Blog, Works of Dress Shoes, Tricker's

Tricker’s(トリッカーズ)× ダイナイトソール + カウンターライニング補修

※ 7/25(日) は 臨時休業です

こんにちは! 山本です

昨日は久々の祝日の定休日でした
日中の外出は控えようと朝から海浜公園に出かけましたが
皆さん同じことを考えていたようで。。。

暑くてヘロヘロになったのは言うまでもありません
もう少し計画的な外出にするべきでしたね。。。反省




本日のご紹介はTricker’s(トリッカーズ)バートンです
今回は神奈川県にお住いのオーナー様より配送にてご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

マロンのバートンですが 全体的にお疲れモードです

まずソールはオリジナルのレザーソールのままですが
まだ穴は開いていない状態でしたが ソールの中央分は押すとペコペコと厚みを感じません

それとアッパー
所々黒ずみ汚れが付着しているのと乾燥で
発色が悪く 元色のマロンより薄く白っぽく見えますね


最後が靴中かかと裏のライニングの破れ
ここは今回のように芯材が見え始めたくらいで補修してあげるのがベターでしょう
これ以上放置すると芯材まで割れてしまい 修理コストが高額に跳ね上がります

今回もオーナー様とメールでご希望の修理内容と仕様を打合せし
このように修理させて頂きました



こちらがAfterです

完成です!

まずアッパーレザー復活感がすごいです
特に変わった方法ではなく クリーナーで汚れを落とし
ブートブラックのシュークリームでケアしただけなんですが
よほど乾燥していたのか マロンアンティーク特有の深いブラウンがよみがえりました

ソールはオーナー様より
「レザーソールから歩きやすいダイナイトソールへ」とオーダー頂き
トリッカーズのオリジナルに近い仕様でコンバージョン

破れていたかかと裏の破れも補修して今回のリペア完了です


またガシガシ履いてあげて下さい!
この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!





今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥14,300 (税込)
レザーミッドソール(3.5ミリ)  ¥2,750 (税込)
カウンターライニング補修(左右)  ¥3,300 (税込)


納期 約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-07-23 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Tricker's