Blog, Works of Boots, RED WING

REDWING(レッドウィング)3345 × Vib#430 + つま先先芯取外し

【 11月の定休日のお知らせ 】

こんにちは! 山本です

先週末もたくさんのご来店と配送でのご依頼を頂き
ありがとうございました

現在ソールの交換は約5週間お時間を頂いております
という事で そろそろ年内仕上がりの余裕枠が詰まってきています

修理内容によっては年内仕上がりが難しい場合も。。。


ご迷惑をおかけしますが
お急ぎのオーナー様は
なるべく早めにご依頼を頂けますようお願い申し上げます





本日のご紹介はREDWING(レッドウィング)です
今回は鳥取県にお住いのオーナー様より配送にてご依頼頂きました
遠方より修理のご依頼ありがとうございます!


こちらがBeforeです

左右のステッチが。。。 さすがアメリカン。。。 でも右肩上がりだからヨシ!     

3345 ブラックスミス
【ワークブーツ】というより
【クラシックスタイル】なクールな雰囲気がカッコいいですね!

今回はほとんど履いていないコンディションでお預かりさせて頂き
「つま先の芯材を抜いて欲しい」とご依頼を頂きました

今年はホントに多かった【先芯取外し】
くたっとしたつま先にしたくて。。。というイメージをご希望ですが
先芯は簡単に取り外せなく
一旦ソールを解体後
ウェルトと靴本体を縫付けている【掬い(すくい)縫い】を解き
初めてアプローチ出来る場所にあります


ソールがちょうど交換時期であれば
もう少し手間を追加すれば取外し可能ですが

今回のようにソールがまだまだ新しいコンディションだと
少々もったいない。。。
(剥がしたソール・ヒールの再利用は承っておりません)


ですが今回も(大半の方が)オーナー様の意志は固く(笑)
ソール交換と先芯の取外しを承りました


という事でこちらがAfterです

完成!

ソールはオリジナルと同じくVibram#430ソール
(土踏まず部分のイエローマーク無しは手配出来ません。。。)
ヒールも同じく#430ヒールで

今回オーナー様より
「ソール周りはなるべくオリジナルに近く」とご希望をお聞きしましたので
エッジの仕上げも少し工夫してみました

つま先の芯材【先芯】を取外したので
押すと簡単にへこむ ソフトトゥのブラックスミスの完成です
(取り外した先芯は記念品としてブーツと一緒に返却しました)


RWフリークの方は【フラットボックス化】なんて言われていますね
(※RWに元々ソフトトゥのフラットボックスというモデルがあるんです)


これから履き込んで
ペタンとしたつま先になるとよりビンテージ感が出るでしょうね!

またメンテナンスの際にはご相談下さい

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!






今回の修理
Vibram(ビブラム)#430 オールソール ¥15,400
(※レザーミッドソール無し)
先芯取外し・ウェルト一部脱着  ¥6,600



納期 約4~5週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せください

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2022-11-22 | Posted in Blog, Works of Boots, RED WING