Blog, Works of Dress Shoes, Alden

Alden(オールデン)× ダイナイトソール + 丸洗い

【 8月の定休日のお知らせ 】

こんにちは! 山本です


この数日怒涛の忙しさで。。。(ありがとうございます)
やってしまいました!
8月1日で7周年でした!

早いもので8年目に突入です

8年前は 8年後こんなにたくさんの修理依頼を頂けるようになるとは想像も出来ませんでした

正直。。。現在パンク状態です

一時的にですが、オールソールに関しては現在4週間ほどお時間頂いております

全力で取り組んでいますので お待ちのお客様 もうしばらくお待ち下さい



という事で ドタバタの7周年ですが(汗)
8年目も宜しくお願い致します!





本日のご紹介はAlden(オールデン)です
今回は西宮市にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました
暑い中ご来店とお引き取りありがとうございました!

こちらがBeforeです

Alden(オールデン)の定番 990 バーガンディコードバン
部分的な修理歴はありましたが オリジナルのレザーソールに穴が開き
今回初めて当店にお持ち込み頂きました

「今度はラバーソールで履きやすい仕様で」とのご依頼


オーナー様と色々打合せをしながら 靴を確認してみると。。。

ソールを縫い留めてあるアウトステッチが切れてしまい
ミッドソールとアウトソールがぱっくりと開いています
これじゃあ履けませんね

後は最後の写真で確認できますが
ウェルト周りにカビが。。。
梅雨時期に発生したのでしょうね 
ほこりが溜まりやすいこの場所は カビ発生率が高いです

そして一番気になったのが
左足ヒール周りのウェルト
過去にトップリフトの交換をされたそうですが
どうやらその際にウェルト・ヒールベースごとがっつり削り込んだようで
アウトステッチギリギリまで削り込まれていました

これは私の推測ですが
交換用のトップリフトがヒールよりも小さく
本体側を削り込んで面一(つらいち)に整えた結果ではないかと思います

これは重罪ですね
ありえません
靴を長く履くためにトップリフトを交換しているのに
靴の寿命に直結するウェルトの出幅を削り込んで寿命を短めるなんて
本末転倒で言語道断な鬼畜リペアです


一応オーナー様には状況を説明させて頂き
今後ウェルトの交換が必要になるであろう事をお伝えしました


とりあえず今回はこのウェルトのまま修理する事になり。。。


こちらがAfterです

完成!

今回はラバーソールの大定番ダイナイトソールで交換完了です
3ミリ厚のレザーミッドソールも交換です

気になっていた左ヒール周りのアウトステッチもギリギリウェルトにかかり
とりあえず一安心です

ウェルト周りに発生していたカビは ソールを取り外した状態で洗浄・除菌
靴中・中底裏もきれいさっぱりです


これで当分靴底は気にせず履いて頂けますね
また次回のメンテナンスもお任せ下さい

この度は修理のご依頼ありがとうございました!







今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥14,300 (税込)
レザーミッドソール(3ミリ)  ¥2,750 (税込)
丸洗い(洗浄・カビ除菌)  ¥3,300 (税込)


納期 約3週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-08-02 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden