Blog, Works of Dress Shoes, church’s

Church’s(チャーチ)× Vib#2055 + カウンターライニング補修

営業時間 11時 ~ 19時 に変更しました 】

こんにちは! 山本です

最近ふと気づいたんですが
物欲が無くなってきた。。。 かも。。。
今までは常に何か欲しいものがあり
無理をしてでも手に入れようと必死な事も多々ありました

今も欲しいものはあるんですが
我慢できないほど欲しいわけではないんです

年齢のせいかな?と少し焦るのですが
またふとしたタイミングで物欲に火が付いたら 散財するのでしょうね(笑)



本日のご紹介は英国靴の良心 Church’s(チャーチ)CONSUL(コンサル)です
今回は滋賀県にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!
こちらがBeforeです

おぉーおぉー なかなかの損傷ですね
英国靴の良心と言いましたが ここ数年でチャーチ含めた英国靴全般がさらに値上がりして お値段は良心(的)ではなくなりましたね。。。

今回はオーナー様より
「雨の日も気にせずガンガン履いていたら こんなことになってしまいました。。。 まだまだ履きたいので耐久性のいいラバーソールへ修理を」とご依頼頂きました

アッパーはチャーチの専売特許 【ポリッシュドバインダーカーフ】です
ガラスレザーの一種と考えて頂けたら分かりやすいかと
コーティング済みのレザーの為 雨や汚れに強いのが特徴ですが
ソールはなぜかレザーソールなんですね (シャノンも)

今回はアッパーもソールも雨天対応のオールラウンダーコンサルへ修理させて頂く事に決まりました

こちらがAfterです

完成!
シャノンRに対抗して コンサルRカスタム(ダサいか。。。(笑))

ソールは耐久性抜群のVib#2055ソール
元々ぽてっとしたシルエットの為 ソールが気持ち厚みのあるこちらのソールでも全然違和感はないですね
英国靴らしさを残す為エッジも爪を立ててフィニッシュです

抜け落ちてしまったコルクも入れ替えて
修理のタイミングを逃して大きく傾いていたヒールも組み直し 全体的な型崩れも戻りました

酷使したのはソールだけではなく 破れていた靴中かかと裏のライニングも一緒に補修させて頂きました

これで今年の梅雨も万全ですね!
またたくさん履き込んでくださいね

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!




今回の修理

Vib(ビブラム)#2055 オールソール  ¥12,000 +TAX
カウンターライニング補修   ¥3,000 +TAX

納期 約2週間~3週間


大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-07-08 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s