Blog, Works of Dress Shoes, JALAN SRIWIJAYA

JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)× Vib#2055 + カウンターライニング補修

※ 9/13(日)は 14時 ~ の営業となります

こんにちは! 山本です

最近少し気温が下がったせいか 新品靴のお預かりが増えたように思います
皆様 そろそろ秋支度ですか?
コロナと悪天候が続いていますが カラッと晴れた日にはお気に入りの靴履きたいですよね
ハーフラバーソールやトゥスチールの取付け プレメンテのご依頼お待ちしております!


本日のご紹介はすっかりお馴染みのブランドになりました JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)です
今回は西宮市にお住いのオーナー様にお持込み頂きました
こちらがBeforeです

普段のお仕事用として履かれていたそうですが
ソールのつま先が剥がれてきている(開いてきている)事に気付かれて
よく見てみるとソール裏にも穴が。。。
慌ててリペアショップをネット検索され 当店を見つけて頂いたそうです

ソールのつま先が開いてきているのは ジャランスリワヤによくある症状で
まずソールとウェルトがしっかりと接着されていない(接着強度が弱い)事と
ウェルトとソールを縫い付けているステッチ(糸)がかなり細い 事が原因かと思います

その為履き始めはもちろん大丈夫(問題なく)ですが
しばらく着用していると ソールがすり減ってきて
その後ソールを縫い付けているステッチまで削れて始めたら すぐにソールが開いてきます
(普通の靴(と言うと語弊があるかもしれませんが)の場合は ソール側のステッチが切れたからといって すぐにソールが開いてくる事はあまりありません)

今回はソールに穴が開いている事もあり 靴底を丸ごと交換させて頂く事になりました

それと もう一か所 オーナー様も気にされていた
「靴中のかかと裏の破れ」 カウンターライニングも一緒に補修させて頂きました

こちらがAfterです

完成!
購入されてから一度も手入れをした事がないと仰っていたアッパーもしっかりとケアして ツヤと本来の発色が戻りました

ソールは耐久性とコスパ重視で Vib(ビブラム)#2055ソール
の ブラウンカラーをチョイス頂きました (深いカーキの様な色味ですが。。。)
ソールのエッジ(側面/コバ)はオリジナル同様
ガッツリと爪を立て ウエスト部分はラウンド仕上げでメリハリを出しています

毎回擦れて破れてしまっていたカウンターライニングも似寄りの革で補修完了で
また気持ちよく履いて頂けますね

お渡し時に簡単なシューケア方法をレクチャーさせて頂きました
ご自宅で少しでもケアしてあげる事で 綺麗なコンディションが少しでもキープ出来ると良いですね
またご不明な点がございましたら ご遠慮なく相談下さい

この度はありがとうございました!




今回の修理
Vib(ビブラム)#2055 オールソール  ¥12,000 +TAX
カウンターライニング補修   ¥3,000 +TAX

納期 約2週間~3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-09-09 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, JALAN SRIWIJAYA