Blog, Works of Boots, WESCO

WESCO(ウエスコ)× Vib#4014

【 12/30(水) ~ 2021年 1/5(火) 年末年始休業です 】
※年内最終営業日は 12/29(火) 
 年始営業再開日は 1/6(水)です ( 1/7(木)は営業します )

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

今年もあと2週間と少し!
色々と焦ることばかりですが 仕事はミスのないよう努めてまいります


前回のエドワードグリーンの続きを一回飛ばして。。。

本日のご紹介はWESCO(ウエスコ)ジョブマスターの6インチハイト
今回は福島県のオーナー様より配送でご依頼頂きました
遠方よりご依頼ありがとうございます!
こちらがBeforeです

今回は事前の打ち合わせ無しで配送頂き
メモにVib(ビブラム)#4014白にて交換 とオーダー頂きました

元々はVib(ビブラム)#1010 (通称テンテンソール)でしたが
削れもミッドソールまで達していないのでアウトソールの交換だけで提案しようと思いました
が、よく見ると ソールの削り込み角度がスッゴイ逆ハの字!
シングルステッチだからでしょうか? ヒール周りのミッドソールも気持ち小さいように思われます。。。
レッドウィングでもよくあるケースなんですが
ハの字の場合は削り角度を地面に対して垂直に修正する事が出来ますが
逆の場合は上(この場合はレザーミッドソールとラバーミッドソール)を削り込まないと垂直になりません
削り面を面一(つらいち)にするのはリペアする側としては譲れませんので
レザーミッドソールから交換しない場合は 最低でも同じ角度(逆ハの字)で仕上げるしかありません

今回はオーナー様と電話で打ち合わせさせて頂き
「ミッドソールまで残してアウトソールのみ交換することも可能ですが
仕上がりのソールの角度がかなりの逆ハの字で仕上がります」とお伝えしたところ
「これ以上ヒール周りが小さくなるとカッコ悪い気がするので ミッドソールから交換して下さい」と 即答頂きました! ありがとうございます!

で今回はアッパー以外すべて交換させて頂きました
もちろん元々の気になる点は修正して。。。
こちらがAfterです

完成です
ちょっと真面目過ぎたかな?(笑)
ラフな感じは出ないよう ソールの削り目の粗さや削り込みの角度を調整してみました

レザーミッドソールは元通り上面をダークブラウンで
ソールの側面(エッジ)はニュートラル
今後のエイジングで焼けて飴色に変わっていきます
(レザーミッドソールの側面だけ着色することも可能です)

またガンガン履いて頂けると嬉しいですね
次回はアウトソールだけ交換させて下さい
この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!



今回の修理
Vib(ビブラム)#4014 オールソール   ¥10,000 +TAX
Vib(ビブラム)ラバーミッドソール   ¥2,000 +TAX
レザーミッドソール(5ミリ)   ¥3,000 +TAX
ミッドソール加工・交換    ¥3,000 +TAX


納期 約3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-12-13 | Posted in Blog, Works of Boots, WESCO