Blog, Works of Dress Shoes, Tricker's

Tricker’s(トリッカーズ)× リッジウェイソール

12月の定休日と年末年始休業のお知らせ

【 12月は毎週 水曜日・木曜日 が定休日となります 】

こんにちは! 山本です

今朝は一段と寒かったですね!

段々とブログの更新ペースが落ちてきました。。。
必死に修理作業してますのでご安心下さい(?)






本日のご紹介はTricker’s(トリッカーズ)です
今回は大阪豊中市にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
遠方よりありがとうございます!


こちらがBeforeです

カッコいいですね! 個人的にツボな靴です
丸っこいフォルムと重厚感がタマりません
ウイングチップのバートンはよく見かけますが
パンチドキャップも新鮮ですね


さてコンディションは。。。

ヒールは交換のリミットギリギリ
オリジナルのグッドイヤーソールは
ちょうどうまい具合に中央部分がすり減り切ったタイミング


今回はオーナー様よりお預かりさせて頂き
「そろそろ滑りやすくなってきたし 何よりも硬い!
この機会にソールをもう少し柔らかいものに交換して 履き心地も改善を」
とご依頼頂きました

私も過去に 同じソール仕様のモンキーブーツを履いていましたが
確かにクッション性が乏しく 硬い履き心地でしたね
結局友人に譲ってしまいました。。。


今回はオーナー様と各種ソールを検討して
この様に修理させて頂きました


こちらがAfterです

完成です!

グッドバランス! これはイイ!
全体的なバランスが上手くまとまったと思います

今回チョイスして頂いたのは
ダイナイトソールに次ぐ 英国製ラバーソールの代表格【リッジウェイソール】
ダイナイトソールと同じ製造元のHARBORO(ハルボロ)社のソールです

元々はゴルフ用のラバーソールらしいですが(でしょうね。。。)
適度な凹凸と柔らかめのラバー質で
ダイナイトソールのグリップ性を高めた感じの履き心地です
見た目もスマートになり過ぎない感じが人気ですね

元々のグッドイヤーソールの方が硬質で削れにくいですが
今回オーナー様が気にされていた
【硬くて歩きにくい】は解消されたと思います


靴中(かかと裏)のカウンターライニングも一緒に補修させて頂きました

またこれまで以上に活躍してくれると嬉しいです!

今回は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!
(修理完了品は返送送料無料で配送させて頂きました)







今回の修理
リッジウェイソール オールソール  ¥15,400
レザーミッドソール(3.5ミリ)  ¥2,750
カウンターライニング補修(左右)  ¥3,300
カントリーシューレース  ¥990


納期 約4週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せください

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-12-18 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Tricker's