Blog, Works of Dress Shoes, J.M.WESTON

J.M.WESTON(J.M.ウエストン)× リッジウェイソール

【 11月の定休日のお知らせ 】

こんにちは! 山本です

朝晩は特に冷え込むようになりましたね
帰宅時作業場から外に出ると気温差にビックリします
(作業場はマンションの一階で 何もしなくても冬は暖かい )

風邪をひかないよう気を付けたいと思います!




本日のご紹介はJ.M.WESTON(J.M.ウエストン)です
今回は芦屋市にお住いのオーナー様より配送にてご依頼頂きました
初のご依頼ありがとうございます!

こちらがBeforeです

ブラックの 180 シグニチャーローファー
ゴルフとこちらのローファーは
J.M.WESTONのフラッグシップモデルとも言える人気の1足

今回はそろそろヒールはリペアが必要な状況でしたが
オーナー様より
「レザーソールが履きにくいので ラバーソールにして履きやすい仕様に」
とご依頼を頂きました


ラバーソールの種類は過去のブログから選んで頂き
少しカスタム要素を含めてソール交換させて頂きました


こちらがAfterです

完成!


最近何故か人気急上昇中のリッジウェイソール
ソールのサイドシルエットはスマートですが
中央部の厚みはしっかりとあり 耐久性はもちろんクッション性も〇

ヒールもドレスシューズの中ではボリュームがあり
独特な履き心地はクセになる方も多し(笑)

そしてポイントが一点
180ローファーのレザーソールはヒールシートが無く
レザーソールがそのままアッパーの真下に伸びています
(普通はウェルトと同じ厚みのヒールシートの下にソールが来ます)

レザーソールからラバーソールへ交換する場合
元々と同じくヒールシート無しで組み直すと
ラバーソールの柔らかさが原因でヒールベースから剥離しやすく
後ろから見たヒール上部も波打ってしまいます

少し追加費用がかかりますが
柔らかいラバーソールを抑え込むため
ヒールシートを追加させて頂きました

これで剥離の心配もなく 見た目のスッキリして
凛としたウエストンのローファーのイメージを崩さずに修理完了



また今まで以上にガンガン履いて頂けると嬉しいです
この度は配送修理のご依頼ありがとうございました!





今回の修理
リッジウェイソール オールソール ¥17,050
ヒールシート作製・追加  ¥3,300



納期 約4週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せください

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2022-11-06 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, J.M.WESTON