Blog, Works of Boots, Timberland

Timberland(ティンバーランド)× Vib#2070 + 中底・カウンターライニング補修

営業時間 11時 ~ 19時 に変更しました 】

こんにちは! 山本です

今日から7月
2020年のちょうど折り返しです
春先からのコロナ禍により例年よりもドッと疲れましたが
今日からは後半戦
気を引き締めて挑みたいと思います(何に?(笑))



本日のご紹介はTimberland(ティンバーランド)です
今回は石川県にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

セメント製法のティンバーランドブーツ
ソールはすり減り ヒールは無くなり 剥がれてきています
中底もフェルト?不織布?素材で 割れてバラバラになっています
元々修理しながら長く履ける製法と作りではないブーツですが
今回オーナー様より
「長年履いていて愛着が湧いて捨てるに捨てれない。。。
費用がかかってもいいので 出来る限り丈夫に修理をしたい」 とご依頼頂きました

今回はまずすり減ったソールを修理する事と
バラバラの中底を補強する(交換も出来ますが 厚さが出てサイズ感も変わってしまうので今回は補強します)
後 オーナー様が気にされていた靴中の破れとかかとの変形

ここまで一気に修理すると 大がかりな修理になりますが
ご期待に応えるべく コツコツと修理させて頂きました
こちらがAfterです

ハイ完成!
ソール周りがひと回り大きくなったこともあり どっしりとした雰囲気に生まれ変わりましたね

ソールはいつもの【ティンバーランドカスタム】でアウトソールは元に近い雰囲気のVib(ビブラム)#2070ソールをチョイス
ウェルトも含めてオールブラック仕様
アッパーにビタッとストームウェルトを沿わしているので 一見してもグッドイヤーウェルト製法にしか見えません

後問題だった中底はこんな感じで補強してます
(この後マッケイステッチがかかります)

靴の心臓部分なので これで当分はしっかりと形をキープしてくれると思います

ヒールカウンターは革で新しく作り直し ライニングもレザーで補修完了です

正直 リペア代で同じブーツが買えそうなケースでしたが
新品で買い替えた場合より長く愛用して頂けるカスタムになったと自負しております
遠く石川県の地でまた活躍してくれる事願っています!

この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!



今回の修理
Vib#2070 オールソール  ¥11,000 +TAX
ラバーミッドソール  ¥2,000 +TAX
イミテーションウェルト(レザーストーム)  ¥3,000 +TAX
中底補強  ¥3,000 +TAX
カウンターライニング補修(ブーツ縫い割り無し) ¥4,000 +TAX
ヒールカウンター交換(左右)   ¥5,000 +TAX (※要見積り)


納期 約3週間


大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・伊丹・芦屋 メンズ靴修理・オールソールはLABO(ラボ)にお任せ下さい

2020-07-01 | Posted in Blog, Works of Boots, Timberland