Blog, Works of Dress Shoes, church’s

Church’s(チャーチ)シャノン × ダイナイトソール + カウンターライニング補修

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です

昨日朝イチブログを更新したのですが
どうやらタイトルとサムネイルのみ残って 中身がすっかり消えてしまったまま公開されていたようです
知り合いの方から連絡を頂き判明しました(笑)
ありがとうございました

という事で私的には2回目の入力ですが。。。



本日のご紹介はChurch’s(チャーチ)シャノンです
今回は大阪市内にお住いのオーナー様にお持ち込み頂きました
遠方よりありがとうございます!

こちらがBeforeです

なかなかの履き込みっぷりですね。。。

オリジナルのレザーソールは右足が特にダメージがあり
アウトソールが破れ ミッドソールまで貫通しています

ここまでくるとソール交換(オールソール)一択ですね

靴中のライニングもベロベロでした

今回オーナー様より
「履き込み過ぎてしまいこんな状態になってしまいました。。。
ブログで見たラバーソールの仕様へ変更して修理を 」とご依頼頂きました

そうです シャノンのラバーソールカスタムと言えば。。。


こちらがAfterです

完成です!
復活しましたねぇ

通称【シャノンR カスタム】
ポリッシュドバインダーカーフにはラバーソールの方が実用性はグンとアップ
という事で
レザーソールから こちらも同じく英国製ラバーソールの代表【ダイナイトソール】へ
コンバージョンです

右足は穴が開いてしまっていたミッドソールも左右交換し
どっしりとした雰囲気としっかりとした履き心地を再現です
インナーコルクもちろん交換して リペアラスト(木型)で中底の沈み込み・変形も補正しているので
足を入れた瞬間分かるはずです

「 おぉぉ 新品の時のよう。。。」 と (笑)


ベロベロでしたカウンターライニングも一緒に補修して
少し短くてストレスだったとお聞きしたシューレースは
紗乃織靴紐(さのはたくつひも)の黒 / 80cm に交換して解決です
しっかりとロウ引きされた高級靴ひもです
耐久性も高級感もあり 靴フリークの皆様にはかなりの人気です


気になるところは一通り修理させて頂きました
これでまた気持ちよく ガンガン履いてあげて下さい
これからの梅雨時期も活躍してくれるでしょう!
この度は遠方より修理のご依頼ありがとうございました!
(返却は返送送料無料で配送させて頂きました)





今回の修理
ダイナイトソール オールソール  ¥14,300(税込)
レザーミッドソール  ¥2,750(税込)
カウンターライニング補修  ¥3,300(税込)
紗乃織靴紐(さのはたくつひも) ¥1,320(税込)



納期  約3週間



大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せ下さい

【 修理のご依頼方法はこちら 】

2021-04-29 | Posted in Blog, Works of Dress Shoes, church’s