Blog, Works of Dress Shoes, JALAN SRIWIJAYA

JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)× Vib#2055

【9月の定休日のお知らせ】

こんにちは! 山本です

台風通過後一気に涼しくなりましたね
昨夜の帰宅時はTシャツでは寒いくらいでした

全国的に気温が下がったようなので
皆様も体調管理にお気をつけ下さい!





本日のご紹介はJALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)です
今回は尼崎市内にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました
修理のご依頼ありがとうございます!


こちらがBeforeです

トップリフトはリペア歴がありましたが
アッパーは目立つ大きなキズもなく
大切に履かれている事が分かります

ですがレザーソールに穴が開いてしまい
今回修理のご相談にお越し頂きました

部分的に補修する(穴を埋めてハーフラバーソール取付け)事も可能ですが
インナーコルクが流出してしまっているので
中底を支えるものが無い状態です

穴は塞いでしまえば見えなくなり
一見修理が完了しているように感じますが
中底の沈み込みが進み いざソール交換をしても
形状記憶してしまった極端な沈み込みが解消出来ない

という結果になります
実際そういう悲しい結末になった靴をたくさん見てきました。。。

リペアはタイミングと方法が大切という事だと思います


今回はオーナー様より
「次はラバーソールにして 今まで以上にガンガン履ける仕様へ」
とご依頼を頂きましたので
ラバーソールの種類を検討して頂き

耐久性重視のソール交換を承りました


こちらがAfterです

完成!

【耐久性とグリップに優れたドレスシューズ用のラバーソール】
大定番のVibram#2055ソールで交換完了です

流出してしまったインナーコルクももちろん全交換済み

高密度で粘りのあるラバー質の為
厚みや重さはレザーソールよりもアップしますが
歩き疲れるほどのストレスにはならないと思います

その分耐久性(削れにくさ)は抜群なので
お仕事用でガンガン履きたい靴 にはお勧めのソールです

ジャランスリワヤらしさをキープする為に
エッジはオリジナル同様 はっきりとした爪コバで仕上げています


またたくさん履いてあげて下さい!
今回は複数足のご依頼ありがとうございました!






今回の修理
Vibram(ビブラム)#2055 オールソール ¥14,850

納期  約4週間






大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せください

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2022-09-21 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, JALAN SRIWIJAYA