Blog, Works of Boots, RED WING

REDWING(レッドウィング)8166 × Vib#1010 + タンステッチ

【 10月の定休日のお知らせ

こんにちは! 山本です

最近は朝、空気が少しひんやりとしていて気持ちよく自転車に乗れます
ただ。。。
納期がギリギリの状況が続いているので
正直気が気ではなく楽しんでいる余裕はありません。。。

毎年の事なんですが 未だに慣れないですね(慣れたらダメなんでしょうけど)

という事で今朝も公開ボタンを押したら レッドブル飲み干して 作業してきます!





本日のご紹介は凄まじい勢いでお預かりの多いREDWING(レッドウィング)
今回は東京都にお住いの女性オーナー様よりご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

US 6 の可愛らしい 8166
コンディションはオリジナルのままでしたが
今回オーナー様より
「ソールがそろそろ硬くなってきたので リフレッシュしたい
でもイメージをあまり変えず もう少し薄いものにしたい
それと 履いていると【タン】が外側にズレて ソックスがすぐ傷んでしまう。。。」

とご相談頂きました

ソールの足長(長さ)は色々と展開があるのですが
厚みは基本的に一緒 がビブラムソールに限らず ソール業界(そんなのあるのか)の【普通】

という事は 同じ靴・ブーツでも
サイズが変われば アッパーとソールのボリュームバランスが変わってきます

レッドウィングで例えると US 7.5 ~ 9 くらいはゴールデンサイズ
一番多く出回っているサイズかと思います

で、同じソールでも サイズがUS 11 以上とかになってくると
ソールが薄く見えるんですね 当たり前ですが。。。

回りくどくなりましたが
今回はその逆のケースです
サイズが小さいので ソールの厚みが気になるとの事(厚過ぎるのが嫌だ)で
今回提案させて頂きましたのが
定番取り扱いソールではないのですが
【 Vib(ビブラム)#1010 ソール 】

色味やクッション性はVib#4014とほぼ同じ
ですがVib#4014には無い
オイルレジスト(耐油性(油で溶けない))性能が追加されています

写真でソールだけ見比べてみると。。。

分かりにくいぃぃぃ (笑)
写真の撮り方が下手くそで申し訳ない。。。

数値としては
ソール前部  Vib#4014 → 11ミリ 
       Vib#1010 → 9ミリ

ソール後部(ヒール) Vib#4014 → (22~)24ミリ
          Vib#1010 → 20ミリ

(※発泡系ソールなので多少誤差あります)


微妙と言えば微妙ですが
この2~4ミリが大きく影響するはず

オーナー様にもソールの写真と厚みをお伝えし
OK頂き このように修理させて頂きました



こちらがAfterです

完成!

どうでしょう?
ソールが少し薄くなり 全体のバランスがスマートに見えるようになりました
ソールのサイドから見える 波模様も可愛いですよね

これでバランス(アッパーとソールの)よく仕上がりました


経年劣化によりカチコチになっていたミッドソールも一緒に交換させて頂きました

後はお悩みでしたタンのズレは
アイレット横の既存ステッチに重ねて部分的に固定しました

内羽のドレスシューズなどではよく見るディティールを
レッドウィングにもしてみました
これで歩行時のタンのズレも解消してくれる。。。はず

またたくさん履いてあげて下さい!
遠方より修理のご依頼ありがとうございました!






今回の修理
Vib(ビブラム)#1010 オールソール  ¥11,000
Vib ラバーミッドソール  ¥2,200
タン ステッチ (左右)  ¥2,200

(※修理代金¥15,400(税込)以上で 返送送料)



納期  約3~4週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せください

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-10-10 | Posted in Blog, Works of Boots, RED WING