Blog, Works of Dress Shoes, Alden

Alden(オールデン)990 × ダイナイトソール + レザーミッドソール

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

先日一番ショックだったニュース。。。
ガッキーの結婚。。。

ではなく
ベルセルク 作者 三浦建太郎さんの訃報。。。

高校生の頃からずっと読んでる大好きな漫画です

休載が多い為 未完の大作になるんじゃないかと以前から言われていて
私が生きている間に完結してくれればいい といつも新作を楽しみにしていましたが
まさか現実となってしまうとは。。。


54歳。。。 早過ぎますね。。。

心からご冥福をお祈りします




すみません。。。 冒頭からどんよりとした発言で。。。

さて! 気を取り直して!


本日のご紹介はAlden(オールデン)990です
今回は西宮市にお住いのオーナー様よりご依頼頂きました

こちらがBeforeです

グッドコンディションな990
ですが 所々リペアが必要な箇所が見受けられます

まずはヒール
トップリフトがちょうどすり減り ヒールベース(土台)まで削れ始めています
トップリフトの交換時期(タイミング)としては ギリアウトです(笑)

そしてつま先
レザーのダブルソール の宿命的な部分です
履き始めは特に返り(靴底の曲がりやすさ)が悪く つま先を引きずって歩く事になり
そして靴底の素材としては弱い部類の【レザー】がもろにダメージを受けてしまいます

今回もつま先はアウトソールのい厚みがちょうどなくなり
ミッドソールにかかろうかという状態でした


こういった場合 ソール中央に厚みがまだ残っていれば
【トップリフト+ヒールベース補修 】 + 【トゥレザー(orラバー)+トゥステッチ 】
での補修を提案します

が、今回はソール中央も微妙に薄さを感じる状態でした

オーナー様とどうするか コスト面や今後どのようにこの靴を履きたいか 等
少し打合せをさせて頂き

「前々からレザーソールが扱いにくいなぁ と感じており
これを機会にラバーソールへ全交換して 今まで以上に履きたい 」とご希望をお聞きしました


という事で
今回は少々早いですが ソールをラバーソールへ変更して修理させて頂きました


こちらがAfterです

デデンと完成

似合ってますねぇ 間違いない組み合わせです
バーガンディとダイナイトソールのブラウンが 絶妙なバランスです

ソールはミッドソールから交換させて頂き
インナーコルクも入れ替え済

ラバーソールへ変更したから 雰囲気が野暮ったくなった。。。
という結果は 専門店としては避けたい感想(笑)

ソールのエッジやヒールの飾りも少しこだわり
高級靴感を損なわないように仕上げています

ドシャ降りの日の着用はお勧めしませんが。。。
濡れた路面を歩くくらいなら 全く問題ありません

これで今年の梅雨が少しでも楽しめれれば嬉しいですね


またトップリフトがすり減ってきたら 修理させて下さい


今回は修理のご依頼ありがとうございました!
この度は長らくお待たせしました







今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥14,300(税込)
レザーミッドソール  ¥2,750(税込)



納期 約3週間





大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-05-21 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, Alden