Blog, Works of Boots, RED WING

REDWING(レッドウィング)8165 × Vib#705

こんにちは山本です

怒涛の毎日を過ごしており
疲労感がスゴいです。。。

一晩寝ても回復しきれていないのは
やはり年齢的なものでしょうかね

一足一足しっかりと修理してお返ししておりますので
お待ち頂いているお客様
修理完了までもうしばらくお待ち下さい





本日のご紹介はJohn Lobb(ジョンロブ)です
今回は石川県にお住まいのオーナー様より配送にてご依頼頂きました
遠方より修理のご依頼ありがとうございます!


こちらがBeforeです

こんにちは山本です

連日地震の被災の様子をテレビで観ますが
胸が締め付けられる気分になります

被災された方へお見舞い申し上げると共に
行方不明者の一日でも早い発見を祈っています




気を取り直して。。。

本日のご紹介はREDWING(レッドウィング)です
今回は長野県にお住まいのオーナー様より配送にてご依頼頂きました
遠方より修理のご依頼ありがとうございます!

こちらがBeforeです

超ロングセラーの大定番8165

比較的最近のモデルですが
ソールのすり減りはほとんどない。。。

今回オーナー様より
「白いソールがカジュアル過ぎて履き機会が少ない。。。
イメージチェンジを兼ねてソールカスタムを」
とご依頼を頂きました

ソールの仕様は過去のブログをご覧頂き
イメージに近い仕様をお聞きし詳細を打合せ

それとオーナー様が気にされていたヒールカップの切り傷?
傷と捲れとガサガサな状態でしたが
本来の【キズ補修】となると傷をパテで盛り付けて研磨を繰り返し
凹凸が見なくなるように処置します

ですがパテ盛り+研磨を行う事で革の質感は無くなり
その部分はペタッとした質感になってしまいます

ドレスシューズのつま先などであれば
大きく目立たないのですが
ワークブーツとなるとキープするのも難しいかと思います

オーナー様に事情を説明し
ツルツルピカピカの仕上がりをご希望か確認し
「自然な仕上がりを希望で 今後も手入れしやすいように」
とお聞きしました

という事で今回はキズ補修は行わず
捲れは接着し傷部分は軽く研磨して
なるべく自然な傷になるよう補修させて頂く事に


お時間を頂き
この様に修理させて頂きました

こちらがAfterです

完成!

イメージチェンジは大成功ではないでしょうか!?

ソールは【Vibram#705ハーフソール】
5ミリ厚のレザーソールと組み合わせで
接地面のボリューム感と土踏まず部分の薄さが
メリハリを効かせてくれる独特のシルエットが人気です

今回はヒールベースを3枚で組み直しましたが
バランス良く仕上がったと思います
(ヒールの高い靴は苦手。。。という方は2枚がお勧めです)

エッジカラーもレザーの繊維感が活きるクリアブラウンで仕上げ
木目調に見えると好評のカラーです
逆にもっとダークトーンにするとグッとシックな印象になるでしょうね

そしてオーナー様が気にされていたヒールカップの傷
捲れは接着し 凸凹は研磨にて抑えて
最後に薄く着色して馴染ませています

思った以上に自然に見えますので
いきなり「ガッツリとキズ補修!」は心配という方は
この様な対策もご検討頂いても良いかと思います


これからは出番が増えてくれると嬉しいです!
この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!





今回の修理
Vibram(ビブラム)#705 オールソール ¥20,900
(※レザーミッドソール5ミリ込み)
ヒールカップ傷 研磨着色  ¥2,200


納期 約5~6週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋
メンズ靴修理はLABOにお任せください

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2024-01-08 | Posted in Blog, Works of Boots, RED WING