
黒いアッパーなので ソール・ヒールもブラックをチョイスしそうですが

今回はオーナー様と打合せの中で
「元々の雰囲気を考えると ブラウンのソールとヒールで
サイドは黒く仕上げた方が野暮ったくないよね」 とセンスある一言を頂き
ソールとヒールはブラウンカラーで交換です

確かにこっちの方が 【ウエストンぽさ】を多少感じます
ご指定がなければきっとブラックでしょうね
今後オーダー頂くオーナー様はご希望をお聞かせ下さい


これで底鳴きも気にせずまたガンガン履いてあげて下さい!
今回も修理のご依頼ありがとうございました!
(返却は送料無料で配送させて頂きました)





今回の修理
リッジウェイソール オールソール  ¥15,400 (税込)
レザーミッドソール   ¥2,750 (税込)


納期 約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-07-02 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, J.M.WESTON