Blog, Works of Boots, WESCO

WESCO(ウエスコ)× Vib#100

営業時間 11時 ~ 19時 に変更しました 】

こんにちは! 山本です

今年の夏こそあれもこれもしたい(お店の事で)と思っています
が、 有難いことになかなか手が空きません。。。
このまままたズルズルといかないよう ひとつひとつに目標を立てて有意義な夏にしたいと思っています
決意表明みたいになってしまいました。。。


本日のご紹介は 久々かな WESCO(ウエスコ) ジョブマスターです
今回は奈良県よりオーナー様にお持込み頂きました
遠方よりありがとうございます!
こちらがBeforeです

11インチハイトの旧ロゴ ジョブマスター
貫禄アリアリです
THE 漢のブーツ です
見るからに重そうな(笑)こちらのブーツ
今回オーナー様より
「ずいぶん昔に購入して なかなか履く機会がなくずっと保管していたけど
最近履く気になって引っ張り出して来たら 色々と気になるところがあって。。。」 とご依頼頂きました

大切にされていたのですが もったいないですね。。。
まさに宝の持ち腐れです

今回オーナー様が気になる点が
①ソールがひび割れてきている
②アウトステッチが重なって 毛羽立っている

まぁ気になると言えば気になるかな? くらいですが
①のひび割れは ラバー(ゴム)の経年劣化です
油分が抜けてきて弾性が無くなり ひび割れを起こします
ここまで来ると交換するしかない為 擦り減ってはいませんが新しいソールへ交換するしかありません

②のアウトステッチの重なりは
最近のウエスコは比較的ソールの出幅を大きく取って
ダブルステッチがハッキリと2本見えるようになっている物がほとんどですが
旧ロゴ時代の一部は 出幅が無いのに強引に2本縫っている物が多い気がします
これは一回目に縫った糸を2回目のステッチングで切ってしまっているのが原因です
これはテクニックでカバー出来るケースではないので
出幅も少ないので 重なり(毛羽立ち)を気にされるならシングルステッチへ変更する事を提案させて頂きました

色々と検討して頂き
コストがかかっても良いのでリフレッシュを とオーナー様より修理のご依頼を頂きました

細かなソールの仕様に関して打合せさせて頂き この様に復活しました
こちらがAfterです

え?別のブーツ?と思われたでしょう(笑)
赤いフォルスタンはオーナー様よりお預かりしたものを装着しました
ソールの基本構成はそのままで エッジカラーのみ明るめで
レザーの素材感を活かしたカラーリングで 印象もガラリと変わりました
ダブルステッチからシングルステッチにしましたが
強度も普段履きであれば全く問題ないので 今回のようにダブルステッチにするには出幅(張り出し)が少ない場合はシングルステッチの方がスマートに見えますね

所々色が抜けているアッパーが何とも言えない味を出していますね
これからは時々でも履てあげて下さいね
次回はトップリフトの交換で再会 楽しみにしています

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!
(返却は配送させて頂きました)



今回の修理
Vib(ビブラム)#100 オールソール  ¥16,000 +TAX
(※ レザーミッドソール5ミリ)
ラバーミッドソール   ¥2,000 +TAX
ミッドソール作製・交換  ¥3,000 +TAX

納期 約2週間~3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-07-12 | Posted in Blog, Works of Boots, WESCO