Blog, Information, Works of Boots

【 Dr.Sole はじめました 】

【 LABO ONLINE STORE 】はこちら

こんにちは! 山本です
タイトル通りですが この度【Dr.Sole】の取扱いを初めました!

はぁ?何それ? と思われた方に。。。
業界で40年以上続くラバーソール工場で世界中のフットウェアブランドのソールを作り続けてきた台湾のブランドです
( ↓ カッコいい動画です)


私が初めて知ったのはInstagramで見たDr.Soleのオフィシャルページでした

修理業界に入った時から『ラバーソールといえばVibram』と
当然のように教えられ、感じて、修理で使い続けてきました
特にワークブーツには欠かせない存在です

ですが心のどこかで感じていた
『Vibramじゃないソールで、カッコよくてハイスペックなソールがあったら もっとソールカスタムは楽しめるのになぁ。。。』 という気持ちにスッと入り込んだDr.Sole

最近では取扱いリペアショップも増えてきましたが
まだまだ認知度は低いです
そこで!兵庫県内では一番乗りか!?
縁あって当店でも取り扱えるようになりました!

百聞は一見にしかず
ざっとラインナップの紹介です

まずは#1081 コルクソール&#1101コルクヒール
カラーは ブラック/ブラウン/オフホワイト/アーミーグリーン の4色

ずっしりとした重量感とシンプルなデザイン
ソールの厚みは10ミリ
練り込まれたコルクがクラシックな雰囲気をプラスしてくれます
レッドウィングの純正ニトリルコルクソールに質感が一番近いです
ヒールのデザインもクラシカルな印象です

#1081コルクソール オールソール  ¥15,000 +TAX

#1101コルクヒール 交換   ¥5000 +TAX

続いて#1220 スーパーグリップソール
カラーは ブラック/アーミーグリーン の2色
厚み5ミリと薄手のソールですが グリップは抜群
薄手のレザーミッドと組み合わせてスタイリッシュなシルエットが可能です

#1220 スーパーグリップソール オールソール  ¥14,000 +TAX

続いて#1090 スーパーグリップハーフソール
これもクラシカルな印象のハーフソール
厚みは6.5ミリとVib#705よりも少し薄手
ビンテージブーツやビンテージ感を出したいカスタムにはお勧め

#1090 オールソール  ¥16,000 +TAX
(レザーミッドソール 5ミリ込み)

#1090 ハーフソール 交換  ¥4,500 +TAX

続いて#1093バーラップハーフソール
厚みは#1090と同じく6.5ミリ
このハーフソールとヒールの特徴は 古いコーヒー豆の袋を練り込んでいる模様です
#1103ヒールと合わせて 独特な雰囲気がカッコいい!


#1093 オールソール  ¥16,000 +TAX
(レザーミッドソール 5ミリ込み)

#1093 ハーフソール 交換  ¥4,500 +TAX

続いて#3070クッションワンダラーソール
出ました これはかなりお勧めのソール
ワンダラーは放浪者・歩き回る人 という意味だそうです
その名の通りかなり歩けます すごいクッションです
カラーは ブラック/オフホワイト の2色

Vib#2021と並べて写真を撮りましたが
#2021よりは少しスマートですね
ただ素材が全然違います  #2021は完全なスポンジ素材ですが
#3070ワンダラーソールはブヨっとした粘りのある質感です
クッション性とグリップの両立がついに達成です
近いうちに自分のラッセルにつけてみます!


#3070クッションワンダラーソール オールソール  ¥11,000 +TAX

ひとまずラスト!
#3060 クッションスポーツマンソール 
カラーは#3070と同じく ブラック/オフホワイト の2色
これはVib#2060と近いシルエットですが こちらも素材が特徴的
#2021や#2060をチョイスして頂く際には耐久性とグリップは期待出来ませんよと 毎回お伝えしていましたが#3070と#3060はその必要は無さそうです
チペワのブーツでよく似たソールがあったような気がします。。。


#3060クッションスポーツマンソール オールソール  ¥11,000 +TAX


とりあえず第一便で入荷した分をご紹介させて頂きました
早めにサンプルブーツも作りたいと思います
その他気になる点はお気軽にお問い合わせ下さい!




大阪・神戸・尼崎・西宮・宝塚・芦屋 メンズ靴修理はLABOにお任せください

2021-02-19 | Posted in Blog, Information, Works of Boots