Blog, Works of Boots, RED WING

REDWING(レッドウィング)8875 × Vib#705(アンバー)+ 丸洗い

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

春らしくなってきたかと思えば 関西でも新規感染者数もまた増え始めて
第4波の入り口かと言われています

初回緊急事態宣言の去年4月頃から比べると
コロナ慣れしてきている感は否めません

もう一度気を引き締めて 出来る範囲の対策をしっかりしたいと思います

受付テーブルのビニールカーテンを外せる日が早く来てくれる日を願っています!


本日のご紹介はまたも!REDWING(レッドウィング)8875です
今回は大阪堺市にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました
遠方よりご来店ありがとうございます!

こちらがBeforeです

前回の8179とは真反対の道を歩んできたんでしょうね
履き込んだ感アリアリの8875ですが

アッパーはカサつき クリームでケアをされていたのか シワの部分は白く粉を吹いたような状態
ソールはオリジナルのままでしたが経年劣化により硬化してカチカチに
ミッドソールとアウトソールには隙間もちらほら見える【要リペア】コンディションでした

今回オーナー様より
「ここまでオリジナルのまま履いてきたけどそろそろリフレッシュも兼ねてリペアしようかと…」

色々とソールの種類を検討して頂き このように変身しました!


こちらがAfterです

完成! 良いですね!
オーナー様のセンスが光るカスタムになりましたね

今回はソールをVib#705(ヒールは#700) 【アンバー】カラーでまとめてみました
#705はブラックとブラウン が有名ですが このように明るいカラーもあります

イメージとしてはラバーなのに【レザー感】が出せる点ですね

今回はレザーパーツ・エッジ 全てニュートラル(無色)で仕上げています
これが一番薄い(白い)フィニッシュです
履き込むことでエイジングが進み レザーが色濃くなっていくのも楽しみのひとつです

粉を吹いたように白っぽくなっていたアッパーも
ソールをバラした状態で 時間をかけて丸洗いして その後のオイルアップで本来のしっとり感を取り戻しました
油分が足りていない状態は発色も悪くなりますからね

これから育てることが楽しみな1足になりました
またガシガシ履いてあげて下さい!

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!
(修理完了品は送料無料で返送させて頂きました)




今回の修理
Vib(ビブラム)#705 オールソール  ¥16,500(税込)
(※レザーミッドソール5ミリ込み)
丸洗い(ブーツ)    ¥4,400(税込)
RW純正シューレース   ¥1,100(税込)


納期 約3週間


大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-03-26 | Posted in Blog, Works of Boots, RED WING