Blog, Works of Dress Shoes, Edward Green

Edward Green(エドワードグリーン)× ダイナイトソール

【 7月の定休日のお知らせ 】

こんにちは! 山本です

今週末くらいからしばらく晴れが続き夏本番です

コロナも熱中症にも気を付けながら 楽しみたいですね!





本日のご紹介はEdward Green(エドワードグリーン)です
前回ご紹介したオールデンと同じオーナー様よりご依頼頂きました
まとめてのご依頼ありがとうございます!

こちらがBeforeです

#202ラストのドーバーです
#32ラストに比べて丸みが強く トラディショナルな英国靴感が溢れています

レザーのダブルソール仕様のドーバーでしたが
そろそろソールの薄さが気になるそうで
少し早いタイミングですが ラバーソールで全交換を承りました

高級英国靴代表につけるラバーソールと言えば
そうです 一択です
オーナー様にもご納得頂き


この様に修理させて頂きました

こちらがAfterです

完成!


同じく英国製ラバーソール代表【ダイナイトソール】を
レザーミッドソールと合わせて ダブルソール仕様で修理完了です


ドレスシューズのダブルソールって結構バランスが難しく
レザーミッドソールが厚くてもカッコ悪いし。。。
アウトソールがVib#2055ソールはレザーミッドソールと合わせると
ゴツくなり過ぎて野暮ったいし。。。

私はこの組み合わせ(ダイナイトソール+レザーミッドソール3.0ミリ)が
今のところベストバランスだと思っています

エッジ(ソール側面/コバ)も爪を立てて仕上げる事で
立体感が出て 高級感を損ないません

アッパーのコンディションもとても良いので
またこれからも 今まで以上に活躍してくれるでしょう!

次回はトップリフト交換でお待ちしております


今回は複数足同時にご依頼頂きありがとうございました!
(※返却は送料無料で配送にて返却させて頂きました)

修理代金 ¥16,500(税込)以上で 返送送料 無料サービス








今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥15,400
レザーミッドソール   ¥2,750



納期 約4週間




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せください

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2022-07-20 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Edward Green