Blog, Works of Dress Shoes, Edward Green

Edward Green(エドワードグリーン)× ベイカーレザーオールソール(ヒドゥンチャネル)

※ 7/25(日) は 臨時休業です

こんにちは! 山本です

梅雨明けが待ち遠しいですね
とは言え猛暑酷暑も辛いですけどね。。。



本日のご紹介は連投でEdward Green(エドワードグリーン) です
今回は尼崎市内にお住いの常連様よりお預かりさせて頂きました
いつもありがとうございます!

こちらがBeforeです

202ラストのチェルシーブログ2連発は初でしょうね
今回は新品時にトゥスチールを取付けさせて頂いた靴ですが
ついにソールに穴が開き ソール交換でご依頼頂きました

過去にもたくさんの靴を修理させて頂き
色々なソールを履き比べた結果 最近のソール交換で
レザーソールはこれ一択になってきましたね

「今回も特にこだわりは無いけど 出来ればオリジナルに近い仕様で」
とオーダー頂きました

【こだわりは無い】と言われると腕を振るいたくなるのは 修理業者の性でしょうかね?(笑)


今回もこのように修理させて頂きました
こちらがAfterです

完成!

ソールは英国製レザーソールの最高級品【J&F J Baker(ベイカー)レザーソール
コテコテの関西風に言うと「これ以上ええもんはおまへん」 というレザーソールです
ベイカーレザーソールのうんちくは 今回は割愛させて頂きます
ご興味があればググってみて下さい


細かな仕様はお任せ頂きましたので
①ソールはオリジナル通りのヒドゥンチャネル(ソール裏のステッチが見えない高級仕上げ)
(※ ソールの盛り上がりもこだわっています ペタンコなお腹だと味気ないので。。。) 
②チェルシーのオリジナルに近いイメージで 2トーンカラー仕上げ(半カラスになるのかな?)
③これも【エドワードグリーンらしさのディティール】 EGラスター + オリジナルパターンでの飾り釘(真鍮)
(※通常のラスターリフトよりもゴムの分量が少なく 全面にラバー層がありません ラバー質も高耐久性)
④エッジの仕上げも ウエストはラウンド 前半分はエッジの効いた爪仕上げ

と まぁこだわるな と言われていたのに かなりこだわってしまいました。。。 反省。。。


実際ソールの装飾性のオプションなどは オーナー様の自己満の世界ですが
履ければいいという修理であればわざわざ当店にお持ち込み頂いていないと思っています
まずは「修理に出して良かったな」「またたくさん履こう」 と思って頂けるよう
これからもアップチャージ(追加料金)がかからないテクニックも磨きたいと思います

もちろん アップチャージのオプションも 大歓迎です(笑)


また愛用して頂けると嬉しい限りです
今回も修理のご依頼ありがとうございました!





今回の修理
J Baker(ベイカー)レザーオールソール (ヒドゥンチャネル) ¥23,100 (税込)
※オプション① EGラスター 入替   +¥2,200 (税込)
※オプション② ソールカラー 2トーン  +¥2,200 (税込)
※その他【こだわり仕様】はアップチャージ無し


納期 約3週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

2021-07-13 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Edward Green