Blog, Works of Dress Shoes, JOHN LOBB

JOHN LOBB(ジョンロブ)× ベイカーレザーオールソール(ヒドゥンチャネル)+ リウェルト

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

ドラゴン桜も終わってしまい 早くもロス状態です。。。
次は何にハマるでしょうか。。。



本日のご紹介はJOHN LOBB(ジョンロブ)です
今回は尼崎市内にお住いの常連様よりお預かりさせて頂きました
いつもありがとうございます!

こちらがBeforeです

かなり年季の入ったジョンロブ シティ
20年以上履かれているそうです
そうです 20年以上という事は 7000ラストになる前の8695ラストの初代シティ
なかなかお目にかかれませんよ

そんな愛着のつまったシティですが
過去に他店で何度かオールソールした事がある状態でした

今回もソールに穴が開き ソールの交換でご依頼頂きましたが
よくよく見てみると。。。

ウェルトが痩せて 縫いしろがほとんどありません
所々ウェルトと靴本体を縫いつけている【掬い(すくい)縫い】が緩んで
ちらちらと糸目が確認出来る状態でした

オーナー様も靴にお詳しいので 状況を説明し
「また修理してこれからも履けるなら 是非修理を」
と快諾頂き 今回はリウェルトから修理させて頂きました

それと乾燥してアッパーがカチカチになっていたので丸洗いと


こちらがAfterです

完成!

初代シティの新品状態の写真ってほとんど見つかりません
なので限りなく新品に近い状態の初代シティの写真を参考にして
なるべくオリジナルに近い雰囲気を再現してみました

7000ラストはシャープでエレガントなイメージですが
8695ラストは全体的に丸みがあり トラディショナルなThe英国靴! といった印象

ソールの仕様も現行と違い
土踏まずは内側のみラウンドエッジ
ヒールの高さも現行より低くく どっしりとした安定感のあるヒール
トップリフトもJLヒールよりも以前はダヴリフトでした

レザーソールの素材をお聞きすると
オーナー様 即答で「ベイカーで」(笑)
さすが当店きっての英国靴ラヴァーのオーナー様です

オプションでビンテージトゥスチールも取付けさせて頂きました

乾燥して硬く 柔軟性がなくなっていたアッパーも
時間をかけて洗浄して 乾燥後【もっちり感】が出るまで集中保湿ケアをしています
Beforeと黒味が全然違うでしょ?
油分の含有量の差です


これでまた20年はイケるでしょう!?
と、言いつつも またちょくちょくメンテナンスさせて下さいね


今回も大がかりな修理になりましたが 喜んで頂けて嬉しかったです
ありがとうございました!





今回の修理
J&F J Baker(ベイカー)レザーオールソール  ¥23,100 (税込)
(ヒドゥンチャネル)
ビンテージトゥスチール取付   ¥3,300 (税込)
リウェルト   ¥11,000 (税込)
丸洗い  ¥3,300 (税込)


納期 約4週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-06-29 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, JOHN LOBB